『ウシジマくん』佐々木心音のプロフィール経歴、演技がすごすぎる!

この記事は4分で読めます


『ウシジマくん』佐々木心音のプロフィール経歴、演技がすごすぎる!

こんにちはうさぎです。

7月から、ドラマ『闇金ウシジマくん』のシーズン3が始まります。同時に、映画も2作公開されて、これで実写版のウシジマくんは”完結”となるようですね。見逃せません。

ところで、ウシジマくんに出演する、家出テレクラ売春少女”美奈”を演じる(すごい役ですね)佐々木心音さんのことがちょっと気になったので、いろいろ調べてみたいと思います。

グラビア界ではかなりの実力者ではありますが、今回はそれ以外のことについて迫って行きたいと思ってます。

ウシジマくんシーズン3原作テレクラくんのあらすじネタバレ結末。

ドラマ『ウシジマくん』シーズン3のキャストとキャラ解説!洗脳くんを再現てマジですか?

スポンサードリンク

 

佐々木心音さんプロフィール

rp_sasakikokone-250x300.jpg

出典:佐々木心音オフィシャルブログ

佐々木心音(ささきここね)

生年月日:1990年5月22日 (26)

出身地:東京都

血液型:O型

身長:167cm

体重:52kg

スリーサイズ:88 – 58 – 88 cm

カップサイズ:E

高校時代から演劇部に所属、舞台に立つ傍ら、バンドなども組み、音楽活動もされていたみたいです。

佐々木さんのご両親が二人ともミュージシャンで、お母さんは今でも活動されている見たいです。というか、佐々木心音さんと母の佐々木裕子さんとユニット 『CO906.(こころ)』を組んで活動されています。

舞台をしているとき、「お前には色気がない」と言われ、「グラビアをやってみたら色気がでるかな?」という理由でグラビアに挑戦。

そしてのそのファーストDVDがアマゾンでランキング1位に輝きます。ファーストでい1位!すごい!!

演技が評価され、数々の賞にノミネート、第87回キネマ旬報ベスト・テンにて新人女優賞第5位に入賞。

2015年 ロックバンド「MOMO」を結成。現在も精力的に活動しています。

 

佐々木心音さんの出演作、演技の評価は?

佐々木心音さん、ファーストDVDの「脱ぎっぷり」がよかったせいか、かなり「露出の多い」役を多く引き受けていますね。

 

映画初出演作『極道兵器』ナースレッド役。

この映画は、ヤクザが、自分の体の一部を兵器(腕にガトリングガン)にして戦うという、オバカスプラッター映画。佐々木さんの役どころは

「ナースレッド」ということですが、すいません、探しても見つかりませんでした・・。

 

映画『フィギュアなあなた』で早くも”フルヌード”

フィギュア好きのオタク青年が、命を持った”マネキン”との共同生活をするという映画ですが、佐々木さん、”フルヌード”を飛び越えて、ものすごい濡れ場を披露されています。

 

映画『裸のいとこ』

なんと、「大鶴義丹」監督の映画。全編南相馬でのロケが行われた映画で、巨額の借金を抱えた男が南相馬にたどり着く。極限の状態での人間の欲望と感情を描いた作品だそうです。

予告を見ただけですが、佐々木さん、下着にはなっていましたね。

 

映画『パズル』

山田悠介原作の小説『パズル』の実写化映画。佐々木さんは先生役でしたが、今度は脱ぐんじゃなくて、過酷な撮影が話題を呼んでいたみたいです。

2メートルの高さから電子レンジが落ちてくるシーンでは、あわや恥骨骨折!かなりハードな撮影に挑んでいたんですね・・。

しかし、佐々木心音さん、自分を追い込むのがお好きなんでしょうか・・・。

 

映画『ライヴ』

映画『パズル』と同じく、山田悠介の小説が原作。佐々木さん、ここでは「衝撃的な死にっぷり」を披露しているみたいです。

相変わらず、ハードな役柄のおおい佐々木さんです。

 

映画『マリアの乳房』

かつて超能力少女として活躍していたが、一回の失敗が命取りになって、表舞台から姿を消した超能力者役!!
触れた相手の死期がわかってしまいらしい。そして、売春婦役!!

 

映画『TOKYO TRIBE』

鬼才、園子温監督、漫画が原作の作品。セクシー新人女性警察官の役をやっています。

 

園子温監督(52)が2日、都内で公開記念特番の収録を行い、女優の佐々木心音(24)を口説いた。映画の冒頭でセクシーなシーンに挑んでいる佐々木に対し「“チャンスがあれば抱きたい”という思いを映像にぶつけました。いつかモノにしてやろうと思ってます」と、欲望を告白。園監督は既婚者だけに、佐々木は「まさかそういう風に思ってもらえるとは…」と苦笑していた。
出典:デイリースポーツオンライン

何言ってんだ園監督は・・。

 

映画『スキマスキ』

覗きが好きな青年が、カーテンの間からいつもみている”お姉さん”役を演じているのが、佐々木さん。もちろん、下着姿やきわどいシーンなど満載です。

 

映画『母の恋人』

お母さんに若い恋人が出来るという設定の映画。佐々木さんはそのお母さんの「奔放な娘」を演じています。もちろん露出多め!!
これまでの出演作を見てもわかるとおり、佐々木心音さん、すでに「セクシー演技のベテラン」となりつつあります。ハードかつ、ヌードも辞さないという「体当たり」の姿勢は、多くの監督から支持されているみたいですね。

 

 

映画『ライヴ』井口昇監督の佐々木心音さんへの評価。

映画『ライヴ』での井口昇監督が、佐々木心音さんの演技に対してこうコメントしていました。

 

「佐々木さんにはどんな豪速球を投げても受け止められる反射神経がある。そういうところに甘えちゃう僕たちもいるけれど、だからこそ派手な死に方はせめてもの“はなむけ”なんです」
出典:映画.com

 

また映画『パズル』の監督、内藤瑛亮からは、

 

井口監督は、佐々木のコメディエンヌとしての才能にも注目しており「『サザエさん』のようなホームドラマやコメディも見てみたい!」と早くも新たなイメージを膨らませていた。
出典:映画.com

 

佐々木さん、同じインタビューの中で「監督の『こうやりたい!』という要求がどんどん欲しいタイプ。私は絶対に『ノー』とは言いたくないんです」と語るほど、とにかく与えられた役柄に対して、完全に答えていきたいというポリシーがあるみたいです。

ツイッターでの佐々木心音さんに対する反応・評価。

ツイッターでは、佐々木さんの体当たり演技、どんな風に評価されているのでしょうか?

 

「ヒロイン役の佐々木心音ちゃんのヌードの演技に心もってかれて、ぐぐったら佐々木心音ちゃん… 同い年やないかい!!!!同世代であの演技かぁって。魅了されました。」

「フルヌードで映画に挑む佐々木心音のマルチな才能。なにこの人可愛いのにおっぱいでかいし演技もできるし性格も良さそうだし完璧」

「佐々木心音 って変な女優もどきより演技いいわ」

「「パズル」凄い。傑作だと思う。何より、安田先生を演じた佐々木心音さんの「目」の演技がずば抜けて魅力的。」

「佐々木心音さんの演技にぐいぐい引き込まれた~」

 

映画『パズル』での演技、そしてフルヌードで挑んだ『フィギュアなあなた』の体当たり演技が高い評価を得ていますね。

ただ単に「露出が多い役」ということで評価されているのではなく、肝心の”演技”についても好評な様子。こりゃ、映画監督が使いたがるのもわかる気がします。

 

まとめ

今まで知らなかった佐々木心音さんでしたが、ここまで全力で体当たりの演技が出来る女優さんも珍しいのではないかと思います。

最近、セクシー女優さんが映画やドラマなどに出演することも多くなっていますが、それらとはまた、違った魅力が、佐々木さんにはあるみたいですね。

今度のドラマ『闇金ウシジマくん』では、きっとテレビで流せる”ギリギリ”の演技を見せてくれるのではないでしょうか?

実際に「フィギュアなあなた」という映画を見てみましたが、すごかったです。映画のためならここまでやれるのかと、正直感心してしまいました。

これからの活躍に、期待です。

ドラマウシジマくんシーズン3洗脳君のあらすじネタバレ。放送事故レベルの内容に?

ドラマ『ウシジマくん3』「ののあ」役、小瀬田麻由の性格、整形疑惑?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. nasigo2
  2. a0002_006953
  3. arasitaitol
  4. a1130_000509
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。