ドラマ『MARS』キラ役、飯豊まりえの演技は上手い?下手?評判は?

この記事は3分で読めます


2016年1月24日から日本テレビでスタートする新ドラマ『MARS』

mars

出典:日テレ公式HPより

累計部数500万部を超える、90年代に大ヒットした超人気少女マンガ『MARS』が、日本テレビによって連続ドラマ化されますね。最近、漫画原作、アニメ原作がかなり多いですが、受けてもこけても話題にはなる!ということで、原作ファンの気持ちはどこへやら、次々と実写化がされて、今まで自分が抱いていたイメージが遠くに行ってしまう切なさを感じながら、それでも見てしまうファンの悲しいことよ・・。

最近驚いたのものではこんなものも・・・。

映画『珍遊記』出演者・キャストは?松山ケンイチ主演でまさかの実写化!

でも、やっぱり実写化されるなら、いいドラマにして欲しいですよね。

さて、今回スポットを当てるのは、最近注目のモデル・女優さんの飯豊まりえさん。実写版『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』や連続テレビ小説『まれ』、『無痛~診える眼~』にもちょこっと出ている今後出番が増えてきそうですが、彼女の”演技”は上手いのでしょうか?それとも下手だったりして?そのあたりの評判や口コミなどを調べてみたいと思います。

 

 

飯豊まりえさんプロフィール

004l

出典:マイナビニュース

飯豊 まりえ(いいとよ まりえ)

本名:飯豊 万理江(旧芸名)

生年月日:1998年1月5日(17)

出身地:千葉県

血液型:B型

10歳のときに、alanの「懐かしい未来〜longing future〜」のバック・コーラス、及びPV出演し、デビュー!、同年10月「avex kids×ニコ☆プチ公開モデルオーディション」で応募約800人の中から見事グランプリを受賞。翌年4月号の『ニコ☆プチ』で初登場。2012年ころから雑誌『nicola』の専属モデルに。このころからちょくちょくドラマなどに顔を出すようになる。2014年、『nicola』を卒業し今度は『Seventeen』の専属モデルに!!すごい!モデルに切れ目が全くない!!

 

小さいころから”モデル一筋”演技はできるのだろうか?

飯豊さん、モデルとしての経歴は非常に華々しいというか、芸暦で言うと17歳にしてすでに7年もモデルをしているわけですが、演技に関しては2012年の『世にも奇妙な物語』が最初です。それでも3年近くやっていますから、そこそこ経験は積んでいるわけですが、どうでしょうか?

 

実写版『あの花』での演技の評価が・・・。

飯豊さん、フジテレビで放送されたオリジナルTVアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の実写版ドラマに出演されているのですが、ここでの演技がすごく”評価”されているようです。

TwitterをはじめとするSNS上ではオンエア直後から、飯豊に関する投稿が多く見られた。中でも目立っていたのは、その演技力を評価する声。「演技上手ですね!」「演技に見いっちゃってすごいな~って思った」などのほか、飯豊が懸念していた”つるこ役”についての言及も。「今までの役の中で1番泣いてる部分も多かったと思うけど全てつるこらしい演技でさすがでした!」「つるこ役ピッタリ! 素晴らしい!」のような意見や「アニメファンですが、実写版もすごく良かったです。つるこ役、すごい上手」「アニメを壊さず良い作品に仕上がっていたよ」「まりえさんのつるこ最高でした!」のように、原作ファンからの支持も集めた。飯豊まりえを救った、『あの花』つるこ役の反響「放送されるまで怖かった」

実際に筆者もツイッターを見てみましたが、かなりの高評価。『あの花』といえば、アニメファンでなくとも「おもしろい!」と支持している人が多かっただけに、ネガティブな意見が少なく、高評価ということが、飯豊さんの演技力の高さを物語っていますね。

 

 

悩みつつ、立ち向かう姿勢がいい!!

フタをあけてみたらかなり”高評価”だったこのドラマですが、実際に公開されるまでは本人もかなりプレッシャーを感じていたみたいです。撮影の最中も「悔しい思いを沢山しました」、「このままじゃ、自分はいけない。前に進めないんだ」と自身のブログで気持ちをつづっていました。ブログの文面からも「撮影大変だったんだろうなあ」という雰囲気がバシバシ出ていましたが、それでも経験をポジティブに受け止めて、前に進もうとする姿勢が伝わってくるようでした。

悔しい思いをたくさんしました
このままじゃ、
自分はいけない。
前に進めないんだ。
と気がつけたのも
あの花の作品でつるこという役をいただけたから
西浦監督と
プロデューサーの浅野さんのお陰です。
二ヶ月間、
 
厳しいお言葉やアドバイスをたくさん
いただいて
 
精神的にも身体的にも
本当に鍛えていただきました。
 
つること出会えて良かった。
この作品に携わる事ができて本当に幸せです

 

演技への目標や理想がしっかりしている印象。

飯豊さんの過去のインタビューなどを拝見していると、演技に対する目標や理想がしっかりとしている印象を受けました。「演技もちょっとできるモデル」ではなく「役者として」見てもらいたい気持ちがあるようで、目標としている女優さんは「新垣結さん」。同じ『ニコラ』出身モデルだった新垣さんを理想としているようです。

ドラマや映画を見て演技の勉強もしていると語っていましたし、”演じる”ということに対して、真剣に取り組んでいる人だなと感じました。

 

漫画原作のドラマ『MARS』ではどうなるか?

前回評判の良かったドラマ原作実写化での役柄は高評価でしたが、今度の漫画は『大人気少女マンガ』。しかもこの漫画、結構濃厚な”ラブシーン”があるみたいで、そのあたり、女性ファンの心中は複雑な模様です(笑)

女性誌のモデルを長年やっている飯豊さんは男性のみならず女性ファンも多いのですが、ドラマ内でラブシーンを演じる男性俳優との”カラミ”のせいで炎上する可能性もあるかも(笑)飯豊さん、女性ファンを納得させられるか?放送されてからの評判が楽しみですな♪

 

 

まとめ~演技力はある!という見方が優勢~

飯豊さん若いながらも演技に真剣に向き合っている姿勢が見えてとても好感が持てます。『あの花』の撮影では大変なこともあったようですが、それならなおさら、『MARS』の演技もよくなっている可能性が大だと思います。芯もありそうで、これから楽しみな女優さんであることは間違いなさそうです。

上川隆也の演技力が高いと評判!『検事の死命』で志田未来と初共演・・。

朝倉あきの演技は上手い?下町ロケット加納アキ役!復帰に喜びの声!!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. a0001_003769
  2. a0001_017078
  3. a0001_015247
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。