2018春ドラマ

Missデビル主題歌が安室奈美恵:ダサい?カッコイイ?どっち?

こんにちはうさぎ♪です。

2018年4月14日に放送開始したドラマ『Missデビル 人事の悪魔 椿眞子』

主演に菜々緒さん、SexyZoneの佐藤勝利さんを迎えたオリジナル脚本のドラマです。

とにかく主演の菜々緒さんの魅力が存分に発揮されたドラマなのですが、このドラマのエンディングの曲が、あの往年のヒット曲、安室奈美恵さんの『Body Feels Exit』でした。

 

この曲がいきなり流れたことにびっくりした筆者でしたが、この曲への反応が実に「様々」だったので、今回取り上げてみたいと思います。

『Missデビル』視聴率・評価・感想!菜々緒と勝利の魅力だけ?

佐藤勝利[SexyZone]演技が下手だった過去を認めていた?Missデビル

Missデビル出演白石聖。かわいいだけじゃない演技派女優?


スポンサードリンク


 

 

 

ドラマ『Missデビル 人事の悪魔 椿眞子』安室ちゃんの曲に、騒然?

 

N112_sonnabakana_TP_V

 

いろいろは反応の飛び交った?ツイッターでしたので、とりあえげて見ようと思います。実は「ポジティブな」反応と「ネガティブな」反応と両方ありました。

 

 

まずは「ポジティブな」方から!

 

 

「安室ちゃんのエンディングはやっぱりテンション上がった。好きなので」

「安室奈美恵の威力ね…私世代がキュンとしないわけがない主題歌の入り方」

「安室ちゃんが主題歌。知らんかったよー、んんんんん、まって最高よ。」

「安室ちゃんの曲合いすぎ!!」

「安室ちゃんのエンディング最高じゃんベストマッチ最強」

「安室ちゃんの主題歌いいところで流れる~~!かっこいい!!この主題歌にしたのセンス良すぎだ」

 

安室奈美恵さんのファンの方はもちろん大喜びな雰囲気です。

 

ドラマの一番重要な部分で、「バーン」とこの曲が流れる演出に、安室さんファン大喜びでした。

 

もちろん、安室さんのこの曲を知らない人にとってもいい印象だったみたいですが・・。

 

 

逆に、「ネガティブ」な意見もとりあげてみると・・・。

 

「急に、安室奈美恵の「Body feels EXIT」流れるの笑うなw」

「菜々緒を見て安室ちゃんを聴くコントだった。」

「えっっ??なんで安室ちゃんの曲??それもこんな昔の曲??
世界観全然合わん!!!」

「安室ちゃんの曲を使ったのは話題作りかな…???」

「なぜここで安室」

 

正直筆者も、それまで真剣に見ていたドラマで、急に、いきなり、昔のヒット曲が流れ始めたので笑ってしまいました。何だこれ!って・・。

 

筆者も安室奈美恵さんの曲は好きですし、この『Body Feels Exit』も直撃世代なので、よく聞きました。
でも、多分直撃世代だからこそ感じることだと思うのですが、かなり古い曲調のこの曲が「バーン!!」とドヤ顔で流れてきたときは「ダサッ!」と感じてしまいました。
きっとこれ、世代によって全然反応ちがうと思うんですが、みなさんはどう感じられましたか?


スポンサードリンク


 

 

安室奈美恵の曲が聞きたくてドラマを見る?

 

hartIMGL0491_TP_V

ドラマに関連するツイートを眺めていると、よく見るのが「主題歌を目当てでドラマを見る」というツイート。それも少数派ではなく、そこそこの数がいる模様です。

 

今回のドラマでも「安室奈美恵さんの曲を聞くために見る」というツイートがちょくちょくありました。

 

「安室ちゃんの曲を聞くためにチャンネル替えた」

「安室ちゃん主題歌目当てで見たけど、面白かったからこれからも見よ」

「安室ちゃんが聞きたいが為に見たけども綺麗なお姉様も大好物。」

安室奈美恵さんの曲が使われるというアナウンスはされていたみたいですが、「昔の曲なのか!」とびっくりした人もいたみたい。
もしかしたら、安室奈美恵の曲を使うという情報で、視聴率アップを狙ったのかもしれません。

 

 

 

挿入歌SexyZone『イノセントデイズ』の評判も良し!

 

kawamura20160818235914_TP_V

 

このドラマでは、辛くも(?)主題歌の座を逃したSexyZoneさんですが、挿入歌として使われていました。

 

ただ、曲調がエンディングテーマにぴったりな曲調なので、ドラマの途中なのに「あれ?1話もう終わり?」と思ってしまいましたが、そうじゃなかったです。

「挿入歌流れた瞬間うるうるきた…。何かこのドラマやばい、、」

「イノセントデイズちょっと聞けたけどいい歌すぎへん?」

「主題歌もいいけど挿入歌もいいね!内容怖すぎるから曲流れたら安心するわ」

「泣きそう。博史絶対いいやつやん。挿入歌よすぎ。」

「あ?挿入歌で涙がとまりません。だれかたすけてください。」

ドラマでは、主人公の博史が父親と電話しているときにさり気なく流れていましたが、流れるタイミングも曲調もハマっていて、多くの視聴者の涙を誘っていたみたいです。
しかしこれ、どうしてSexyZoneのこの曲が主題歌じゃなかったのか、結構気になりますけどね。
日曜劇場の『ブラックペアん』の主題歌も嵐じゃなかったし・・・。
安室奈美恵さんの曲にしたほうが、ドラマのためになると思ったのかもしれませんが、それは誰にもわかりませんね。

 

まとめ

matome

今回はドラマ『Missでビル』のエンディングテーマが安室奈美恵さんの過去の曲だったことについての皆さんの反応を見てみました。

 

これから毎回、ドラマの最後に「バーーン!」とあの曲がかかると思うと、なんだか照れくさくなってしまうのは自分だけではないはず・・。

 

それにしても、途中でかかるSexyZoneの曲、タイミングが非常に不自然だったのは、今思うとこれが原因だったんでしょうね・・・。
というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

missデビル佐藤勝利の抜擢は”M男”っぷりを評価されたのが理由?

Missデビル人事の悪魔・椿眞子の原作はある?脚本・監督・演出情報!


スポンサードリンク