映画『青夏』の評価感想(レビュー)。佐野勇斗がイケメンすぎ?

この記事は3分で読めます

aonatu

こんにちはうさぎ♪です。

2018年8月1日に劇所公開された映画『青夏』

主演に朝ドラ『わろてんか』の葵わかなさん、そしてアイドルユニット『M!LK』のメンバーであり、現在人気急上昇中の俳優、佐野勇斗さんの映画です。

 

人気漫画の実写化映画ではありますが、まさに「これから来る!」二人にとって、ピッタリな青春ならぬ「青夏」ムービーですね。
というわけで今回は、映画『青夏』の評価・感想をまとめてみました!

この夏、どの映画を見に行こうかなと考えている方の参考になれば幸いです。

 


スポンサードリンク


 

 

 

映画『青夏』の評価・感想!

 

aonatu

 

まずはツイッターでの感想や評価をまとめてみたいと思います!

 

「とにかく青夏は思ってたより、ちゃんとした良き映画だった

「映画何回見てもさのきゅんがずっとかっこいい。原作に結構忠実で原作読んでから観ても楽しかった!」

「肝心の映画はもうひと波乱有っても良かったのでは?」

「めっちゃいい映画ですごいきゅんきゅんしたし、ぜったい2回目見に行く」

「青夏はただの胸キュン映画じゃなくて、ちゃんとした青春映画だと思う」

「青夏は彼氏がほしくなる映画。銀蔵かっこよすぎな!

「映画「青夏」、原作ファンの方にも自信を持ってオススメできる、とってもいい作品だった♡キャラクターの違和感なく、キャストのみなさんが演じきってくださってて、映画も大好きになった!」

ツイッターでの感想なので、やはり「いい評価」が中心になりがちではありますが、それでもなかなかいい評価が多かったです。
主演の佐野勇斗さん、葵わかなさんが「かっこいい!」「かわいい!」と評価が高かったですが、共演の、映画内では葵わかなさんの「恋敵」を演じる古畑星夏さんの評価も高かったのが印象的でした。

 

とにかく「キュンキュンできる映画!」「原作ファンにもおすすめできる」「原作に忠実」「ちゃんとした青春映画だった」という評価が多かったです。

 

「夏にぴったりの映画!」という声も多かったです。ツイッターではほとんどが「高評価」でした。

こういう映画が好きな人にとっては、満足度の高い映画だったみたいですね♪

 

 

 

佐野勇斗がイケメン、かっこいい!

 

sanohayato

出典:スターダストプロモーション

とにかくこの映画、主演の佐野勇斗さんが「カッコイイ!」「イケメン」という評価が多かったです。まあ、それが狙いなので、そうでないと困るんですけどね。

 

「公開日!みてきたよ!!イケメンすぎてほんと最高!!!」

「葵わかなちゃんほんとにほんとに可愛すぎるしとにかく可愛いし佐野勇斗くんイケメンすぎる意味わからん」

「佐野勇斗さんめっちゃ爽やかイケメンだった!」

「推しである佐野勇斗くんが演じる泉銀蔵がめちゃくちゃイケメンなので是非みなさんに見て頂きたいです」

「青夏の佐野勇斗やばいイケメンすぎる、葵わかなも透明感はんぱないし最強のコンビだと思う、こんなん夏休み田舎で出逢ったら一瞬で惚れる、高校生に戻りたい切実に!! 」

 

やっぱり高評価でしたね。今まで、ちょっと佐野勇斗さんのことが気になっていた人は、絶対に見に行くべき作品ですね♪

 

さらに気になる人は、佐野さんのいろいろについてまとめてみましたので、ご覧ください。

佐野勇斗がかっこいい!映画『青夏』の演技評価。ブレイク間違いなしの理由は?

 

 


スポンサードリンク


 

 

あえて「悪い評価」「酷評」を集めてみました!

YUKA150701098532_TP_V

 

 

だいたい「高評価」みたいですが、この作品の評価をもっと細かく知るためにあえて「悪い評価」「惜しいところ」などを集めてみました。

 

 

「ジュラシックパークみたいなド定番映画として観れば、別に悪くない。むしろみんなが期待するド定番がここに集まってる。」

誰しもが見たことのある画のオンパレードが、ある種伏線というか、罠というか。大人もそこそこ楽しめると思います。」

「大逆転!って言うような展開があるのを期待してたけど、全部あ、だよねー。って言う予測が立つストーリー。

「物語が単調で、時間を長く感じてしまった。夏になると、このような青春恋愛映画は風物詩。

「高校生の青春話。学生向け。先の展開が読めるから長く感じた。許嫁の人可哀想だったな…」

とにかく「定番」「先が読める」「中学生向け」などの評価が目立ちました。

 

ただその「定番すぎる」展開が、「お約束」になっていて楽しめる!という意見もあるので、夏に、友達同士で、イケメンやかわいい女子を、胸をキュンキュンさせながら見るには、ピッタリの映画だということもできそうですね。

 

 

全体の評価をまとめてみると?

 

rp_a3-1024x6661-1024x6661.jpg

映画『青夏』の全体的な評価をまとめてみると、

 

「夏ならではの、キュンキュンできる青春映画が見たい!」

 

という人にはばっちりの作品。もうちょっと複雑な人間模様だとか、深みだとかを求める方にはちょっと物足りない映画だということになりますね。

 

良くも悪くも「ジャンル映画」という認識で見に行くのなら、好きな人にとっては「ばっちりハマる」いい作品だということですね。

 

特に佐野勇斗さんの魅力はすさまじいものがあったみたいですよ♪
あと、葵わかなさんの評価も高いですが、恋敵を演じた古畑星夏さんは、男性からも評価が高かったです(笑)

 

まとめ

matome

今回は映画『青夏』の評価・感想をまとめてみました。

 

友達と、ものすごいイケメンを、涼しい映画館で楽しみたい!という目的には100%合致している亮作なのは間違いなさそうな映画『青夏』。

 

映画はまだまだ始まったばかりなので、友達を誘って、彼氏を誘って、いい夏の思い出の一ページを飾ってみてはいかがでしょうか?
というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. PAK85_notepc20150319202127_TP_V
  2. a1640_000380
  3. a0002_008530
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。