ドラマ「遺産相続」の第一話のあらすじと感想。ネタバレありです。

この記事は2分で読めます



テレビ朝日で10月22日にスタートしたドラマ「遺産争族」初回の視聴率も14,2パーセントと好調な出だしの今作、さあいったいこれからどうなっていくのでしょうか・・・。一見「いい人」に見える育生(向井理」ですが、ストーリーが進んでいく中で、どういった行動を取っていくのか。第一話のラストで育生が母親に向かって言った「考えがある」という台詞には一体どんな意味があるのでしょうか?たのしみですね。

ドラマ「遺産相続」の初回(第一回)視聴率は14,2%の好発進!

 

遺産

・第一話のあらすじ

雨の中、病院に呼び出される研修医、佐藤育生(向井理)。急に容態が悪化した葬儀会社カワムラメモリアルの会長、川村龍太郎(伊藤四郎)の診察に駆けつけた。急な容態の悪化は、糖尿病である龍太郎が食べた大福によるショックだったことがわかり、一命を取り留めたが、この件をきっかけに龍太郎の家族は、彼の「遺産」の行方について、改めて思いをめぐらすことになる。

研修医である育生と龍太郎の溺愛する孫娘、川村楓(榮倉奈々)は、龍太郎が入院し始めたときに知り合い付き合いはじめたが、龍太郎の退院をきっかけに結婚を決意する。しかし、楓の父で現在カワムラメモリアルの代表取締役社長、川村恒三(岸部一徳)は育生へ「婿入り」を条件に結婚を許すと話す。恒三は「婿入り」を条件とすることで育生と楓の結婚を阻止したかったのだが、育生は医者を続けたままで「婿入り」を決め、晴れて結婚することになる。

龍太郎の娘たちは彼の「遺産は話しあって平等に分けてくれれば良い」という言葉に浮かれていたが、龍太郎はしっかりと遺言書を作成していた。しかも遺産相続についての遺言書に「あたらしく遺産を分配したい人が現れた」と弁護士を雇い、新しい遺言書の作成を始めた。

龍太郎の遺産をめぐっていろんな思惑が渦巻く中、結婚式当日、育生は母である佐藤華子(岸本加世子)に「考えがある」と言い残し、何かを決意した表情で式場へと歩いていった。

・第一話の感想!

遺産の分配をめぐって争う家族のどたばたを描く今作『遺産争族』第一話を見終わりましたが、いやいや、この先どうなるのかがとっても気になります。このタイトルだからどんなに重い雰囲気のドラマなんだろうと思っていたら、コミカルな場面も多くあるし、クスッとしてしまうようなやり取りもあり、何より演技派ぞろいの役者さんたちがすばらしいと思いました。

遺産の行方は、これから龍太郎が作る遺言状にすべてゆだねられているので、すべての決定権は龍太郎にあるはず。新しい弁護士を雇って作成している遺言状はどんな風に書き換えられていくのかがこれからのお話のキモになっていくと思われますが、登場人物のすべてが曲者、どんな風に龍太郎を引き込んでいくのだろうか、そこがとても楽しみです。第一話の最後、結婚式に、別れたはずの育生の父が祝儀を持って現れたし、怖い怖い展開にひやひやしています

印象深かったのが、冒頭の葬儀のシーンでのビンタ!あれはインパクトありましたね(笑)これからの泥沼の惨劇を予感させるような、イヤーなシーンでした。あと、ナレーション。笑っちゃうくらい雰囲気たっぷりで、こわーいこわーい物語の幕開けを飾っていました。キメ台詞の「まことにご愁傷様」は、きっと毎回言うんだろうなあ。

育生と楓の結婚を決めるときのシーンもよかった。管理人は男ですが、なんかきゅんきゅんしちゃいました。気持ち悪いですね。

岸本加世子さんが演じる母の華子のシングルマザーっぷりが非常にリアルかつ楽しかった(笑)芯はつよいけど可愛い感じ、息子にたいして甘えてる感じ、いいなあと思ってみてました。

婿入りを決意し、結婚式の当日、育生が母に向かって「考えがある」といった台詞が印象的でした。育生はどんな「考え」があって川村家に婿入りするのか。まだ全然わかりませんね。

普段あまりドラマを見ない管理人ですが、安心してみていられるドラマなのでこれからも継続してみていきます。感想も随時アップしていく予定です。

皆さんもドラマの感想などありましたら、コメント欄に気軽に書き込んでくださいね。

・次回の予告

次回の放送は10月29日(木)

なんと龍太郎が「自分が倒れたらすべてを育生に託したい」と宣言するらしいです。動揺する親族。育生の引越し。いろいろあるみたいですね。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. rentaru
  2. a0002_011864
  3. a0003_001848
  4. a0001_009757
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。