実写『電影少女』アイ役西野七瀬。見た目満点、演技は0点?

この記事は5分で読めます

kawamura20160818235914_TP_V

こんにちはうさぎ♪です。

2018年の1月にテレビ東京にて放送されるドラマ『電影少女』

かつて大人気を博したが、江川達也さん原作のコミックで、現在でも根強いファンがいることで知られています。

さて、この漫画、結構エッチな描写が多く、その点も多くの男性ファンを虜にしている理由なのですが、今回実写化において、肝心な「女性」出演者に、なんと乃木坂46の人気メンバー、西野七瀬さんが決定したということです。

原作を知っている自分からすると「え?大丈夫なの」と心配になってきてしまいますが、他の方々の反応も気になったので、今回調べてみました。

『電影少女(ビデオガール)』ドラマ実写化への反応がw

野村周平『電影少女』西野七瀬と共演で炎上!ツーショットは?

【随時更新】『電影少女』のあらすじ、キャスト、ロケ地情報まとめ!

 


スポンサードリンク


「電影少女」のアイってどんな役柄なの?

denei

 

さて、実際に西野七瀬さんが演じる「アイ」というキャラクターは、どんな役柄なのでしょうか・・。これについて西野さん自身がこんな風にコメントしています。

「嬉しいです。乃木坂46を離れて一人でドラマに出るのは久しぶりです。今回私が演じるアイは元気な子。自分とは性格がだいぶ違くて少し不安です。

まず自分のことをオレっていうし、男言葉を結構よく使うし。他にも、一人だけ90年代のままの女の子って設定だったりします。大丈夫かなって気持ちはありますけど、監督もプロデユーサーさんも一緒に頑張っていきましょうと仰ってくださっています。一所懸命やるしかないです。私にできることはそれだけ。がんばります」
出典:https://sirabee.com/2017/11/14/20161372749/

このドラマ『電影少女』ですが、原作の25年後のストーリーという設定なので、もしかしたらキャラクターの性格も変わるのかと思っていたら、そのあたりは原作通りみたいです。
演技に関しては定評のある西野さんですし、コメディ演技も期待されているので心配ないのかも知れませんが、何しろ『電影少女』の一つの魅力といっていい、かなり過激な描写の「エロ」をどれくらい再現してくれるのかと、今から原作ファンが息巻いているようです。

 

みなさん、どんなふうな反応になっているのでしょうか・・・。

 

 

「電影少女」アイ役に西野七瀬さん決定で枠、それぞれの「思い」

rp_iPhone7katate_TP_V-300x158-300x1581-300x158-300x1581-300x158-300x158-300x158.jpg
いろいろと集めてみました。

 

 

『エロ描写』は大丈夫なの?

 

このマンガ、少年誌にしては過激な描写が多く、巻によっては「有害図書」として指定している県もあるくらいの「ギリギリ」な描写の多い漫画。

エロ漫画ではないけど、むしろエロ漫画よりもエロくなっている部分もあるので、この点を「どう再現するのか」という疑問があるみたいです。

 

「西野7瀬さんはエロ漫画対応可能なの?電影少女の魅力の5割はエロなんだけど」

「西野七瀬が出る「電影少女」ほぼほぼエロ漫画やん!西野もエロシーンやるんかな? 」

「パンツ!パンツなのです!何は無くとも桂センセーの素晴らしさはあのパンツなのです!実写でどう表現するのかしら・・・?」

「確かにケツ作品だけどもwwwww来年が楽しみですなぁ」

「影少女とか言うほぼエロ漫画の実写化のヒロインに西野七瀬がするとか、、死のう死ぬしか無い」

 

やはり「エロ」方面で楽しみにしている方々がたくさんいらっしゃいます。原作コミックがあれなので、期待してしまうもの無理もない話ですが・・・。

『電影少女』ドラマと原作コミックとの違いをまとめてみました。

 

冷静な意見も・・。

 

もちろん、地上波のドラマですし、いくら深夜0時20分開始のドラマでも、さすがに過激な描写はできないとわかっている視聴者の方々は、今から冷静な視点を持っておいでです。

 

「制作サイドは今の時代に鑑みて放送をするという方針で、原作通りにはやらないという話をしているから大丈夫じゃないの?」

「電影少女は地上波では物足りないものしか作れないやろな。西野七瀬可愛いけど。」

「原作比較論があるようですが、そもそも私は原作を読んでないし乃木坂のファンでもないので、単純にテレ東作品としての「電影少女」に期待しています。」

原作を知っていれば、あの描写を再現することは不可能なことはわかっているので、現時点で、かなりあっさりとしたドラマになるのは避けられない事態でしょうね・・・。

 

ただ、乃木坂46の、しかも人気メンバーが出演するということで、「エロ」要素は封印されることになるのは間違いないとみなさんわかっているとは思いますが、それでもつい期待してしまっている、という雰囲気ですね。
ただ、「一体どんなドラマになるんだろう」と、原作を知っている人からはかなり注目されている様子です。

 


スポンサードリンク


 

 

ドラマ初主演!西野七瀬さんの演技力は?

nisinonanase

出典:http://www.nogizaka46.com/member/detail/nishinonanase.php

さて、この『電影少女』が連続ドラマ初主演となる西野さんですが、今までの演技の評価はどんな風になっているのでしょうか?

「西野七瀬の演技がめちゃくちゃ好きだったりする」

「西野七瀬って演技めちゃくそ下手だけど大丈夫???」

「ななせまるが電影少女やるのか!あさひなぐでの演技もよかったしこれは期待ですな」

「「電影少女」の天野あい役が西野七瀬って、 合ってないと思うんだけど… そもそも演技力にも難ありだしねぇ。 」

「西野七瀬女優街道まっしぐら。あさひなぐ観てても演技上手いから抜擢されるのも納得」

「西野七瀬さんの演技と佐藤二郎さんの演技にムロツヨシさんまで加わってた「宇宙のお仕事」が最高に面白かったからみんな見て」

「なぁちゃんめっちゃ演技上手くなってる」

「あさひなぐ観てきた!!七瀬とまいやんの演技に魅せられた♪」

「白石麻衣も西野七瀬も完璧な演技だけに、演出と脚本が惜しい。」

「例えば主演の西野七瀬さん、内向的で大声が出ない、声を張っても息がスースー漏れてしまうタイプの文化系女子の演技がリアル」

初の主演映画『あさひなぐ』での評価が軒並み高めです。今まではそれほど評価されてこなかった西野さんの演技力ですが、『あさひなぐ』での演技で、一気に評価を上げているように感じられます。

 

映画『あさひなぐ』では、文科系女子で、内向的で声が出ない、というどちらかというと「本人に近い」役柄ということで、「適役だった」ために多くの人に演技を評価された面も否めないのですが、今回の『電影少女』では、男っぽい口調もあるような元気な女の子役。

 

このキャスティングが吉と出るか凶と出るか、放送されてみないとまだ未知数ですね。

 

 

福田雄一監督激押し!コメディエンヌの才能が?

utyuumnosigoto

実は西野七瀬さん、出演したドラマ『宇宙の仕事』にて、地球防衛軍メンバーを演じていますが、このドラマの監督が、『勇者ヨシヒコ』シリーズで知られる福田雄一監督。

 

佐藤二郎さんやムロツヨシさんなど、個性は俳優を多数起用する、「売れっ子監督」の一人ですが、この福田さんが西野七瀬さんのことを絶賛していたらしいです。

fukudayuuitituitta

 

映画『あさひなぐ』でもこめでぃたっちの部分が評価されていた可能性もありますし、今度の『電影少女』も、内容によっては絶賛される可能性も出てきましたね。

 

 

 

でも、ビジュアル評価は満点に近い?

2017-11-17_191902

出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/videogirl2018/news/

 

演技や、エロ描写に対しては不安を抱かれている西野七瀬さんですが、公開されたビジュアルイメージに対しては、びっくりするほどいい評価が集まっています。

 

「演技力は期待しないし、原作のエロはもっと期待できないけど、西野七瀬のビデオガール、悪くないと思う。」

「久々にアイちゃんとしておかしくないと思いました。演技がどうかは別だけどね(あさひなぐも見てないし、西野七瀬さんの演技がうまいかどうか知らないので)。」

「電影少女のアイちゃん西野七瀬に決まったけど写ってるアングルは結構似てる!意外とビジュアルは原作寄りだ。あとは演技のテンションだな。」

「西野七瀬ちゃん起用でビジュアルに関しては1億点差し上げます(^ω^)あとは演技だ」

「「んん・・・たしかにビジュアル的な再現度は高い・・・それゆえに美尻へのハードルが上がってしまうのも致し方なしか・・・」」

普通、人気漫画の実写化では、最初のビジュアルのイメージが公開された時点で酷評が相次ぐものですが、今回はかなり高い評価。雰囲気も含めて「アイ」を再現できているという高い評価が集まっています。
そしてみなさん、口々に「あとは演技だな・・・」というコメントを残していますが、ビジュアルイメージで評価を上げてしまった以上、仕方ない事なのかも知れませんね・・・。

まとめ

MBPR_9V9A8323_TP_V

今回はドラマ『電影少女』実写化のヒロインが西野七瀬さんに決定したことに対しての反応をまとめてみました。

 

30代後半から40代にかけての男子にとっては、「青春の隠れたバイブル」的な存在のコミックだけに、いろいろと意見があるようですが、あとは実際の放送を待つしかありませんね。

 

まだ、他の重要な役どころも発表されていませんし、まだまだ話題を呼びそうな『電影少女』の実写化なのでした・・・。
さてさて、いったいどうなるんでしょうかね?


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 00_PP39_PP_TP_V
  2. dash160214470I9A8207_TP_V4
  3. youDSC_0044_TP_V
  4. 150415342006_TP_V
  5. yuka0I9A1561_4_TP_V
  6. 00_PP39_PP_TP_V
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。