『ゴチ』新メンバー2016は二階堂ふみ!星野源との交際にaikoファン激怒!?

この記事は2分で読めます

a1640_000325

『ゴチ』新メンバー2016は二階堂ふみ!星野源との交際にaikoファン激怒!?

日本テレビのバラエティー『ぐるナイ』内の人気コーナー「ゴチになります!」の新メンバーが決定しました。2日に放送された新春特番で発表されたのですが、なんと女優の二階堂ふみさんに決定!!

昨年の「ゴチになります!」メンバーの江角マキコさんは年間を通して自腹額1位となったため”クビ”。その代わりとなったのが今回決定した二階堂ふみさんというわけですね。

今回は、「ゴチになります!」の新メンバー、二階堂ふみさんのこと、そしてなにやら騒がしい、”aikoファンの激怒”とは一体・・。いろいろ調べてみたいと思います。

 

 

二階堂さん「知名度を広めたい」

9d917be4-s

出典:NEWSまとめもりー

2日に放送された『ぐるナイ』内で、新メンバーが発表された際、先輩レギュラーの柳葉敏郎さんから「どうしてこの仕事を引き受けたの?」と聞かれた際に、

「知名度を広めたい、と思いまして…」『ぐるナイ』ゴチ、新メンバーは二階堂ふみ「知名度を広めたくて」

と語っていたそうです(笑)二階堂さん、正直!!当然会場は笑いにつつまれたそうですね。

 

実はフライングで予告に映っていた二階堂さん。

実は「ゴチになります」の予告の動画に、モザイクをかけてあったはずの二階堂さんの顔にモザイクがかかっておらず、放送前にばれていたという事件が発生!ツイッター上どんどん拡散されてしまいました。まあ、いずれはわかることにせよ、番組としては大失態ですね。これが狙いだったら面白いですけど・・・。

CXtkzIWUwAEg-RH

出典:ツイッター

「aikoファンがブチギレ」ってどういうこと?

a0003_001918

この『ゴチ』の新メンバー決定を受けて、何故だかシンガーソングライター”aiko”さんのファンが激怒しているという報道がされました。

「二階堂は昨年、歌手の星野源との熱愛が話題となりました。星野といえばaikoとの交際が世間では広く知られていたため、aikoファンにとって二階堂は、好きなアーティストから恋人を奪った憎き女として認識されている。そのためネットでは新メンバーが発表されると『なんで二階堂なの!?』『星野源を奪った女じゃん!』『もうゴチは見ない』といった辛辣な意見が飛び交いました」(前出・テレビ誌記者)出典:星野源を奪った女じゃん!「ゴチ」新メンバーにaikoファンがブチギレ視聴拒否

この報道を見て、aikoファンは熱狂的なんだなあと、こころから思いました。確かに女性ファンも男性ファンも多い、しかも熱狂的なファンの多いaikoさんですから、味方が多いのはわかりますが、二階堂さんのことを「星野源を奪った女」とまで認識しているとは・・。

 

aikoさんを中心とする複雑な”関係”!?

a0002_006985

今回の件に関するツイッターを楽しく眺めていると、「国分太一」という名前が多く見つけられました。どういうことだろうと思って調べてみたら、なんと『ゴチ』に出演している国分太一さん、かつてaikoさんと付き合っていたといううわさがあったんですね。

1998年秋、aikoのラジオに国分がゲストで出演したのが二人の出会いでした。すぐに意気投合して交際が始まり、翌年には大阪のTOKIOのLIVEにaikoが見に行ってた姿も目撃されています。

出典:国分太一とaikoの出会いから破局までを振り返ってみた | トキオを1990年から!

つまり、関係を整理すると

国分太一さん→aiko→星野源さん→二階堂ふみさん

国分さんにしてみると、自分の元彼女の元彼氏の今彼女との共演という、ゆるーいつながりを形成してしまったということですね。

タレントさんの、こういうところ考えるのって、下世話だけど楽しいね。仕方ないよね、にんげんだもの・・・。

まとめ

imagesXTWF2FD6

結局、この事件の結論といたしましては、aikoファンは”熱い!”ということですね。この報道を見て、aikoさん自身はどう思っているのでしょう?一応aikoさんのツイッターを覗いてみましたが、特にこのことについてはコメントしていません。あたりまえか・・。

しかし、二階堂さん、発言といい雰囲気といい、ちょっと曲者のにおいがするので、「ゴチになります」はちょっと面白くなるかも知れませんね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. OOK151013120I9A1285_TP_V
  2. tahakata02
  3. a0001_017623
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。