伊勢谷友介の親戚に山本寛斎?父親と母親との血縁関係の意外な歴史

この記事は2分で読めます

iseya5

「MOZU」にも出てる伊勢谷友介さん。に意外な親戚の名前があるよ。

現在絶賛公開中の映画「MOZU」にも出演中の伊勢谷友介さん。座右の銘が「挫折禁止」と豪語するそのストイックな性格で、映画、ドラマ、映画監督など各方面で活躍中ですが、実は、お兄さんがあの有名なデザイナー「山本寛斎」さんだったんですね。おそらく知っている方も沢山いらっしゃると思いますが、筆者が知らなかったし、驚いたんだから記事にしたっていいじゃない!なので今回は、そのびっくり仰天な事実に迫ってみたいと思います。知ってた?皆さん。

 

伊勢谷友介と山本寛斎一体全体どういうことなんだ兄弟って?

なんと驚くことに、「伊勢谷友介 兄弟」と検索すると頭に山本寛斎さんが写真つきで出てきます。恐るべしグーグル。というか自分の情報の遅さにも驚く。

簡単にいうと、異母兄弟、母親は違うけど、父親がおんなじということです。そしてこのお父さんが、かなりモテモテだったというか、女性にちょっとだらしないというか、好きになるとすぐに結婚しちゃうというか、全部で7回の結婚と離婚を繰り返していたというツワモノらしいです。うーん、うらやましい?六角 精児さんみたいな人ってことで大体あってるかな?

 

山本寛斎さんの生い立ち

山本寛斎さんはどんな幼少期だったのかというと、両親が離婚、その後父親が育児放棄、いったん児童相談所に預けられ、また父親に引き取られる。そしていったん岐阜に落ちつき、父親が洋服縫製業をはじめ、それを手伝ううちにだんだんとスキルが身について、興味も出てきた、でデザイナーになりました。かなり簡単な略歴ですが、お父さんの影響を受けているんですね。ただ、かなり複雑な家庭環境だったんですね。

 

伊勢谷友介さんの生い立ち

伊勢谷さんの両親は、伊勢谷さんが3歳のころに離婚(このころ父親は53歳、元気!)母方に引き取られて以後、女手ひとつで伊勢谷さんと妹さんを育て上げたのだそうです。母親が教育熱心で、妹さんも海外の大学に留学したのだそう。幼少期から絵を描くことが好きだったらしいのですが、さすが教育熱心だけあって、あの難関の東京藝術大学に現役合格!3浪、4浪が当たり前の学校に現役合格はすごい!ラーメンズの片桐仁さんが多摩美術大学に補欠合格だったことを考えると、これがどのくらいすごいことなのか、よくわかるような気がします。仁さん、本当にすいません。

 

山本寛斎さんも、自信のブログでこう触れています。

最近、伊勢谷友介が出演テレビで、私、山本寛斎が兄であることを公表し、共演者が驚いたという話を人づてに聞きました。

週刊誌にも書かれているようです。

既にご存知の方も多いと思いますが、私と伊勢谷友介は同じ父親、違う母親のもとに産まれた、腹違いの兄弟です。

親子ほど年が離れていますが、私は長男、友介は末の弟ということになります。

二人の関係を隠していたわけではありませんし、友介には、私が東京ドームで開催しました大イベント「KANSAI SUPER SHOW 太陽の船」に出演してもらっています。

もし彼が積極的に話していなかったとすれば、彼の独立心が強いのが理由ではないかと私は思っています。

兄の力を借りずに世に出て行きたいと思い、今のように大活躍するようになって、兄と並んだ、もしくは越えたという思いに至り、最近公言しているのではないでしょうか。

・・・私の考え過ぎかも?!

昨今の彼の俳優としての活動を見ていて、映画「明日のジョー」出演頃から非常に目力が強くなったように思います。

彼は英語も堪能ですし、これから世界に出て、スターになれる人物だと、その可能性を強く感じています。

山本寛斎オフィシャルブログより引用

 

まとめ

やはり、伊勢谷友介さんと山本寛斎さんが兄弟だということは紛れもない事実だということが判明しました。あまり信じたくはないですが、「血」というものはやっぱり人生に大きく影響を与えるものなんだなあと感じました。おそらく伊勢谷さん自身は、兄が「山本寛斎」だということをずっと知っていたのだと思いますが、兄弟に世界的なデザイナーがいると思うと、根拠のない自信が出てきてもおかしくないと思っちゃうよね。ただ、いくら才能があっても、磨かなければ光らない。伊勢谷さんのあの「ストイックな」役作りを見ていると、やはり「努力の人」なんだなあと思います。伊勢谷さん本当にかっこいい!本当に。これからも沢山映画に出て欲しいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. a1320_000229
  2. a1750_000014
  3. yonimotitle
  4. OZPAyatta_TP_V
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。