【人は見た目が100%】桐谷美玲の演技はもう下手でいい?

この記事は3分で読めます

VV9V9A3087_TP_V

こんにちはうさぎ♪です。

2017年春ドラマの放送がまじかに控えていますね。冬ドラマはあまり乗れるのが多くなかったのですが、春のほうが面白そうなドラマがたくさんありそうなので、楽しみです。
ドラマって相性もあるから、自分に合ったドラマが見つかるといいんですけどね。

「少女漫画原作」のドラマはもうすでに「当たり前」の最近のドラマ界ですが、今回紹介するドラマも原作は漫画。そして主演は桐谷美玲。そしてその役柄が「女子力ゼロの非モテ女子」と・・。あれ?この設定どっかで見たような・・。

ということで今回は、ドラマ【人は見た目が100パーセント】に出演する桐谷美玲さんの演技力についていろいろ調べて、そして自説を展開していきたいと思います。

そう、桐谷美玲さんには、もう演技力は必要ないんです!

『好きな人がいること』桐谷美玲の演技上手くなった?評判は?

スポンサードリンク

ドラマ【人は見た目が100パーセント】桐谷さんの役柄は?

さて、今回はどんな役柄を演じられるんでしょうか?

hito100

そもそもこのドラマ【人は見た目が100パーセント】ですが、大久保ヒロミさんの『人は見た目が100パーセント』という漫画が原作。10代から40代の幅広い女性から支持されている作品らしいです。

そして桐谷さんが演じるのが、

 

桐谷さんが演じる主人公の城之内純(じょうのうち じゅん)は、製紙会社に勤務する真面目で見た目はさえない理系女子の研究員。「自分に自信がない」「男性にモテたことがない」「ガールズトークが得意ではない」「メイクやおしゃれもほとんどしない」「イケメンや美女には目も合わせられない」「自分の容姿を褒められたことがない」という、とにかくないないづくし。研究に没頭し、「女子力」や「美」に背を向けた人生を歩んできたばかりに、おしゃれ偏差値が最底辺になってしまった女性です。
http://www.fujitv.co.jp/hitopa/introduction/index.html

 

この漫画にでてくる「女子もどき」という言葉がちょっとした流行語になっていたりするらしいです。

この「恋に奥手な女子」という設定、前回の桐谷さんの主演ドラマ『好きな人がいること』でもそんな設定だったような気が・・・。今回は「奥手」では済まされない「女子モドキ」らしいですが、どんなことになるやら・・。

桐谷さん、演技はもう下手でも大丈夫?コメディ桐谷を評価。

rp_a0002_001517-300x208-300x2081-300x208-300x208.jpg

桐谷美玲さん、演技に関しては毎回ネット上で「酷評」されるのが常でして、前回の主演ドラマ『好きな人がいること』でも盛大にネットで叩かれていました。

「桐谷美玲の演技ほんまにきらい」

「桐谷美玲の演技ってどうにかならんの?ってこんな朝から思う。可愛いだけで月9でれちゃうのすげぇな」

「とりあえず月9見て、きゃ♡ってなってるけど桐谷美玲の演技わざとらし。細くて可愛いのに」

「とりあえず月9見て、きゃ♡ってなってるけど桐谷美玲の演技わざとらし。細くて可愛いのに」

こんな具合に、桐谷さんファン以外からは演技の評価が決して良くない。しかし、今までの桐谷さんとはちょっと趣の違った評価が最近目立つようになってきました。
スポンサードリンク

映画『ヒロイン失格』で得た「コメディ最高!」の称号。

VV9V9A3087_TP_V

桐谷さん、ドラマ『好きな人がいること』でも、オーバーなコメディ演技が目立っていましたが、特に映画『ヒロイン失格』でのコメディ演技が多くの人に評価されていました。

 

「コメディで桐谷美玲の変顔が面白かった。」

「桐谷美玲ちゃんかわいいのにコメディ系が似合うって素敵」

「今の民放のドラマはコメディ要素が必要だからコメディエンヌが必要なのだろうなあ、ガッキーとか桐谷美玲とか石原さとみとか」

「でもやっぱ桐谷美玲のコメディが最高ですw」

「桐谷美玲はコメディに出てる時が好きだな。ヒロイン失格の美玲ちゃんは可愛い」

一般の視聴者の方々も評価していましたが、今回このドラマのプロデューサーさん、 草ヶ谷 大輔さんも、桐谷さんの起用した理由をこんな風に述べています。

 

モデルだけでなく、女優・声優、そしてニュースキャスターと次々と活躍の場を広げ、常に新しい事に挑戦し続けていらっしゃる桐谷さんにふさわしいと思い、オファーさせていただきました。過去、作品の中で“変顔”や“どじょうすくい”など、大胆なお芝居にも挑戦し、多くの話題を集めた桐谷さんが、今回、新境地である“ヒト科女子モドキ”をどんな風に演じていただけるのか、今から楽しみにしています
http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2017/170125-i016.html

 

 

このドラマ、もちろん「女子」の共感を得ることが必要なので、女子からの好感度の高いのは必須ですが、コメントの最後のほうの「過去、作品の中で“変顔”や“どじょうすくい”など、大胆なお芝居にも挑戦し、多くの話題を集めた桐谷さん」という部分に注目。

要するに、演技力重視ではなく「変顔も、大胆なコメディもできるから」とうい起用理由みたいです。

このドラマ、主演の一人に最近人気の「ブルゾンちえみ」さんも出演が決まっているということで、かなり「コメディ」要素の強ドラマになりそう。桐谷さんの「コメディエンヌ」の才能が、さらに開花するかも知れないのが、このドラマの見どころですね。

まとめ

rp_pasokon-300x200.jpg

今回は、ドラマ『人は見た目が100パーセント』の出演する桐谷美玲さんの演技力について調べてみました。

前回主演を務めた『好きな人がいること』では、演技がオーバーだとか言われていましたが、個人的には作品にマッチしてたような気もするし、『ヒロイン失格』では、変顔がかなり好評だったし、だんだんと桐谷さんの上手な使い方を、作品を作る側もわかってきているのではないかと感じています。

今回のドラマで、桐谷さんの「本来の」魅力がさく裂することになるかも知れないので、結構注目しています。さて、どうなるんだろうか・・・。めちゃくちゃ吹っ切ってやってほしいなあ・・。
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. OOK151013070I9A9870_TP_V
  2. INA85_recyoukonndensam_TP_V
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。