EXILE事務所所属アフロジャックのプロフィールと経歴!元カノがすごい!

この記事は3分で読めます

a1820_000004

EXILE事務所所属アフロジャックのプロフィールと経歴!元カノがすごい!

こんにちはうさぎです!

世界的なEDMのプロデューサー、DJでもある「アフロジャック(Afrojack)」が、なんと「EXILETRIBE」が所属する芸能事務所「LDH」とマネージメント契約を結んだらしいです。

推定年収19億円と言われるほどの「正真正銘のセレブ」と契約できたということは、これからの「LDH」にとっては希望の光ですね。

 

というわけで、今回はその「アフロジャック(Afrojack)」さんの経歴やプロフィール、代表曲、きになる年収などいろいろと調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

 

「アフロジャック(Afrojack)」プロフィール

afro

出典:MNN

本名:Nick van de Wall

生年月日:1987年9月9日(28歳)

出身地:オランダ、スパイケニッセ

5歳のときからピアノを弾き始めて、それからいろんな音楽に触れていたアフロジャック。

11歳の時に、Fruity LoopsというDAWソフト、(作曲がパソコンで出来るソフトのことで、現在は「FL-STUDIO」という名称で販売されいている)に出会い、そこから作曲に没頭するようになる。

14才には、すでに地元のパブやクラブでDJを始めたそうです。

2006年、アフロジャックが18歳の時にギリシャのクレタ島にいき、いろんなクラブで半年ほどプレイ、DJとしての腕を磨きました。

そして1年後、自分のレーベル「Wall Recordings」を設立。同時にAfrojackの名で初めて“In Your Face”という曲をレコーディングします。

この曲はまあ、そんなに注目されませんでしたが、2010年、オランダの歌手、エヴァ・シモンズをフィーチャーした楽曲、「Take Over Control」をリリース。

 

 

これが10カ国以上の音楽チャートに食い込み、「アフロジャック」の名を世界に知らしめることになりました。

この後のEDMの流行の方向性を示唆するような曲ですね。

そこからはどんどんと活躍の場を広げ、

・Pitbull(ピットブル)とNe-Yo(ニーヨ)、Nayerによる大ヒット曲“Give Me Everything”

・ Beyoncé(ビヨンセ)の“Run the World (Girls)”

など、プロデュース業でも頭角を現すようになっていきました。

そして、現在の「EDMのアイコン」的な地位を確立することとなりました。

 

 

アフロジャックのプライベートは?

アフロジャック、推定年収19億という正真正銘の「セレブ」ということで、やっぱり私生活、プライベートもスケールがハンパないです。

まずはこの画像をご覧いただきましょう!!

じゃん!

182

出典:MNN

これは自家用ジェット機ですね。飛行機にペイントされる文字を見てみるとわかりますが、アフロジャックさんの持ち物です・・。

世界的なDJの中ではプライベートジェットを持つことは珍しいことではなく、世界中を旅しながらDJする彼らにとっては、「必要なもの」でもあるんですね。

これがあれば、面倒な空港でのチェックインや、セキュリティに気をもまなくてもいいわけですから、安いものですね。

ちなみに、プライベートジェット機の価格は、安いものでは5億くらいからあるそうですが、一般的には30億からといった価格みたいです。

もちろん、ジェット機かっても維持費がかかりますが、これが年間で2~3億円!!

まあ、彼らにしてみれば安いもんだ。ひょっとしたら、スポンサーがくれるのかも知れないし、そんなわけないか・・・。

 

元彼女が「パリスヒルトン」ってマジですか?

アフロジャックの「すごさ」を象徴するものとして、これ以上のトピックはないでしょう。元カノがあの「パリスヒルトン」です。

190

出典:MNN

もうこれだけで、アフロジャックがどれほどお金を持っていて、どれだけの地位と名声を気づいていて、どれほどの人気があるのかがわかりますね。

ちなみに、交際期間は5ヶ月と短いものだったみたいですが、それでもすごいことですよね。

 

そして、今回のLDHとのマネージメント契約・・。

今回の「LDH」とのマネージメント契約、一体どういった経緯で結ばれることとなったかは謎ですが、アフロジャックいわく「LDHの理念に共感した」ということです。

アフロジャック本人は今回に契約締結について、「LDHのエンタテイメントに対しての姿勢や考え方、Love,Dream,Happinessという理念に共感し、世界的にも類を見ないエンタテインメント企業であるLDHファミリーの一員になれたことを心から嬉しく思います」などと喜びを語っている。
出典:ネタリカ

 

最近、週刊文春で”社内イジメ”疑惑が報道されていたLDHですが、大きな問題が起きないことを願います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は世界的なEDMプロデューサー、アフロジャックについていろいろまとめてみました。

それにして、世界的なDJって沢山いるんですね。あと、自家用ジェット持っているDJも沢山いる!

こんなに焚くさ何のDJがいるってことは、その音楽を聴いて踊っている人が世界中に沢山いるということで、世界は広いなあと、そんな素朴な感覚を抱いた筆者でした。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. kawamura20160818235914_TP_V
  2. IRIS16011444_TP_V
  3. a0001_003769
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。