やついフェス2016のタイムテーブルが早く知りたい!第6弾発表もあるらしい・・・。

この記事は2分で読めます


やついフェス2016のタイムテーブルが早く知りたい!第6弾発表もあるらしい・・・。

こんにちはうさぎです。

昨年、込み入った事情があり(お金が無かっただけですが)参加できなかった「やついフェスティバル」

しかし!今年の「やついフェスティバル2016」には、初日の6月18日のみ参加できることが決定!!うれしい!!

今年の参加アーティストも超豪華かつ超沢山!知らないアーティストも沢山いるので、今からこつこつ調べる毎日。

日割りの発表だけはされているので、早くタイムテーブルを発表してくれないかなあと今からそわそわしております。
そして、どうやら第6弾のアーティストの発表も、タイムテーブル発表と共にあるらしい・・。TBSラジオ『エレ片のコント太郎』にてやついさんが示唆してました・・。

現在計267組!すでに前回を上回っている数ですが、さらに増えるとは・・。
今回は、タイムテーブルがまだ発表されていないので、とりあえず「個人的に注目しているアーティスト」を書いていこうと思います。

 

 

やついフェス2016のタイムテーブルは?

まだ発表されていません。発表され次第掲載しようと思います。

第6弾アーティストは?

まだ発表されていません。発表され次第掲載しようと思います。

 

個人的に注目してるアーティスト(土曜日限定)
土曜日しか参加できないので、土曜日に出演するアーティスト限定ですが、個人的に注目している、見たいと思ってるアーティストをまとめていこうと思います。

誰の役に立つのかはわかりませんが、書きたいので書きます!!

 

Amelie

埼玉県越谷出身4ピースロックバンド『Amelie』

「踊って泣ける歌謡ロックバンド」を掲げ、哀愁とPOPさが混在する独創性に富んだ楽曲と熱量あふれる圧倒的なライブパフォーマンスで、ジャンルやシーンを問わず様々なイベントに出演。
出典:Amelieオフィシャルサイト

ヴォーカルの「mick」さんの声がすごくいいです。力強いっす。

 

OMSB & Hi’Spec

ジャズミュージシャン菊地成孔肝いりの菊地成孔ヒップホップユニット『SIMI LAB』より、OMSB とDJHi’Specが登場。

このOMSB、めちゃくちゃかっこいいっす!!

見た目は日本人じゃないけど、日本語ラッパー。英語は話せないらしい。「純日本人では気づけないような日本語の魅力」を知っているような言葉の使い方が、すごくいいです。

これは楽しみ!!

 

GLIM SPANKY

松尾レミ、亀本寛貴の2人組みロックバンド

園子温監督映画「リアル鬼ごっこ」イメージソングにも起用されてました。

ロックとブルースを基調にしながらも、新しさを感じさせるサウンドを鳴らす、男女2人組新世代ロックユニット。
ハスキーで圧倒的存在感のヴォーカルと、 ブルージーで感情豊かなギターが特徴。
ライブではサポートメンバーを加え活動中。出典:GLIM SPANKYオフィシャルサイト

うさぎとおんなじ長野県出身だとはとても思えないくらいカッコイイ!!音楽の魅力を‎説明するボキャブラリーが足りないせいで「カッコイイ!」としか言えませんが、とにかくカッコイイ!!

特に、「ワイルド・サイトを行け」の歌詞が本当にシビれる!!

腹の底からエネルギーが湧いてくる曲です。

 

他にもまだまだいますが、現在調査中です。

やついフェスの魅力は、とにかく出演するアーティストの数が尋常じゃないので、新しい音楽と出会うきっかけを与えてくれるところがいいですよね。

せっかく行くんだから、楽しみつくしてやろう!!と思ったら、自然と出演アーティスト調べますもんね。

ということで、こっからどんどん調べて、当日最高に楽しみたいと思います。

 

まとめ

タイムテーブル、はやく発表してくれないかなと待ち遠しいです。

決まってくれないと、計画も立てられないし・・。

きっと、聞きたいアーティスト被るんだろうな・・。まあ、それがフェスのいいところでもあるのかな・・。

よければ、あなたの注目してるバンド、アーティスト書き込んでください。紹介していただけると非常にうれしいです♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. a1820_000004
  2. MS251_akostdram_TP_V
  3. 2014_2_34
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。