『陸王』山崎賢人の演技下手なのは彼のせいじゃない理由。

この記事は4分で読めます


 

こんにちはうさぎ♪です。

10月15日にTBSで放送が始まる日曜劇場のドラマ『陸王』

rp_rikuou-300x201.png

『半沢直樹』『下町ロケット』で知られる池井戸潤さん原作のドラマ。2017年秋ドラマの中でも、大注目のドラマです。

 

このドラマに出演する、今、若い女性を中心に絶大な人気を誇る俳優、山﨑賢人さん。

今まではどちらかというと、”演技はイマイチ”と評価されがちだった山崎さんでしたが、今度のドラマ『陸王』では、そのよくない評価が大きく変わるのではないか?と見ています。

 

今回はドラマ『陸王』に出演する山崎賢人さんの演技の評価が、このドラマ出演をすることで大きく変わるのではないか?その理由について書いてこうと思います。

 

ドラマが始まったら「あれ?いつもの山崎賢人じゃない!」「演技うまかったんだ!」という評価に変わっているかも知れませんよ。
スポンサードリンク

ドラマ『陸王』に出演する山崎賢人さんの役柄は?

yamazakikento

出典:TBS

さて、山﨑賢人さん、ドラマ『陸王』ではどんな役を演じているのでしょうか?

 

宮沢大地(みやざわ だいち) 「こはぜ屋」社長宮沢紘一の長男

大学を卒業したものの就職に失敗。「こはぜ屋」の手伝いをしながら就職活動をしているが、自分が本当にやりたいことを見つけられずモヤモヤしている。将来性の無い足袋屋は継ぎたくないと、父親に反発しているが…。
出典:http://www.tbs.co.jp/rikuou_tbs/character/index.html

 

今回山崎さんが演じるのは、主人公である「こはぜ屋』社長、宮沢紘一(役所広司)の息子、宮沢大地役。

 

大学を卒業したけど、就職がうまくいかずに父親の仕事を手伝っているという役柄。
山崎賢人さんといえば、漫画原作のドラマや映画の主役を演じることが多く、「少女漫画に出てくるイケメン」だったり「ジョジョ」だったり「超能力者」だったりと、現実離れした役柄が多かったのですが、今回はかなり「真面目」な役柄。

 

最初は父親である紘一に反発するという設定らしいですが、予告でもありましたが、山﨑さんの熱い演技が見られそうでとても楽しみですね。

 

しかし、今まで演技にいい評価をもらっていなかった山崎賢人さん、記事ではこんな風にいらん心配をされたりしていました。

 

「山崎は竹内と違ってガツガツしたタイプではないですが、今年だけですでに『一週間フレンズ。』『ポエトリーエンジェル』『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』と3本の映画に出演。さらに10月21日には主演の『斉木楠雄のΨ難』、11月3日には広瀬アリスとW主演の『氷菓』も公開を控えているほど“女性客を呼べる俳優”として重宝されています。しかし、“国宝級イケメン俳優の1人”と呼ばれている一方で、実は演技力がさほど高くないことはファンも認めるところ。今回のドラマで、野心家の竹内と比較されるわけですから、俳優としての差が露わにならないかと映画製作関係者から心配の声があがっているそうです」
出典:http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20171009/Asajo_38493.html

同じドラマに出演することで、山﨑賢人さんと、竹内涼真さんの演技が比べられ、山﨑さんの評価が大きく下がってしまうのではないかという記事です。
確かに、今までが評価があまりよくなかった山崎さんですが、今まで演技が下手だと評価されたのには、山崎さんのせいではないいくつかの理由があると思うのです。

その理由を、これからいくつか挙げてみたいと思います。

山崎賢人の演技、評価が低い理由その1「実写化映画、ドラマばかりに出演している」

CCC9V9A9928_TP_V
山崎賢人さん、現在でも公開を待っている作品があるほど、とにかく「漫画やアニメの実写映画、ドラマ」ばかりに出演しています。主に主役であることが多く、山﨑さんの人気のすごさがわかりますね。

 

しかし、その「漫画、アニメの実写」ばかりに出演しているせいで、山﨑賢人さんの演技が悪く評価されるのではと思うのです。
「漫画・アニメ実写」のドラマや映画は、基本的に「叩かれる」ことが多いですよね。原作の漫画やアニメのイメージが強く、誰が演じることになっても、「叩かれる」「炎上する」ことが避けられないという辛い役柄。
原作のファンにしてみたら、山﨑さんがどんなにいい演技をしたとしても、原作のイメージとちょっとでも違えば「下手」に見えてしまうという理由で、演技が下手だと評価されていることもあると思います。
スポンサードリンク

山崎賢人の演技、評価が低い理由その2「演じる役柄が似ている」

OOK92_tatakausarari-man20131223_TP_V
山﨑賢人さん、実写化映画やドラマに出演することが多いのですが、役柄も基本的には「イケメン」役での出演が多いですよね。しかも演じる内容は、少女漫画の主人公であることが多い。つまり、「漫画的な演技」を要求されることが多いですよね。
イケメンの漫画的な演技となると、普通に見たら「あり得ない」ような演技があったりもしますから、その演技を見て「演技が下手」と評価されているのではないかと感じています。
また、似たような役柄ばかり演じているため、演技の幅が広がらないという問題もあるかと思います。

 

山崎賢人の演技、評価が低い理由その3「そもそも、演技力が必要とされてない」

CK0I9A9034_TP_V

ちょっと乱暴な言い方だとは思いますが、そもそも、演技力がそれほど必要とされていないのではないかというのが、理由の3つ目。

 

山崎賢人さん、“国宝級イケメン俳優の1人”と呼ばれるほど女性からの人気が高い俳優さん。それが理由で、実写映画、ドラマにもたくさんの作品に起用されています。

 

しかし、実写版の映画の場合、そもそも原作のファンが沢山いて、しかも主演に山崎賢人さんがいれば、内容はどうであれ、お客さんはたくさん入ります。つまり、そもそもそんなに高い演技力を要求されていないというのも原因の一つではないかと思います。
どんな俳優さんでも演技を上達させた陰には、指導者からの厳しい指導があったりするものですが、「アニメ・漫画実写映画」という、クオリティーがそれほど重要視されないな映画やドラマに多数出演している山崎さん、演技の技術を向上させる機会を奪われているという言い方もできると思います。

 

クオリティーが重要視されていないというと失礼過ぎるかも知れませんが、実際にクオリティーに関して関心がなさすぎると感じる作品も多々あるので、あえてこういう表現をさせていただきました。

 

山崎賢人、これからは渋い役柄が増える?

hitsujitohaganenomori

 

映画『斉木楠雄のΨ難』では振り切ったコメディ演技、そしてドラマ『陸王』では、父親に対して反発する息子の役柄、そして2018年には、本屋大賞を受賞した作品『羊と鋼の森』の実写映画にて主演を務めると、今までと違って一気に役柄の幅が広がります。

 

映画『羊と鋼の森』では、ピアノの調律師といういつもよりシブ目の役柄ですし、これからさらに「演技力」を要求されることになっていきます。

 

今までは、あまり幅のない役柄ばかりでしたが、これからはさらに俳優としての演技力を試されることになる山崎賢人さん。

 

今までは人気でいろんな作品に抜擢されてきましたが、これからその”実力”に注目が集まるようになるでしょうね。

ドラマ『陸王』では、いい演技を見せるはず!

PAKU6462_TP_V

2017年10月15日に始まるドラマ『陸王』。TBS日曜21時からの『日曜劇場』という枠で放送されます。

 

このドラマ枠、男性視聴者が多いドラマ枠。出演するのも、主要な俳優さんは男ばっかりの、熱血お仕事ドラマ。山崎さんにとっては今までなかった「暑苦しい演技」が要求されることになりますが、個人的には、山﨑さんはこういった「熱い演技」のほうが魅力を発揮できるんじゃないかと予想しています。

 

原作は池井戸潤さんで面白さは保証されていますし、共演する俳優さんもベテランばかり。周りのいい演技に引っ張られて、すごくい演技を見せてくれるんじゃないかと思っています。
今まで正直、いい作品に恵まれてこなかったような気がする山崎賢人さん、このドラマで、ぜひ大きく評価を上げていってほしいなと期待しています。

 

 

まとめ

rp_GORIPAKU2069_TP_V-300x244.jpg

今回はドラマ『陸王』に出演する俳優、山﨑賢人さんの演技力についていろいろと調べてみました。

今までは演技の評価も今一つだった山崎さんですが、原作も監督もスタッフも一流のそろっている「日曜劇場」の舞台で、大きく活躍してくれるといいですね。

 

個人的には非常に楽しみにしています。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. HW20160702285716_TP_V
  2. noroiwokakeruTSU_TP_V
  3. PAKU6462_TP_V
  4. OOK151013120I9A1285_TP_V
  5. HW20160702285716_TP_V
  6. KIM150922247482_TP_V
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。