『神の舌を持つ男』木村文乃の演技が下手でウザい?演出のせい?

この記事は3分で読めます

kaminosita

『神の舌を持つ男』木村文乃の演技が下手でウザい?演出のせい?

こんにちはうさぎです。

堤幸彦が長い間構想を温めていたといわれるドラマ『神の舌を持つ男』がいよいよ放送されました。

筆者も放送前から、「変わったドラマがはじまるなあ・・」と思っていましたが、やっぱり変わったというか「ちょっと変すぎないか?」というドラマに仕上がっているみたいで、視聴者の皆さん、少し戸惑っているみたいです・・。

というわけで今回は、ドラマ『神の舌を持つ男』に出演されている木村文乃さんの演技について、評判や感想などに迫ってみたいと思います。

『神の舌を持つ男』がつまらない、面白くないと評価。打ち切りはある?

『神の舌を持つ男』みやび役の広末涼子がかわいいけど炎上?

 

 

ドラマ『神の舌を持つ男』木村文乃さんの演技が残念?

さてさて、では実際にドラマの評判についてみてみましょう。皆さんどう感じているんでしょうか・・・。

まずは、良い評判から・・。

「ドラマ「神の舌を持つ男」観た。木村 文乃さんの弾けた演技良かったなぁ〜。堤幸彦さんらしさ満載で面白かった。」

「神の舌を持つ男での変人キュート光ちゃん見たからかなり好きになった」

 

良い評判もあるにはありますが、数が少ない・・。

その変わりに沢山あるのが・・。

 

「神の舌を持つ男の木村文乃の演技が残念……頑張って演技してる感じがもう同情心さえ湧いてくる……」

「コメディは振り切った演技ができないとキツイね。りくんも木村文乃もひどかった。

「木村文乃のコミカル演技が「びっくりするほど寒すぎる」

「神の舌を持つ男っていうドラマみたけど、木村文乃の演技ウザ過ぎて嫌いになりそうだからもう見ない。」

「神の舌を持つ男、初回はビッミョーだったなあ。後半、というかほぼラストの謎解きは面白かったけど、木村文乃の過剰演技が鼻に付いて気になったなあ。」

う~ん、かなりの酷評・・・・。

酷評の原因はどうやらその「コメディ演技」にあるみたいで、今回の役柄に木村さんがハマりきれていない様子ですね・・。

 

実際に見てみた。木村文乃さんの演技の個人的な評価・・。

とにもかくにも、実際に見てみないとわからん!ということでみてみました。

このドラマ、完全に「コメディ」なんですけど、ちょっとした”ズレ”や”行き違い”だったりするのを楽しむコメディではなくて、「変なものが沢山ありますね」といった雰囲気のドラマでしたね。

製作側からの「ここ!ここが面白いでしょう?そうなのよ、ここがね、最高でしょ?」と逐一語りかけられているようで、正直、面白い部分もありますが、最初は抵抗感が・・。

基本1から10までふざけてるし、面白さやネタ、ギャグが優先されていてリアリティも特に追求していない、つじつまが合わなくても、ありえない行動をしても「でも、そう言う人たちだから・・」という、そういうドラマでした。

これって、はっきり言って、演じる人間のせいではないような気が・・・。

正直、このドラマで「変な人」を演じる木村文乃さん、キュートだし、とても「がんばってる感」が伝わってきます。

きっとその「がんばってる感」が余計に何か「居心地の悪さ」を生んでいるのではないかと・・・。

きっと、きっとですよ、木村さん自身「何が正解なんだろう・・」と思いながら演じているように見えてしまいました・・・。

見ているこっちも、「どこを、どうやって面白がるのがいいんだろう、このドラマは・・」と、居心地が悪かったです。

 

 

同じく櫻井武晴脚本、堤幸彦演出ドラマ『ヤメゴク』はよかった。

実は、このドラマ『神の舌を持つ男』の脚本は櫻井武晴さんという方、そして演出は堤幸彦さんというコンビは、昨年の4月から放送されていた、元AKB48の大島優子さん主演のドラマ『ヤメゴク』のときと同じ!

このドラマ、かなり評判がよくて、視聴率こそ振るわなかったものの、かなり「面白い!」という評価がされています。
このときのコンビが作っているということもあって、前評判からかなり「期待されていた」というのも、今回の酷評の原因かも知れませんね。

リアルタイムで「ヤメゴク」を見逃していた人も多かったみたいなので、今回は「リアルタイムで面白いドラマが見たい!」という気持ちが、かえって仇になってしまったのかも知れません。

 

まとめ、結局、木村文乃は悪くない?

ここまでいろいろ書いてきましたが、このドラマの木村文乃さん、演技はがんばっていると思うので、演技に関して「ウザイ」「キツイ」「寒い」「かわいそう」という評価は、彼女のせいではなく、製作側の演出や、脚本に問題があるのだと思います。

ただ、その「寒さ」や「ウザさ」を狙ったものだったとしたら、向こうの思惑通りということになりますが、見てもらえないんじゃ意味ないですからね・・。

というわけで、木村文乃さんの演技の評価が悪いのは、決して本人に演技力がないのではなく、単純に「そういうドラマ」だから!ということで。

実際他のドラマでは、すばらしい演技力を披露している木村文乃さんですから、今回はちょっと失敗だったかも・・。

でも「こう言う演技もできるよ」という木村さんの幅を広げるという点では、良いもんだと思いますけどね。

まだまだ継続して、見ていきたいと思います。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

あなたに、木村文乃の演技がかわいく見えてきますように・・・。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. YUSEI9V9A7485_TP_V (1)
  2. usijima
  3. hope
  4. a1820_000004
  5. kooku
    • 2016年 9月10日

    とりあえずこの記事書いた人はトリックを見るといい。 堤幸彦作品の楽しみ方を知らないのはもったいない。

  1. この記事へのトラックバックはありません。