モンテクリスト伯:視聴率・評価・感想。数字は低いが高評価?

この記事は5分で読めます


こんにちはうさぎ♪です。

2018年4月19日に放送されたドラマ『モンテクリスト伯』

 

名作文学作品を原題の日本ドラマとしてリメイクした作品。ディーン・フジオカさん主演の「復讐劇」ですが、どんな評価がされているんでしょうか?視聴率なども含めて、いろいろ調べてみたいと思います。

モンテクリスト伯:山本美月のショートヘアーはウィッグでした。

モンテクリスト伯:守尾役の高杉真宙は顔も演技もかっこいい!


スポンサードリンク


 

ドラマ『モンテクリスト伯』視聴率は?

a5

では、さっそく数字を見ていきましょう!

 

1話 5.1%

2話 5.7%

3話 7.1%

4話 6.5%

5話 5.3%

6話 6.0%

7話 5.9%

8話 7.4%

9話 6.8%

平均視聴率 6.23%

 

この枠の過去のドラマの数字を見てみましょう!

 

・『隣の家族は青く見える』初回7.0% 平均6.26%
・『刑事ゆがみ』初回7.6% 平均6.53%
・『セシルのもくろみ』初回 5.1% 平均 4.5%
・『人は見た目が100パーセント』初回視聴率9.5% 平均6.44%
・『嫌われる勇気』初回視聴率8.1% 平均6.53%
・『Chef』初回視聴率8.0% 7.05%

 

1話目から意外にも低い視聴率になってしまいましたね。

 

この枠最低だった『セシルのもくろみ」と初回視聴率が一緒です・・。

 

憶測ではありますが、初回視聴率の良かった、この日の21時から放送していたドラマ『未解決の女』が、22時を超えて数分間放送されていたために、モンテクリスト伯に視聴者が切り替わらなかったのかも知れません・・・。
物語の導入となる「1話」は、確かにすっきりする内容ではなかったのですが、正直、復讐の前提となる1話の視聴率が低いとなると・・。この先ちょっとヤバそうな雰囲気です。

 

どうなってしまうんでしょうか・・・。

 

『モンテクリスト伯』評価・感想は?

00_PP39_PP_TP_V

今度は評価・感想をまとめてみたいと思います。

 

いろいろあるのでひとつづつ見ていくと・・。


スポンサードリンク


 

・拷問シーンが辛すぎる!

かなり多かったのですが、このドラマ1話の後半、主人公演じるディーンフジオカさんが、執拗に、延々と拷問を受けるシーンがあるのですが、なかなかリアルで、見ているのがつらいというコメントが多かったです。

「主人公が拷問を受けるシーンは強烈でしたが、海外ドラマの24に比べたらまだマシでしたので何とか見られました。」

「拷問のシーンでは思わず涙が…。」

「拷問シーンやり過ぎやろ!見てられなかった。」

「モンテクリスト伯観てるけど地獄では?拷問シーンがとにかく長い 愛は勝つんじゃなかったの?」

「モンテクリスト伯、ドラマでここまでやるのっていってたけど拷問シーンとか徹底的にやってて目を背けたくなるくらいリアルだった。」

主人公が殴られて血だらけになるシーン、だったり、顔に布をかぶせられて水攻めにされるシーンなど、なかなかリアルかつ迫真の拷問シーンが結構な時間続くので、見ていてしんどい気持ちになった人が多かったみたい。

 

ただ、何の罪もない主人公が、幸せの絶頂から一気にひどい境遇に放り込まれてしまう理不尽が、あの長い拷問によって表現されていました。筆者も見ていてつらくなったので、ドラマとして成功だったと思います。

 

拷問のシーンのリアルさは、きっとディーンさん自身が「もっとこうしたほうがいいんじゃない?」とか提案していそうな気がするんですが・・・。
ちなみに、顔に布をかぶせられて水攻めにされるのって、めちゃくちゃ怖いらしですよ・・。

 

 

・演技には賛否ありました。

このドラマ、特に主演の3人、ディーン・フジオカさんと大倉忠義さん、そして山本美月さんの演技に対する評価が割れていました。

 

「ディーンさんのコミカルな演技は悪くなかった。」

「ディーンさんやべぇ。。今キョー見てから好きなったけど演技も上手くてイケメンで最高やないか!

「DEANFUJIOKAかっこいいけど全体的に演技がクソ。」

「昨日のディーンフジオカの演技は相変わらず下手だったなぁ。ストーリーは復讐劇だから面白そうだけど演技が…。」

「数字が悪かったのは、試しに見てみようとした人の見る気をくじくほど主演のディーンさん含むメインの3人があまりにも素人臭い演技だったからじゃないかな 」

特に言われているのが主演のディーンフジオカさんの演技。

 

ただ、1話では、理不尽に拘束されてしまう前の「好青年」をディーンさんが演じているので、そこが不自然に感じられたみたいです。バカっぽい田舎の漁師役にはディーンさんは似合わない、そういうことで不評なんだと思います。

 

きっと復習が始まったら、ディーンフジオカさんの本領発揮!となるでしょうね・・。

 

演技は確かに「めちゃくちゃうまい!」という雰囲気ではありませんでしたが、物語にのめり込んでいたためにそんなに気になりませんでした。

 

 

「つまらない!」「もう見ない!」という評価は少な目!

演技に関しては評価が低いものもありましたが、物語自体には魅力があったみたいで、「見るの辞める!」「つまらない!」という評価は少なめです。

 

「今期のフジTVはドラマが凄くないですか?勿論キャストもそれぞれいいんだけど脚本が良いのもってきてて、どれも惹き込まれるし、3本とも毎週見たいドラマだ。」

「面白い!原作を知らないので、期待と不安半々で視聴したんですが、中盤からラスト近くは食い入るように見入ってしまった。」

「久しぶりに次の展開が気になるくらい面白そうな予感がする波乱の幕開けでした。確かに原作はだいぶ昔の作品で時代背景が違うので多少の時代錯誤や強引なところがあるがそれでも惹き込まれました。出演俳優陣も豪華で良かった。」

もともと「名作文学」がベースになっているので、やっぱり物語自体にはものすごい魅力があるんでしょうね。「次が気になる!」という評価が多めでした。

 

あと、今期の「フジテレビ」のドラマの評価が悪くないので「今期のフジテレビはいい!」という評価も多いです。

 

フジテレビさん、ようやく信頼を取り戻しつつあるみたいですね。

 

全体の評価をまとめてみると・・。

rp_YUKA20160818230216_TP_V-1024x8291.jpg
いろいろされている評価を全体的にまとめてみると、お話自体にはすごくのめり込んだし、楽しめた人が多かった印象です。展開の速さについていけない人もいたみたいですが、テンポも速く、次々に進んでいく物語に引き込まれた人は多かったです。

 

ただ、演技に関しては不評がちょっと多め。ディーン・フジオカさんの演技は、結構好みが分かれるみたいですし、まだ復讐を始める前の「イノセントな」役柄だっただけに、いつものイメージとかけ離れていて違和感を感じた人は多かったです。

 

拷問のシーンはなかなかの迫力で、目を背けてしまう人も。ただ、あの拷問のシーン、そして地元で必死に抗議活動をしている恋人の描写などがあるからこそ、これからの復習が面白くもなるので、まさに「これからが楽しみ!」な展開になってきていますよね。

 

さすが、原作が名作文学だけあって、内容は外していないみたいです。

 

ただ、それなのに初回の5.1%という低い視聴率に驚いた人は多いみたい。ドラマ『花のち晴れ』も、ツイッターが不具合を起こすというハプニングがあったにも関わらず低い視聴率だったこともあって、だんだんと「視聴率って意味なくね?」という風潮が広がりつつあるみたいです。

 

どちらにせよ、「これから」が重要なドラマなことは間違いないので、この先の「復讐劇」が始まってからが、本当の評価になるでしょうね。

 

 

ドラマ『モンテクリスト伯』実際に見てみた感想!

SAYA0I9A8798_TP_V

筆者も実際に見てみました!

 

ドラマ冒頭に、KANのヒット曲「愛は勝つ」が流れてきたときはすごく照れくさくて視聴をやめようかと思いました(笑)が、見ていくうちに、「結婚式に流す動画ですよ」ということがわかって安心しました。じゃなかったら、今時真剣に「愛は勝つ」を流すドラマなんて神経疑うぜ!と思ってしまいます。

 

1話では、このドラマの主人公が「幸せだった」ころのことを描いているので、登場するみんなが終始浮かれているし、そして中途半端に「90年代っぽい」演出が多かったりして、なんだかすごく照れくさいシーンが多かったです。

 

まあ、それはともかく、お話が進むにつれて、だんだんと状況が怪しくなっていき、最終的には最悪の状況に追い込まれていく主人公を見ながら、すごく「悔しい」気持ちになりました。拷問を受けている主人公に対して感情移入している自分がいました。

 

正直ドラマにのめり込むってなかなかないんですが、今回はしっかりとのめりこめました。そしてこれからの復讐が楽しみになってきました(笑)

 

怪しいけれど、まだまだ伏線のみで明かされていないことばかりですし、これから明らかになっていくであろう真実に、わくわくしてしまいす。

 

内容的にはすごく楽しみましたが、やっぱり主演3人の演技は、確かにちょっと違和感を感じました。ディーンさんの演技、やはりちょっと癖があるというか、日本人の中では浮いているというか、温度差を感じずにはいられませんでした。

 

ただ、脇を固める俳優さんはみなさん安定の演技力だったので、ドラマが崩れることがなく、最後まで楽しむことができました。

 

結構楽しめたので、低い視聴率が信じられませんが、おそらくこれから少しずつ伸びていくと思うので、今後に期待ですね。

 

これからどんどん面白くなっていくと思うので、まずは1話を見ておいたほうがいいドラマだと思います。

 

まとめ

matome

今回はドラマ『モンテクリスト伯』の視聴率と評価・感想をまとめてみました。

 

演技やところどころの演出に多少のツッコミどころはあるものの、それでも本筋の物語が面白いので、おすすめできるドラマだと思います。

 

今期のフジテレビのドラマ、視聴率こそ伸び悩んでますけど、そこそこ楽しめるものも多いので、一度は見てみてほしいなと思います。

 

というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

モンテクリスト伯のディーン主題歌が「世界最先端」ってホント?

ドラマ『モンテクリスト伯』すみれ役山本美月。かわいい演技に注目!


スポンサードリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサードリンク