三浦翔平の演技力はすごいのに、イケメンが評価を邪魔してる?

この記事は4分で読めます

a7

こんにちはうさぎ♪です。

2018年4月に放送されるドラマ『正義のセ』

吉高由里子さん主演の、新米検事が主役のドラマですが、このドラマで、吉高さん演じる凛々子の先輩検事として三浦翔平さんが出演されます。

 

これといって目立った代表作がないように感じる三浦翔平さんなのですが、どのクールにも、どこかのドラマにはちゃっかり出演しているような気がします。

 

ドラマだけでなく、舞台『髑髏城』での演技の評価も高かったみたいですね。

 

そんな三浦翔平さんの「演技力」にスポットを当ててみたいと思います。どうやら、三浦さんの演技は「イケメン」なせいで正当な評価をされていないような気が・・・。

正義のセ:あらすじ・キャスト報告!高視聴率が確定してる?

『好きな人がいること』三浦翔平の演技の評価まとめ!かっこいいんだけど・・。


スポンサードリンク


 

 

三浦翔平さんのプロフィール

 

miurasyouhei

出典:https://shohei.fanmo.jp/

本名:三浦翔平

生年月日:1988年6月3日(28歳)

出身地:東京都調布市

身長:181 cm

血液型:A型

 

2007年の「第20回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」にて「フォトジェニック賞」及び「理想の恋人賞」を受賞!2008年にテレビドラマ『ごくせん 第3シリーズ』で俳優デビューを果たし、そこから注目されます。

 

2011年には映画『THE LAST MESSAGE 海猿』にて第34回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど、演技に関してもいい評価を得ている俳優さんです。

 

ちなみに、三浦翔平さん、ドラマのエキストラをしていて知り合ったおばちゃんに、いつの間にか第20回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストに応募されていたらしいです・・。珍しいいきさつですね・・・。

 

 

 

三浦翔平さん、いつも「ちゃっかり」ドラマに出演している?

 

SAYA0I9A8798_TP_V

 

三浦翔平さん、目立った主演ドラマや代表作というものには恵まれないものの、いつもどこかのドラマに「ちゃっかり」出演されている気がします。

 

2008年にドラマ『ごくせん』で注目されてから以降、毎年毎年、どこかのドラマには出演されています。それもBSや、深夜枠ではなく、注目度の高いドラマにコンスタントに出演していて、かなり「重宝」されている様子です。

 

脇役として重宝され過ぎて、2017年に9月のドラマでは『僕たちがやりました』『警視庁いきもの係』と、二つのドラマに出演、しかも両方刑事役という珍しい事態に陥っていました。

 

両方とも「刑事役」だったので、台本を間違えて持って行ってしまったこともあったとか・・・。

まあ、同時期にどっちも刑事役だったら、そりゃ間違えますよね・・・。


スポンサードリンク


 

 

 

舞台『髑髏城』での演技が圧巻?

 

dokurojyo

出典:http://www.tbs.co.jp/stagearound/tsukidokuro/

 

三浦翔平さん、 劇団☆新感線『髑髏城の七人』とういシリーズ作品の一つに、2017年11月から2018年の2月まで出演していますが、ここでの舞台演技がなかなか評価が高いみたいです。

 

 

「福士蒼汰も三浦翔平も民放ドラマのイメージしかなくて油断してたらぶっすりやられた…ビジュアルもだけど演技力が凄かった…さすが舞台演る役者さんだわ…。」

「髑髏城は、三浦翔平がこんなに殺陣と演技できんのか!

「三浦翔平はほんと今まで舞台やってきてたんじゃないかってくらいの発声の良さ 狂った演技もいいし殺陣もかっこええしこれからも舞台出てほしいな

「蘭丸な三浦翔平くんが、あんなにイケボで舞台映えし殺陣が上手いとか知らなかった。」

「意外だったのは三浦翔平さんかな、すいませんなめてましたとてもいい演技です、この先もっと舞台やってください。」

今回の一番凄いのは三浦翔平くんやわ。早乙女太一くんが殺陣も舞台演技も出来るのは周知の事実やけど、三浦翔平くんが上手い!殺陣もスピードがあって止めと抜きが出来てる。声も腹から出てる」

意外だったのは三浦翔平の演技、殺陣が良かった!」

この舞台で、三浦翔平さんへのイメージがガラッと変わった人が沢山いたみたいです。とにかく圧巻だったと驚いている人が多数いたみたいですね。

いままで三浦さんに対して抱いていたイメージとは、演技力が格段にかけ離れていたみたいです。

 

 

 

イケメンが演技の評価を「邪魔」をしてる?

 

a7

 

テレビドラマでは引っ張りだこの三浦翔平さん。舞台でもその演技力を見せつけ、話題になっていましたが、一番最近の三浦さんのドラマ出演でも、演技力が高く評価されていました。

 

「三浦翔平さんの演技、すごいな。『僕やり』も『いきもの係』も刑事の役やってるけど、役の性格が全然違って、同じ人が演じてるとは思えん。

三浦翔平ホント演技上手いよなぁ…いきもの係にも出てると思えない」

「三浦翔平さ、今期のドラマで、「警視庁いきもの係」と「僕たちがやりました」のふたつでてる。
しかもどっちも刑事役だけど、役柄の雰囲気とか全然ちがうから、演技力すごいなーって思った。

「どの賞にも三浦翔平が入ってないだと!『僕やり』『いきもの係』、客観的にこの数年鍛えてきた彼の演技の、1つの到達点=成果だったと思うけどなぁ。あの演じ分けもなかなか出来るもんじゃない。」

ドラマに多数出演され、重宝されるだけのことは合って、今までも演技を高く評価されていたんですね。

 

ただ、どうしても三浦翔平さんを評価する際に、「イケメン」という印象がぬぐえないのが、彼の演技の評価を「邪魔」しているんじゃないかと感じました。

 

 

「月ドクロの三浦翔平君の演技、凄かったですよねぇ!爽やかイケメンのイメージしかなかったんですけど..。一番の驚きでした。」

「福士蒼汰くんとか三浦翔平くんとか早乙女太一くんとか、もうイケメンすぎるし、演技の迫力も凄かった!!」

「三浦翔平のファンって居なそうだから熱愛発覚とか誰もダメージなさそう。イケメンってだけで演技がつまらない人って人気出ないよね。

「最後の壮絶な殺陣シーンが圧巻の福士蒼汰君、立っているだけで美しい三浦翔平君。チヤホヤされるただのイケメンじゃなかった‼️努力し進化する姿は本当に美しい」

「いきなりだけど三浦翔平って前はチャラくてイケメンが売りだったけど今は演技派俳優だなって思うんだけどどう?」

 

どうしてもドラマの「イケメン枠」「イケメン要員」というイメージが強くて、そもそも演技を真剣に、公平に評価されていないような気がします。

 

どうせイケメンでしょ?どうせ事務所の力でしょ?という先入観に、案外三浦翔平さん自身が苦しんでいるのかも知れないなあと感じました。

 

 

まとめ

 

PAK58_mihirakitecyoutopen_TP_V

今回は2018年4月に放送されるドラマ『正義のセ』に出演する三浦翔平さんの演技の評価についてまとめてみました。

 

三浦翔平さん、ここまでドラマに重宝されて、しかも人気も高いのに、その「イケメン」が邪魔をして、やっぱり正統に評価されていなかったみたいです。

 

そういった経緯もあって、舞台での髑髏城は、三浦さん自身も「自分の演技力を知らしめてやる!」という意気込みがあったのかも知れないなあなんて、勝手に想像をめぐらしておりますが、どうなんでしょうか?
今度のドラマ出演でも、きっと「イケメン」「かっこいい!」ということろが注目されることになると思いますが、顔でなく、演技に注目したら、三浦さんの新しい魅力が発見できるかも知れませんね。
ということで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ドラマ『正義のセ』の脚本家松田裕子。原作ありだと高視聴率確定?


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. a3
  2. a3
  3. PAK57_karaokedekimeruhost_TP_V (1)
  4. a3
  5. 00_PP39_PP_TP_V
  6. SAYA0I9A8798_TP_V
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018春ドラマ視聴率ランキング!

ドラマ『アンナチュラル』のトリビア、豆知識をまとめました!

2018冬ドラマ差入れをまとめてみました♪