ドラマQUEENがつまらないと酷評多め!パクリだし中途半端だと?

2019冬ドラマ

2019年1月10日に放送開始したドラマ『QUEEN』

竹内結子さん主演のおしゃれでスタイリッシュなドラマが始まり、筆者は「これはすばらしい!」と大変喜んでいたのですが、

どうやら一部の、いや結構な人たちが「つまらない」「中途半端」「期待外れ」「何かが違う」と、今一つよくない評価をされていました・・。

個人的にはすごく好きなドラマなんですが、いったい何がいけないのか、みなさんの「酷評」「今一つ」な評価をまとめてみたいと思います。

ドラマQUEEN(クイーン)イケメン新米弁護士藤枝修二役の俳優さんは誰?

ドラマQUEEN(クイーン)脚本は誰?原作ナシオリジナル脚本の評価は?

ドラマQUEENがつまらないと酷評多め!

主に酷評やつまらないといった評価が多いのは『Yahoo!みんなの感想』にて!

そこそこレビューも集まっていて、サンプル数としては参考になるくらい集まっているので、一部の「偏った人」のレビューだけが悪いわけではなく、やはり多くの人が「評価していない」「つまらない」と感じているみたいです。

現時点(1月11日現在)の星の数は1.92点。

どちらかというと酷評が多めの『Yahoo!みんなの感想』ではありますが、それにしても多いので、それぞれの「みなさんの言い分」をまとめてみたいと思います。

 

ドラマ『QUEEN(クイーン)低評価感想まとめ:つまらない

単純に「つまらない」という感想です。

「これがパイロット版だったら制作中止レベルの酷さ。なんの盛り上がりも無く、所属タレントと会社のすったもんだを芸能事務所の社長の公的イベントへのタレント売り込みに関する献金を盾にタレント有利に解決するのだが、現実世界での事件の方がリアルなのでイマイチしらける。」

「ストーリーはキャストの無駄遣い、話にもならなかったです。」

「あまりのつまらなさにビックリです。オシャレな雰囲気出して、オープニングもワクワクした。さて、いつ面白くなるかな…まだかな、あれ?終わった?みたいな。」

「キャストが良いので見てみたけど内容が軽いのか重いのか半端でただただ眠たくなった。もう見ない。」

「つまらない」と評価している人も、キャストは素晴らしいという点では評価しているみたいです。

むしろ、この素晴らしいキャストなのに、この薄い内容ななんだ?という感想みたいです。

あと、「おしゃれ」「カッコイイ」「スタイリッシュ」という点ではみなさんも評価しているみたい。要するにつまらないと言っているのは、ドラマの「内容」についてでした・・。

そうかなあ・・。

スポンサーリンク

ドラマ『QUEEN(クイーン)低評価感想まとめ:斉藤由貴さんがまだ早い?

ある事件がきっかけで、芸能界からちょっとだけ姿を消していた斉藤由貴さんですが、このドラマで復帰されました。

「見たかったんだけど、パンツ斉藤が出てたので、視聴はやめました。」

「斉藤由貴さんが出る場面はやっぱりあの画像がチラついてしまいます。ドラマ復帰はまだ早かったかもです。」

しかし、やはり事件というか出来事のインパクトがつよくて、どうしていろいろなことを思い出してしまうということで、斉藤由貴さんの評価がよくないみたいでした・・。

もういいじゃんとは思いますけど、人間の感情なんで、しょうがないかもですね・・・。

 

ドラマ『QUEEN(クイーン)低評価感想まとめ:テンポ悪い

いまひとつ「テンポが悪い」という評価もちらほら・・。

「テンポ悪いし、竹内結子と水川あさみの会話が上滑りしていて意図が伝わらない。元々演技力がない二人にキャリア女性を演じるのは難しいのかと思います。」

「このドラマ、テンポ悪いせいか間延びした印象、。もっと面白く出来そうなのにもったいない。。」

「ただ若干、テンポ悪い。」

そうかなあ、ひきこまれてみてたんだけどなあ・・。

スポンサーリンク

ドラマ『QUEEN(クイーン)低評価感想まとめ:パクリ?

このドラマ、海外ドラマの「スキャンダル」とういドラマのパクリだという意見もちょっとありました。

「海外ドラマでスキャンダルというドラマがありますが、そちらもやり手の女性弁護士フィクサーがスキャンダルをもみ消すというもの。これだけでなんでもパクリとは言いたくないですが、海外版は主人公が大統領と不倫していることが最大のスキャンダルで、首相候補とデートして私が爆弾でしたという本作と似てます。」

「これはパクリですねーアメリカのテレビドラマの「スキャンダル」のパクリ」

「でも竹内結子がフィクサーで、最後のあの“爆弾”っていう設定って『スキャンダル 託された秘密』のゆる~いリメイクだよね?」

パクリとまでは言わなくても「緩いリメイク」「似ている!」という評価は結構多めです。

 

『スキャンダル 託された秘密』

このドラマ『QUEEN』の1話の最後に、主人公である「氷見」のスキャンダラスな写真が出てきて「爆弾は私でした♪」とおちゃらける部分があったのですが、

この「主人公自身が大きなネタバレでした!」という雰囲気が、ドラマ『スキャンダル』と似ているという評価でした。

パクリとまではいかなくても、多少参考にしている部分はあるのかも知れませんね。

スポンサーリンク

ドラマ『QUEEN(クイーン)低評価感想まとめ:全体的にまとめてみると。

酷評や「つまらない」という評価を全体的にまとめてみると、

みなさん、出演しているキャストや、カッコイイしきれいな画面、スタイリッシュなムードとファッションなどなど、

「カッコイイ!」ことは認めてくれているのですが、いかんせん「内容」が納得いってないみたいです。

キャストがいいのに、どこか「無駄遣いしている」という評価が多いですし、テンポが悪くて、内容も薄い。見た目だけよくして、内容がスッカスカという評価でした。

うーん、みんな厳しいね・・。

弁護士という設定も、「どこが弁護士?」という雰囲気だったり、1話の「LGBTなのにアイドル?」と、疑問に思う部分が多いのも、ドラマにのめりこめない理由なのかもしれません。

あと、斉藤由貴さんがまだ受け付けない人も少なくないみたいですね・・・。

こうして見てみると、みなさん結構「期待して」見始めた雰囲気を感じるので、もしかしたら上がったハードルを満足させるまでのクオリティではなかった!というだけなのかも知れません。

まだ「もう見ない」という決定的なことを言っている人は少なめなので、単に1話の内容が気に入らなかっただけで、2話以降から楽しんで見られるようんなるかもと、多少期待している部分も感じました。

「つまらない」と酷評はされていましたが、これからまだ評価があがる可能性を感じたので、やはり2話以降へ期待ですね。

 

まとめ

今回はドラマ『QUEEN(クイーン)』のつまらないという低評価の意見と、パクリという点についてもまとめてみました。

最近、フジテレビは海外ドラマとの結びつきが強くなりつつありますが、今回ももしかしたら「意識」させているところはあるのかも知れませんね。

まだまだドラマは始まったばかりなので、評価はこれからの展開でいくらでもわかっていくと思うので、期待ですね!

ちなみに、いいほうの評価をまとめたのはこちらです(笑)平等に評価をまとめたはずですが、やはり主観が入ってしまったのかも知れません。

ドラマQUEEN(クイーン)視聴率と評価感想!映画クオリティ?

というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ドラマQUEEN(クイーン)女性記者東堂裕子役は誰?胸がコンプレックス?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました