走れサユリちゃんの馬役(声の出演)は声優の竹達彩奈さんでした!

この記事は3分で読めます

a1180_014465

「走れサユリちゃん!」の馬役は声優の竹達彩奈さん。

「インターネット配信限定」オリジナルドラマの「走れ!サユリちゃん」が11月27日より、日本テレビ動画サイト「日テレ無料!(TADA)」と
JRA新エンターテインメントサイト「Umabi」にて配信開始しました!!現在第2話まで放送されています。

最初にこのドラマを知ったのは民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」でドラマを見ていたときのこと、馬の顔をした女子大生が主人公のドラマというものすごいインパクトのCMが流れてきたことで知りました。

さて、顔は馬ですが中身は女子大生ということで、しゃべります。しゃべるということは「声」を担当する方がいらっしゃるということで調べました。

今回は、『走れサユリちゃん』の馬、サユリちゃんの声を担当する竹達彩奈(たけたつあやな)さんにスポットを当ててみました!!

 

竹達彩奈さんプロフィール

taketatu

出典:竹達彩奈スペシャルサイト。11月4日に発売の7thシングル「Little Lion Heart」より。

竹達 彩奈(たけたつ あやな

出生地:埼玉県

生年月日:1989年6月23日(26歳)

血液型:O型

身長:151 cm

事務所:アセンブルハート

竹達彩奈さんは声優で歌手。幼いころは、自分の「アニメっぽい声」にコンプレックスを持っていたらしい。しかし、当時好きだったテレビアニメ『カードキャプターさくら』や『美少女戦士セーラームーン』 を通して、自分の声を生かすことで作品に貢献しようと思い声優を目指すことにしたそうです。

中学2年生の頃、日本ナレーション演技研究所の特待生オーディションを受けて入所。声優の道を本格的に歩み始めます。『けいおん!』の中野梓役で知名度が上昇、それ以降、アニメだけでなくラジオや音楽などいろんな分野で活躍しています。

コンプレックスを乗り越えて、声優になったんですね。コンプレックスを自分の武器に出来る人って言うのは、すごいですね。

 

竹達彩奈さんの代表作!!

アニメなど詳しい方に言わせると「違うだろ!!」といわれてしまうかも知れませんが、一応竹達彩奈さんの代表作です。

けいおん! 中野梓役

ソードアート・オンライン リーファ役

「たまゆら」沢渡楓役 主演

DOG DAYS エクレール役

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」ヒロイン・高坂桐乃

 

最終学歴は”中卒?”

中学校のときには仕事をしている竹達彩奈さんですが、高校の情報が全然ないんだそうです。もしかして、中学校の時点で仕事が忙しくなり、結局高校には行っていないのかも知れません。まあ、高校出ていなくても、仕事ができているんならそっちのほうがいい!

 

ドラマの「声」の役、フタを開けたら馬でした。

ドラマ「走れ!サユリちゃん」のインタビューで竹達彩奈さんが「頭が馬の役」の話が来たときの驚きを語っていました。

最初は「ドラマの声をやるかも知れない」って聞いていて、「ドラマの声・・・ん?」っていう感じだったんですけど・・。
で、実際お話を聞いてみたときに「顔が馬なんだよね」って聞いて、「ん?」って(笑)
話を聞けば聞くほど「ん?」っていう気持ちになって、ああ、すごいなあっていうそういうドラマがあるんだなあって・・・。

「走れ!サユリちゃん」インタビュー/竹達彩奈

そりゃそうだw 誰だっていきなり「顔が馬なんだよね」と言われて「ああそうですか」と理解できる人はほとんどいないですよね。アニメならわかるけど、ドラマですからね。台本を読んでみた感想は・・・。

馬と人間のハーフってなんだよ? っていう(笑)。それをみんな不思議に思わないで過ごしている世界っていうのが不思議だなって。でも、みんなが全力で恋愛してたり友情をはぐくんだり、普通の世界と変わらないのがすごくいいです。こんな人間ドラマを馬の顔で描くなんて! 考えた人すごいな~って思いました。オリコンスタイル竹達彩奈インタビュー

 

サユリちゃんを演じるにあたって気をつけたこと。

とにかくアニメとは全然違う現場なので、アニメっぽくならないようにというのを意識しました。普段から私、しゃべっている声がアニメっぽいと言われがちなので、そこは研究しなきゃなって思いますオリコンスタイル竹達彩奈インタビュー

 

まとめ

主人公が馬と人間のハーフという荒唐無稽な設定の「走れ!サユリちゃん」ですが、まだまだ続きます。サユリちゃんの恋の行方は一体どうなることやら。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ZOM93_zombileniwakarebanashiwo20140503_TP_V
  2. 00_PP38_PP_TP_V
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。