『奥様は取扱注意』綾瀬はるかのアクションがすごい理由って?

この記事は4分で読めます

PAK86_jyoseibunnaguru20140321_TP_V

こんにちはうさぎ♪です。

10月から日本テレビにて放送のドラマ『奥様は取扱注意』

主演に綾瀬はるかさん、その夫役に西島秀俊さん、そして広末涼子さんと本田翼さんと豪華なキャスト勢揃いの注目のドラマですが、注目なのはキャストだけではなく「アクション」にあるみたいです。

というわけで今回はドラマ『奥様が取扱注意』での綾瀬はるかさんのアクションのすごさについてまとめてみようと思います。

『奥様は取扱注意』綾瀬はるかの演技力高評価の理由は「ギャップ」?

 

スポンサードリンク

 

ドラマ『奥様は取扱注意』どんなドラマ?

okusama

ドラマ『奥様は取扱注意』

2017年10月 毎週水曜よる10時放送。日本テレビ。

キャスト:綾瀬はるか、西島秀俊、広末涼子、本田翼・・・。

 

あらすじ

伊佐山菜美(綾瀬はるか)は、ひともうらやむちょっとセレブな専業主婦。
ワケありの人生をやり直して穏やかな幸せを手に入れるため、合コンでゲットした旦那と結婚し、閑静な高級住宅街に引っ越してきた。

しかし暮らし始めて一年とたたないうちに、彼女は気づいてしまう。幸せに見える主婦たちが抱える様々なトラブルに・・・。

実は菜美、料理も掃除も超苦手だけど、正義感が強く、怒らせたら超狂暴!世の中のルールなんてお構いなしに危ない場所に突入していく!

そのわけは夫にも内緒の過去にある。天涯孤独に生まれ育った菜見は、スリルあふれる生活にヤミツキで、愛情も知らずにタフに生きてきたのだった。

そんな菜美が、主婦たちとの友情や、そばに寄り添う旦那の存在によって本当のやさしさと温かさを知っていく、守るものができたとき、女は誰より強くなる?

こんなあらすじですが、映画『96時間』『アジョシ』など、「ナメてたら、実は最強の人間だったシリーズ」が連続ドラマになるということですね。

 

キャストもかなり豪華ですし、どの局も秋のドラマは結構力を入れている雰囲気が伝わってきますね。

 

『奥様は取扱注意』綾瀬はるかのアクションがすごい?

kawamura20160818235914_TP_V

このドラマ、スゴイのはキャストだけではなくて、注目なのが「アクション」

 

実はこのドラマの脚本家が2017年春ドラマの『CRISIS』そして『SP』『BPRDER』など、本格的なアクションドラマに定評のある「金城一紀」さんが担当しています。
金城一紀(かねしろかずき)

face
1968年10月29日生まれ、日本の小説家、脚本家。主な作品に小説『GO』『レヴォリューションNo,3』脚本作品に『SP』シリーズ『BORDER』シリーズ、『CRISIS』などがある。
実は金城さん、自身がかつてボクサーになろうと考えたことがあるほど格闘技に造詣が深く、特に詳しいのが東南アジアやフィリピンなどで広く普及している『カリ・シラット』という武術。

 

武器を持った相手に対しても素手で対抗でき、素手だけでなく武器での格闘も念頭に入れた武術で、アメリカ軍やFBIでも、部分的に取り入れられている武術なのですが、金城さん、この『カリ・シラット』にかなり精通していて、ドラマの演出の際に、金城さん自ら武術やアクションの慣習をつとめるそうです。

 

実際、2017年春に放送されたドラマ『CRISIS』でのアクションも本格的な素晴らしいものでしたが、現在の日本の連続ドラマではありえないくらいのかっこいいアクションで、視聴者の度肝を抜いていました。

 

ドラマ『クライシス』格闘技シーンの武術カリ・シラットがスゴい!
そんな金城さんが脚本を務めるドラマということで、今回のドラマも、かなり「アクション」が期待できそうですね。
スポンサードリンク

 

綾瀬はるかがアクション?そもそも動けるの?

PAK86_jyoseibunnaguru20140321_TP_V

 

ただ、主演がぱっと見おっとりとして見える天然女優「綾瀬はるか」さんというところにピンとこない方もいるかも知れませんね。

インタビューなどの受け答えを見てみても、とてもじゃないけど激しいアクションがこなせるように見えないですよね。

 

しかし、実は綾瀬はるかさん、ドラマ内でアクションを披露することが結構多く、かなりの訓練を積んでいるのです。

 

 

 

 

NHK大河ファンタジードラマ『精霊の守り人』でのアクショントレーニングがストイック!

2017-09-07_230810

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、2016年3月から3シーズンにわたって『精霊の守り人』というファンタジードラマにて、結構ハードなアクションを披露しています。

 

この『精霊の守り人』は、もともと根強いファンの多いファンタジー小説が原作なのですが、当初綾瀬さんがキャスティングされた際、ファンから批判が出ていました。しかし、実際に放送が始まってみるとそのアクションぶりに評価は一転、いい評価を得ていました。

 

「『精霊の守り人』では撮影の3カ月前から毎日200回の腕立て伏せと、30回5セットの腹筋で肉体改造に励んでいたとか。しかも、ボクシング的な動きや回し蹴りまでトレーニングに取り入れ、食事では野菜やタンパク質を意識して摂取していたと話していました。結果、肩幅もがっちりした逞しい身体に変貌していましたよね。それでも現場はハードで、筋トレを重ねているにもかかわらず撮影が終わった後、筋肉痛に襲われたこともあったそうです」
出典:https://dot.asahi.com/dot/2017081800044.html?page=2

このドラマ『奥様は取扱注意』でも、3か月前からトレーニングを積んでいるらしいです。3か月前って、かなり気合が入ってますね。

 

もともと綾瀬はるかさん、中学時代はバスケ部、足も抜群に早かったといわれていますし、ふんわりした雰囲気のわりに運動神経はかなり高いようで、今回のアクションもかなり期待ができますね。
というか、美しくて、天然ぽいかわいさもあって、しかもアクションもできて強いとなったら、ますます人の打ちどころのない女優さんですね。
2008年に公開された映画『僕の彼女はサイボーグ』でも激しいアクションを披露していましたし、女版座頭市の『ICHI』でも激しい殺陣を披露したりしていましたから、今度のドラマも、かなり見ごたえのあるアクションが見られそうですね。

 

 

 

ドラマ『奥様は取扱注意』綾瀬はるかさんのアクションに対するみんなの反応は?

rp_iPhone7katate_TP_V-300x158-300x1581-300x158-300x1581-300x158.jpg

 

まだドラマは放送されていませんが、綾瀬はるかさんがアクションをするということで、みなさんどんな反応をしているのか、見てみましょう。

 

「金城さんのドラマなら、綾瀬はるかのアクション見れるよね。楽しみー。」

「綾瀬はるかのアクション物なら、どシリアスなのを観たいんだけどな。一切表情を変えないクールなヒットマンとかな」

「精霊の守り人の綾瀬はるか。CRISISの西島秀俊。私は忘れないぞ。大河ドラマの八重の桜では兄妹役で鉄砲持ち、上半身ムキムキな2人を。そんな2人が共演して、脚本が金城さんなんて、アクションも内容も期待しかないじゃないか。」

 

綾瀬はるかさんのアクションのすごさを知っている人は知っているみたいで、大いに期待している人が結構いますね。旦那さんが西島秀俊さんということで、最終的に夫婦でバトル?という展開になっていく可能性も否定できませんね。

 

ちなみに、脚本家の金城さんがツイッターにて、綾瀬はるかさんのあざのできた足をアップしていましたが、写真を見るに、かなり激しいアクションをしていることがうかがえます。これは本当に今から楽しみですね。

 

まとめ

rp_GORIPAKU2069_TP_V-300x244.jpg 今回はドラマ『奥様は取扱注意』での綾瀬はるかさんのアクションのすごさについてまとめてみました。 今回のドラマは、コメディとアクションが混ざったドラマになりそうです。まだまだ知られていない綾瀬はるかさんのアクションが注目されるということで、今期大注目のドラマになりそうです。 あ~早く見たいです。楽しみ楽しみ! スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 00_PP38_PP_TP_V
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。