『家売るオンナ』北川景子の演技の評価が!上手い下手関係なし?

この記事は4分で読めます

ieuru2

『家売るオンナ』北川景子の演技の評価が!上手い下手関係なし?

こんにちはうさぎです。

毎週水曜日日本テレビ系で放送されているドラマ『家売るオンナ』の放送が始まって、今週で2話目ですね。

初回の放送をみて、結構面白かったので、次回も見てみようと思いますが、主演の北川景子さんの演技が、なんと言うか、上手いとか、下手とか、そう言う次元では無くなっているみたいなんです・・・。

ということで今回は、ドラマ『家売るオンナ』の北川景子さんの演技の評価と、今までの北川さんの演技の評価、そして今回のドラマの演技について、いろいろまとめてみたいと思います。

『好きな人がいること』桐谷美玲の演技上手くなった?評判は?

『家売るオンナ』仲村トオルの演技が上手い下手じゃなく昭和!?

スポンサードリンク

ドラマ『家売るオンナ』での北川景子さんの演技の評価は?

さて、では早速このドラマ『家売るオンナ』の評価についてまとめてみましょう!

 

「あとやはり北川景子は演技がへたくそすぎる。へたくそだから台詞があざとく感じるのかもしれない。」

「「家売るオンナ」は、ちょっと「ミタさん」を思い出し、若干この作品での北川景子さんの演技が苦手だけど・・・」

「主人公の変人キャラがちょっとわざとらしいかもしれない。独特のしゃべり方や目を見開いた表情の演技に違和感あり。
やっぱり特殊なキャラを自然に演じるのって難しいんだろうな」

「家売るオンナ見終わった。悪くはないんだけど、何かまだ受け付けてない。北川景子の演技力なのか、昔あった篠原の派遣の品格のキャラと家政婦のミタのミステリアスを混ぜ合わせた感じで」

 

いろいろと評価を眺めてみましたが、驚くほど多かったのが

「家政婦のミタ」を思い出す・・・。

といった意見です。

確かにこのドラマの北川景子さん演じる主人公「三軒家万智」は何を考えているのかさっぱりわからず、とにかく「家を売る」ということに対しての情熱「しか無い」といった風のキャラクターで・・。

第1話の最後には「ひょっとしてこの人も精神的な闇を抱えるような、暗い過去があるのかも知れない・・」と連想させるような終わり方をしていましたし・・。

無表情、感情の無視、立場をわきまえない、ただ「家を売る」事に長けているおかげで、何とかその職をクビにならずに済んでいるようなキャラクターです。

おかげで「また、ミタみたいなの、狙ってんのか?」と穿った見方をされてしまっているみたいです。
もう一つ、評価として多かったのが「演技下手・・」という評価・・。

結構な酷評です。

しかし、そんな「変わったキャラクター」の演技が『お気に入り』になった人もいるみたいで、賛否は分かれている雰囲気です。

否定は7割

肯定は3割

といったところですね。

今までの作品の北川景子さん演技の評価はどうだった?

さて、では今までの「北川景子」さんの演技の評価はどうだったのでしょうか・・。
ドラマ、映画『HERO』での演技の評価は?

さて、今度は映画化もされたドラマ『HERO』での演技の評価を見てみましょう!

 

「そしてHEROでの北川チャン、演技上手くなったよね」

「ブザビとHERO両方見てると、北川景子って演技微妙に上手くなってるよね」

「主役が演技できないアイドルだと回りは実力で盛り上げるから配役がイイ。北川さん安定の大根っぷり。」

「マジ北川景子の演技が下手、もっと自然に演技してほしい」

「HEROの北川景子の演技めっちゃ好き」

 

酷評のほうが多いな・・・。

けどこれは、『HERO』の前作でヒロインを務めた松たか子さんの影響もあると思います。松たか子だったものが、今度は北川景子か・・・。ふむふむどれどれ?なんだ、下手クソじゃねえか!!

といった流れだと思いますが、松たか子と比べられるのはあまりにも気の毒・・。
しかし、酷評は多いは多いですが「ちょっとうまくなった、よね?」と自信のないツイートもちょこちょこ見受けられました。

だんだん成長している!

という評価もありましたね・・。

 

 

ドラマ『家売るオンナ』では、演技を放棄?

さてさて、今まで「酷評」だった北川景子さんですが、今回の役柄は、「変人」!

繊細な表情も必要ないし、極端な言動や行動を繰り返すので、「自然である必要が無い・・」という点で、そもそも「上手い演技なんか、最初から必要ないぜ!!」といった役柄なのではないか?と筆者は見ています。

ドラマを作る側からすれば、北川景子さん出したい!

 

・結婚したし、
・女性からの人気はあいかわらず強いし、
・男性からも「かわいい」と評判だし、
・アンチ北川さんからの注目も集められるし、
・「演技が下手」と言われている女優さんのドラマは、一旦は「どんなもんかのう」という好奇心で見てもらえるし、
・ツイッターで酷評がツイートされやすいし、

 

とにかく北川さんを主演にしたい!だけど、繊細な演技は難しい!ならば変人だ!!変人なら、そんなに演技できなくても大丈夫だろう!

という魂胆でドラマを作ったんだと思います!(妄想です)

 

実際に『家売るオンナ』見てみた、感想・・。

さて、では実際に見てみましょう・・。

北川景子さん、おしゃれかつカッコイイスタイルはそのままに、性格だけ「変人」といった、いいとこ取りの役柄ですね今回は・・・。

演技なのですが、予想以上に「変人」です。

とにかく「家を売る」ということしか考えていない様子で、家を売るためには手段を選ばない。そして、部下に「「家を売らせる」為にも手段を選ばない。平気でパワハラだろうとなんだろうと、無理難題を押し付けて平然としています。

 

・表情が固い。
・感情が読めない、というか、ほとんど無い。
・セリフも棒読みでOK。

 

上手な演技なんか必要の無いような役柄です。

しかし、なんだろう、筆者がみた感想ですが

 

「変人の演技って、実はすごく難しいのかも・・・・」と思ってしまいました。

 

家政婦のミタの松島奈々子さんって、結構良い仕事をしてたんだろうなあと思えてきますね。

しかし、このドラマ、脇を固める役者さんたちが本当によくて、全体にコメディなドラマなんですが、それぞれの役者さんが本当に良い仕事をされています。

とくに、仲村トオルさんの「優しい上司役」や工藤阿須加さんの「ダメだけど憎めない社員役」や、千葉雄大さんの「イケメンで仕事も出来て女性にもモテるのに、なぜか憎めない社員役」もいい!

もちろんそのほかの役者さんもすばらしいですが(正直、イモトさんの演技に関しては余り評価できませんが)脇を固める役者さんのおかげで、いいドラマになっていると思います。

初回視聴率も12.4%で、好スタートみたいですが、おそらく大きく視聴率を下げることはなさそうです。

相変わらず「ちょっと演技がなあ・・」とおもうところもありますが、今回のキャラクター、なんだか憎めなくて、好きになりそうです。

 

まとめ

いかがでしたか?

北川景子さんの演技、確かにぎこちないところはありますし、不自然なところもありますけど、新しい「北川景子」が見られます!そういう面ではとってもオススメです。

脇役の皆さんもいい演技をする人たちばかりなので、一見の価値はありますよ。

というわけで、今回はココまで。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

『家売るオンナ』イモトアヤコの演技力が上手いと下手で真っ二つ!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. OY1151013500662_TP_V
  2. BIS151026193472_TP_V
  3. iq246kyastuo
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。