2018秋ドラマ

ドラマ『黄昏流星群』視聴率と評価感想!キスやCGなど酷評多め・・。

うさぎ♪

こんにちはうさぎ♪です。

2018年10月11日に放送開始したドラマ『黄昏流星群』

佐々木蔵之介さん主演の「人生の折り返し地点をすぎた”オトナ”の恋愛」を描いたドラマですが、どのような評価をされているんでしょうか?

今回はドラマ『黄昏流星群』の視聴率と評価・感想をまとめてみようと思います。

ドラマ『黄昏流星群』あらすじキャスト相関図!原作と違うキャラクター?

黄昏流星群の日野春輝役藤井流星の演技力は?ラブシーンが楽しみ?


スポンサードリンク

ドラマ『黄昏流星群』視聴率は?

ではさっそく視聴率を見てみようと思います。

1話 7.3%

さて、この数字が高いのか低いのか、過去の同じ枠のドラマと比べてみましょう。

・『グッドドクター』初回視聴率11.5% 平均視聴率11.24%

・『モンテクリスト伯』初回視聴率5.1% 平均視聴率6.23%

・『隣の家族は青く見える』初回視聴率7.0% 平均視聴率6.26%

・『刑事ゆがみ』初回視聴率7.6% 平均視聴率6.53%

・『セシルのもくろみ』初回視聴率5.1% 平均視聴率4.5%

・『人は見た目が100パーセント』初回視聴率9.5% 平均視聴率6.44%

・『嫌われる勇気』初回視聴率8.1% 平均視聴率6.53%

・『Chef』初回視聴率8.0% 平均視聴率7.05%

前クールの『グッドドクター』の数字がよすぎただけで、

1話の「7.3%」という数字は、このフジテレビ木曜22時のドラマ枠では、そんなに悪くはない数字ですね。

それにしても、前クールの『グッドドクター』は驚異的な数字だったんですね。

この枠ができてから、初めての10%超えだったわけですから、いかにヒットしていたかがわかりますね。

さて、この数字が今後上がるのか下がるのか、内容次第というわけですが、どのような評価をされているのでしょうか・・・。


スポンサードリンク


ドラマ『黄昏流星群』評価・感想をまとめてみました。

では今度はドラマ『黄昏流星群』の評価と感想をまとめてみようと思います。

 

ドラマ『黄昏流星群』主要キャストの演技評価。

まずは主要キャストである佐々木蔵之介さん、中山美穂さん、黒木瞳さん、そして藤井流星さんの演技の評価を見てみようと思います。

「キャストがベテラン俳優の上に不倫内容とあってあまり期待しなかったが、やはり演技うまいね。」

「ドラマ上の佐々木蔵之介さんの演技は上手だ。」

「しかし、黒木瞳いつまでも美しいな。おっさんは一撃必殺だわ。食堂で再開した時の目だけの演技しびれた」

「平成最後の秋だというのに設定、演出、セリフに演技、全て昭和である。」

「何を言われようが黒木瞳はキレイやし演技も上手い。」

「中山美穂演技下手 髪も鬱陶しい」

「中山美穂はいつみても演技が中山美穂だし黒木瞳はいつみても綺麗だし、でもCG感半端ない。」

「流星くんの演技やっぱり大好き」

「藤井流星の演技はなんか引き込まれちゃうよね」

主演の佐々木蔵之介さんの演技は高く評価されていました。やはりさすがですね。

黒木瞳さんは演技もさることながらその「美しさ」も高く評価されていました。

中山美穂さんへの評価は、ちょっと酷評も多めでしたね・・・。役柄のせいでしょうか。

藤井流星さんは、主にファンの方々の「絶賛」が多数寄せられていました。

 

ドラマ『黄昏流星群』の評価感想:内容は賛否両論!

ドラマ『黄昏流星群』、評価はどうやら賛否、

いや「否」のほうが多めの評価になっているみたいです。

「ヘドしか出ない。ありえない。こんなドラマ毎週見て胸を高鳴らせる中年とかいると思ってるの?」

「どうせ、中年のメロドラマでしょ?っと思って見て見たら、なんか意外と良かった。私の年齢が近いせいもあるかも。」

「キャスティング、脚本、演出、演技。どれを取ってもイマイチ。」

「原作は 読む側の空想の世界に浸れるがドラマにした途端 現実感が出すぎて ショックが大きすぎる。」

「グッとドクターが良かっただけに、その後がこれかと言う感じで、佐々木蔵之介はまあ良いとして、いまさら中山美穂や黒木瞳かと言う感じもあるので、木曜10時は次のドラマまでお休みと言う感じがする。」

結構否定的な評価が多いですね。

ドラマの内容が「昭和」な雰囲気過ぎてついていけない方が多いみたいです。

ジャニーズWESTの藤井流星さんが出ていることで、若い視聴者もいるというのも、否定的な意見の原因かもしれませんね。

 

ドラマ『黄昏流星群』の評価感想:キスが突然過ぎて「怖い?」

ドラマの後半で佐々木蔵之介さん演じる瀧沢完治が黒木瞳さん演じる目黒栞に、

突然の「キス」をする場面

があったのですが、そこがかなり「否」の意見が多めです・・・。

「佐々木蔵之介の役、ただの危ないオヤジじゃないの?どんなに綺麗な女性でも素性もわからない人にあんなすぐにキスする?」

「黄昏流星群に出てる佐々木蔵之介のキッスがもうほんとキュンキュンしてやばい。大人だなぁ」

「急にキスしたのも違和感。」

「佐々木蔵之介が黒木瞳に無理やりキスするところで「キモッ!!」と叫んでしまった」

「れでキスして再会して『会いたかった』って卑怯じゃない?!バカなの?!うわムカつくやっぱり嫌いー!!!」

「佐々木蔵之介だとしてもいきなりオッサンが性欲丸出しでキスしてくるの怖すぎ」

「黄昏流星群初回見たんですけど、キスしたところと絶妙な平井堅でめちゃくちゃ笑ってしまった」

「黄昏流星群、出張だと嘘をついてスイスに行き、現地で出会った女性に強引にキスまで迫るなんて。トホホだよ、完治ww」

かなり否定的な評価が多いですね・・・。

さすがに出会ったその日におじさんがキスをしてしまうのは、世間からは受け入れられないことなんですね(笑)

これ、若い男の子だったら全然許されるんでしょうが・・。

ある意味、みなさんは「正しい反応」をしていたのかも知れませんね。

黄昏流星群中山美穂と藤井流星ベッドシーン濡れ場の見逃し動画や再放送は?


スポンサードリンク


ドラマ『黄昏流星群』の評価感想:CGが雑過ぎ!

このドラマ『黄昏流星群』ですが、登場人物が出会う場所が「スイス」。

しかし、現地ロケではなくてCG合成だったらしいのですが、

その「CG」の作りが雑過ぎてひどかった!

という評価が多かったです。

「マッターホルンのCGの雑さといい、どうしたこれ?」

「一点集中型の土砂降りに雪山での薄着に雑なCG合成にドラマすぎる再会。」

「後スイスでのCGよ…あれはどうなのよ…気になっちゃって話入ってこないよ…」

「黄昏流星群のCGの駄目さ加減。」

「めっちゃ晴れてるのに土砂降り(雨なのに傘ささずビニール袋持った見物人)マッターホルンをバックに浮く合成の佐々木蔵之介さん。最後にCGのような藤井流星くんにびびる」

マッターホルンの合成だけでなく、主人公がショックで雨の中傘もささずに歩くシーンでも、通行人は傘をさしていなかったりと、なかなかひどい様子だったみたいです。

お金を掛ければもうちょっとどうにかなったのかも知れませんが、予算が少ないんでしょうかね?

 

ドラマ『黄昏流星群』評価感想:いい評価を集めてみました!

このドラマ、比較的「否定的な」意見や評価が多いので、いつもは「悪い評価」を集めているのですが、今回は「いい評価」をあえて集めてみようと思います。

「重なる偶然の非現実的な展開が、リアリティを薄めていますが、中で渦巻く人間像は、間違いなく、私たちのリアルなのではないでしょうか。」

「あり得ない設定満載ですがそれは置いといて、真面目にやってきていきなりの挫折、しかも栄転と思いきやの出向。糸が切れたのでしょう。ウダウダした感じの主婦役は中山美穂にぴったりでキツい娘役の女優さんもぴったり。」

「良かった。見ていて心が悲しくなるというかジーンとくる。銀行に28年間、懸命に働いてそれがどんなに大変だったことか。」

主人公の

「頑張ってきたのに裏切られた」ことへ共感

できる人は、ドラマを楽しめた様子です。

かなり「好みの分かれる」ドラマではありますが、好きな人には響いているドラマみたいですね。

 

まとめ

今回はドラマ『黄昏流星群』の視聴率・評価感想をまとめてみました。

いろいろと「雑」だったり「劣化」だったりといわれ方は散々ですが、楽しめている人は一定数いるみたいです。

残念ながら視聴率はこれ以上上がらないとは思いますが、一部の方には、確実に響いていくドラマになりそうです。

というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ドラマ黄昏流星群の原作2分で読めるネタバレ!原作との違いも考察!


スポンサードリンク