山里の演技は下手?映画に出演!監督はほめてくれたとポッドキャストで・・・。

この記事は3分で読めます

a1640_000380

南海キャンディーズ山里亮太、映画に出演だって?

毎年、キッズのハートを熱くしてやまない戦隊ヒーロームービーシリーズ。来年に1月23日に公開される『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド』に、南海キャンディーズ・山里亮太がゲスト出演することが決定しました!!

個人的にラジオなどでひそかに応援(?)している山里さん、映画に出るなんてうれしい!!と思う反面、山里さんの”演技”がちょっと気になってしまいます。シリアスな映画ではないし、それほど高度な演技を求められないだろうとは思うのですが、やっぱりちょっと心配です。

今回は、山里亮太さんの”演技”についていろいろ掘り下げていこうと思います。山里さんの演技は上手いのか?下手なのか?心のどこかで「めちゃくちゃ下手だったらたのしいなあ・・」とは思っているのですが、実際はどうでしょうか?

 

ポッドキャストでコメント「監督にはほめられた」

山里さん自身のラジオ「山里亮太の不毛な議論」のポッドキャストにて、この映画について触れていました。

いや~がんばったよ。自分の中の演技力、大根ですけども、最大限を出してですね・・。あの、嫌なマッドサイエンティストっていう役だったんで、結構その、僕のまんまでできたから、いい感じになってると思うよ、監督さんもほめてくれたし。

その後、アクションシーンの「てい!」とか「うりゃ!!」といったアフレコの声に挑戦した際の難しさについて話していました。しゃべる演技ももちろん大注目ではありますが、アクションシーンの山里さんの声も注意して聞いてみると面白いかも知れませんね。

 

普通にセリフを読んだらそれだけで監督に『それです!』

yamasato

出典:東映・http://www.toei.co.jp/release/movie/1206532_979.html

今回の映画にキャスティングされるにあたって、監督、プロデューサーともに”満場一致”で山里さんに決まったらしいです頭脳明晰だが、忍者のこと以外に興味がない子どもっぽい性格の持ち主という設定の今回の役にぴったりだった(笑)という理由だそうです。

いざ撮影を行うと、スタッフが期待した通りにハマり役で、撮影はスムーズに進み、2日間でと考えられていた分量がなんと1日で終わってしまうほどであったそう。山里は「役作りも何もなく、普通に確認でセリフを読んだらそれだけで監督に『それです!』って言われて(笑)」と拍子抜けしてしまったようで、「僕が38年間歩んだ人生を表現してみたら、それがマッドサイエンティストだったということですね。初めて嫌われていることが報われました」と自虐コメント。山里亮太、“狂気の博士” を怪演!映画『ニンニンジャーVSトッキュウジャー』出演

たしかに、子供向けのマッドサイエンティストという役をやらせたら、山里さん意外になかなか思い浮かばないかも知れないですね。ポッドキャストで語っていた「監督にほめられた」というのは、こういうことだったんですね。

 

 

映画『モテキ』『バクマン』の大根監督に「全く才能ない」

山里さん、以前TBSラジオ「たまむすび」内で映画『モテキ』『バクマン』の大根監督に「全く才能ない」といわれたことを明かしていました。

山里:大根さんの作品にちょいと出させてもらって。そこらへんも踏まえて、大根さんに言われたの。「芸人って、めちゃくちゃ芝居上手い人と、『もうコイツは一生演技するな』って思うくらいの人の、2タイプに分かれる」って言われて。もう0か100くらいなんだって。役者に向いてる、向いてないって。
赤江:そうなんだ。
山里:その点で言うと、「お前は、全く才能ない」って言われたの。役者としては、全く才能がないんだって。
赤江:これから慣れるかどうかってことじゃなくて、素養があるかないかなんだ?
山里:全く同じこと訊いた。「大根さん、これから俺も出ていったら、技とかも覚えていくんじゃない?」って。「いや、無理。山里はこのままだわ。芝居できないわ」って言われて。

南キャン山里、『モテキ』大根仁監督に「演技の才能は全くない」と断言される

山里さんのツイッターや発言をみていると、やはり「自分は演技力ないから」といった後ろ向きの発言が目立ちますが、監督にはっきり言われたら、そりゃ自信もなくなるわな・・・。ということは、やはりマッドサイエンティスト以外の役はダメだということになるのかな・・・。

 

「トミカヒーロー レスキューフォース 爆裂MOVIE」に出演した山里さんについて、映画を見た人が感想を書いていました。

ドクトルマドゥの山里亮太は演技ではなくいつものコントレベルなんだけど、配役としてはうまく行っている。「トミカヒーロー レスキューフォース 爆裂MOVIE」インプレッション

どうやら、配役がよければ役として成立するみたいですね、山里さん。それだけ、アクが強いということか・・・。

 

まとめ~配役さえ良ければ輝ける!?~

どうやら、演技はあまりお得意ではない様子。演技をしていても全然自信がもてないようで、現場ではどんどん萎縮していってしまうんだそう。山里さんみたいなタイプの人だと、いくらほめられても卑屈さが抜けずに、いつまで経っても自信持てないんだろうな・・・。

ただ、子供向けの悪役や、マッドサイエンティストならできるということが今回わかりました。それだけ個性が強いということですね。確かに、山里さん、ドラマや映画に出ても、どこかで「浮いてしまう」雰囲気がありますからね。

バラエティー番組などのっキャラクターが強すぎるから、どうしてもそっちに引っ張られてしまうというのはありますね。

まあ、無理してドラマに出なくても、バラエティーで十分面白いんだから、それでいいでしょう。ただ、見てみたいけどね、シリアスな演技・・。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. a1820_000004
  2. kansou
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ドラマ『FF14光のお父さん』まとめページ!!

20160331171820b74