ドラマウシジマくんシーズン3洗脳君のあらすじネタバレ。放送事故レベルの内容に?

この記事は6分で読めます


ドラマウシジマくんシーズン3洗脳君のあらすじネタバレ。放送事故レベルの内容に?

main_large

出典:映画.com

こんにちはうさぎです。

続編を待たれていた『闇金ウシジマくん』のドラマ、そして映画が今年公開されることが決定!!

ドラマは今年の7月。そして映画は今年の秋に、二作連続で公開。そしてこれがウシジマくんの「完結」になるということです。

そして、何より驚きなのが、今までももちろん、「ヤバイ、エグい、間違いない!」闇金ウシジマくんのドラマでしたけど、今回はあの問題作、「映像化できるの?」と監督も周りから止められたといっている「洗脳くん編」をドラマ化するらしい・・・。

この「洗脳くん編」の内容を知ってると、「本当に映像化するの?」「どこまでやってくれるんだろう」という期待と、そしてそこはかとない不安がふつふつと湧いてきます。

監督自身、覚悟を持って取り組んでいらっしゃるみたいなので、かなり見ごたえのあるものが仕上がっているのではないでしょうか?

ということで、今回はその「ヤバイ」内容の「洗脳くん編」のあらすじをご紹介いたします。ネタバレを含みますので、どうしても結末を知りたくない方はご注意ください。

ドラマでは、どこまで再現されるのか、どこまでオリジナルの内容になるかはわかりませんので、あくまで「漫画版」の洗脳くんあらすじです。

ちなみに、ドラマでは『洗脳くん』と平行して『テレクラくん』と『生活保護くん』のエピソードも混ぜて描かれることになります。予習しておきたい方はコチラにまとめて起きましたので、参考にしてみてくださいね。

『闇金ウシジマくん』原作『テレクラくん』のあらすじ、ネタバレ、結末と感想。

『闇金ウシジマくん』原作『生活保護くん』のあらすじ、ネタバレ、結末と感想。

ドラマ『ウシジマくん』シーズン3のキャストとキャラ解説!洗脳くんを再現てマジですか?

 

「闇金ウシジマくん」「洗脳くん」のあらすじ、ネタバレ。

現在28歳の主人公「上原まゆみ」

雑誌「ノマド」の編集者を務めています。年齢からしても、そろそろ結婚を考えているのですが、彼氏のハシくんは定職にも就かず、友人と浮気すらしているどうしようもない男。妹のゆかりも結婚したし、かなり焦ってきているという状況。

そんな時、かねてから話を聞いてもらっていた占い師、勅使川原(てしがわら)に相談に行く途中、親切な男性、神童大道に出会うまゆみ。

勅使川原からは「その出会った男性が、運命の人です」とアドバイスされる。最初はありえないと取り合いませんでしたが、偶然神童と再会すると、やさしい神童にだんだんと心引かれていくまゆみでした。

一方カウカウファイナンス社長、ウシジマくんは、借金の取立てに小料理屋の金子のもとを訪れていました。金子、表立っては返す金がないと装ってはいますが、最近裏でやっている”デリヘル業”の調子が良く、ちょっと稼いでいるらしい。しかも、占い師「勅使川原」ともつながりがあるらしい。

まゆみはある日、妹のみゆきから、結婚した自分の夫とみゆきが働いているガールズバーの客がトラブルを起こし、仲裁して欲しいと頼まれる。

困るまゆみだが、そこに神童がはいって、見事に解決。一気にまゆみ一家の信頼を得る神童、実家にも行き、母親、まゆみ、ゆかり、ゆかりの夫カズヤとも親密になっていきます。

その夜、まゆみ、神童から「結婚を前提に付き合って欲しい」といわれます。

占い師、勅使川原の占いが当たってきている。勅使川原を信頼し始めたまゆみは、言われるがまま、怪しげな儀式にいそしんんだり、怪しげな商品などを買わされたり・・。

それに伴って、仕事でやりたい仕事を任されたり、いい評価が得られたり、神童にも結婚指輪をプレゼントされたりと、怖いくらいに幸せが近づいてきていることを感じていました。

しかし、この頃から神童の怪しげな行動が始まります。

みゆきの夫に「結婚生活が心配」と相談され、探偵事務所を紹介して調べさせたり、みゆき側の相談にも乗り、取り入るうちにみゆきとも関係を結んでいたり、挙句の果てにはまゆみの母、和子にも手を出す始末。

ある時などは、まゆみの家に突然、みゆきの夫カズヤとともに来て、マリファナをまゆみに勧め、その画像を動画に納めていたり。
そして、ついに神童が変わり始めます。

まゆみが結婚指輪をしていないことを咎め、指輪が外れないように薬指をコップで叩きつける、元彼から連絡があると激高し、まゆみの交友関係を絶つような行動に出たりします。

まゆみも最初は戸惑いますが、占い師勅使川原のアドバイスもあり、これも愛情なのかと、自分を納得させます。事実、神童が優しいときには、幸福を感じてもいたまゆみ、少しずつ自分を納得させていきました。

しかし神童はさらに変わっていきます。

みゆきの夫カズヤに「まゆみが、元彼から200万騙し取られていたから、一緒に取り返しに行ってほしい」と頼んだり、
まゆみに、会社の資金繰りが厳しいから500万用意して欲しいと頼んだり、

ついにお金の回収が始まりました。

そもそも神童と勅使川原は繋がっていて、まゆみはそれに上手くハメられていたのでした。

そして、ついに神童が本性を現し始めます。まゆみにお金を作らせるために友人知人に金の無心をさせたり、会社に行かせない、食事や水を与えないといった方法で少しずつまゆみを追い詰めていきます。

お金を作らせるために、あらゆることをさせます。

ある日、神童に頼まれ外出した際に携帯を”落とした”まゆみ、自分の携帯にかけてみると、携帯を拾った相手から「携帯のなかのマリファナの画像をみた、警察に言ってもいいが”ごみ捨て”を手伝ってくれたら返してやる」といわれてそのごみ捨てを手伝います。

異常なにおいのする液体、何の肉だかわからない肉団子などを。

そのことを神童に相談すると、それは人の死体かもしれない、警察に行けば死体遺棄の疑いがかけられるとまゆみを脅します。

しかし、もちろんこの「携帯の拾い主」と神童は繋がっています。

それを知らないまゆみは、絶望して自殺を図りますが、未遂でした。

神童は、まゆみの両親に、「まゆみは誰かに脅されてお金を駆りまくっていた、遺書にも両親へのうらみつらみがつづられていた、会社のお金300万を横領していた」などととんでもない嘘を言います。

まゆみの母、和子も神童と”関係”を結んでいましたから、神童の言うことには何も逆らえない。唯一父親だけが神童に取り入られずに、疑いを持っていました。

止まらない神童、お金の回収もエスカレートしていきます。

カズヤには、探偵料の200万円を要求。

みゆきには、自分達の関係が探偵にバレたが、500万払えば見逃すといわれているから、とりあえず100万を用意してくれとみゆきに。お金の用意できないみゆきをデリヘルで働かせます。

そしてそこは、金子のお店、占い師の勅使川原が、そのお店に女性を斡旋していたお店でした。

まゆみは無事退院。しかし再び神童に連れて行かれ、早速拷問を受けます。絶えられなくなったまゆみはにげだします。

神童、今度はまゆみの両親に、まゆみは麻薬の常習犯であり、そのためにお金を集めていた、そしてお金ほしさに死体遺棄の手伝いまでしていたと言い出します。

結局つかまったまゆみ、ゆがんだ性格を”再教育”という名目で、まゆみの体に電流を流す拷問を始めます。
神童、まゆみのほかにも監禁し、洗脳した女性「松田明日香」がいて、松田と協力してまゆみを追い詰めていきます。

神童いわく「まゆみが、松田の父と不倫をし、その関係のもつれから松田明日香と共謀し、松田の父を殺した」とわけのわからない疑いをかけてきます。否定すれば電流を流されるまゆみ。

そして、松田明日香が、警察に自主する代わりに、2000万円用意してくれたら警察に自主するのをやめるという名目で、まゆみからさらにお金をむしりとろうとして来ます。

神童、まゆみからだけでなく、今度はまゆみの家族も全て巻き込みながら、だんだんと家族同士を対立させるように仕向けていきます。
まゆみの両親にたいしても、まゆみがこうなってしまったのはあなた達のせいだと、両親の娘に対する無関心を責め、罪悪感を刺激するかたちでショックを与え続けます

まゆみは、電流を流される監禁生活のせいでおかしくなっています。

神童は、今度はまゆみの父親にターゲットを絞り、家族の怒りや憎しみを父親にむくように仕向けていきます。

完全に神童の術中にハマったカズヤは、言われるがまま、そしてだんだんと自発的に、父親に電流を流すようになります。
そしてエスカレートした結果、父親を殺してしまいます。死んだ父親の処分、肉をミキサーにかけさかなのえさと混ぜて肉団子にする、骨をじっくり煮込んで液状にする、そして、最初にまゆみが手伝った”ごみすて”のように、家族で手分けして父親の死体を処分しました。

神童もこれは少し予想外だったようでうで、父親が手にするはずだった不動産の売却益も期待できなくなってしまいます。

そして今度は父親を殺したカズヤに、家族の憎しみが向くように仕向ける。和子、まゆみ、ゆかりはカズヤの食べ物や飲み物に毒を仕込み、カズヤの生命力をうばい、今度は和子がカズヤに電流を流し始める。

正常なこころを失い、動物のようになってしまうカズヤ。

家族同士を”どのくらいお金を稼いでくるか”で競走させ、家族同士を対立させて、今度の標的は和子。みゆきに命令して和子の顔に油をかけ、火をつけさせる。

まゆみも、さらにお金を作るために、闇金ウシジマくんの元を訪れます。堕胎手術が必要だからお金を貸してくれと。「証拠を見せろ」というウシジマにたいして、検査薬で確認をしてみると、なんとまゆみは妊娠していました。

お金を借りられたまゆみ。しかし、あそこに戻るのが怖い。ちいさく”助けて”とつぶやいたその声を聞いたウシジマ、何かあったら連絡しろとまゆみに言い残します。

そんな折、デリヘルでみゆきのことを気に入っていた柏木というヤクザ、最近店に来ないので居場所を聞きつけ、神童がまゆみたちを監禁しているアパートにやってきてしまいます。

しかし、そのヤクザは、和子が頭にハンマーで殴りつけ、神童が包丁で刺し殺します。もちろん、死体は処分。

さらに神童は、家族同士を対立させます。もうお金だけが目的では無くなっているようです。まゆみを殺すように和子に命じる神童。

そんな時、ヤクザの柏木にお金を貸していたウシジマがアパートにやってきます。神童、そして神童に操られている和子、みゆきはウシジマを殺そうとしますが、何とかかわし、神童をとらえます。

ウシジマ、神童に、警察に通報しない代わりに、今のカモから200万を巻き上げさせます。

しかし、警察はすでに神童の情報をつかみつつあり、ある日アパートに神童を訪ねて警察がやってきます。「証拠はあるのか」と開き直る神童に、じつは同じく監禁されていたカズヤは、頭がおかしくなった風を装って、監禁生活の全てを、自分の血でかべに書き続けていたらしい。それが証拠になり、神童は逮捕、死刑となりました。

和子も、みゆきも、そしてまゆみも逮捕されます。しかしまゆみだけは数年後、仮出所し、ひさしぶりの”普通の”生活を取り戻したのでした。

 

どこまで映像化するんだろう・・。

あらすじはこんな感じです。正直、本当にひどい物語です。

現実の日本でも、実際にこんな風に洗脳されて大金を巻き上げられる例もあるみたいですし(女優の辺見マリさんがしくじり先生で告白したときには、本当に驚かされました)、洗脳、本当に恐ろしいです。

現実は、もっと巧妙に、人の罪悪感や劣等感に働きかけて人を操縦していくみたいです。

死体をばらばらにして処分する方法も、過去にあった「愛犬家殺人事件」を元に書かれていると思われるので、これも”ない話では、ない”という、本当の恐ろしい漫画です。

さて、これを”ドラマ化”するというのだからたいへんですね(笑)

もちろん、この「洗脳くん」をもとにしていても、完全に再現する方向ではないとおもいますが、漫画では下着姿で電流を流されるまゆみだったり、父親の死体を処理するためにのこぎりでばらばらに死体を切り刻むまゆみだったり、ショッキングな絵が満載でした。

今回、上原まゆみを演じるのは、元AKB、モデルや女優として活躍している光宗薫さん。どんなドラマになるのか、これは見たいぞ。見たい!!

usijima

出典:oricon style

プロデュース・監督:山口雅俊さん曰く・・。

ドラマ「闇金ウシジマくん Season3」では原作で絶対タブー、絶対実写化不可能、絶対やめとけ、と言われたエピソードに取り組み、ドラマシリーズとしてひとつの到達点に達することができました。

と自信が伺えます。

ウシジマくん出演、光宗薫の演技は上手いの?下手なの?評価をまとめてみました。

ウシジマくん出演「光宗薫」休養の真相、理由。拒食症、激ヤセ、体調不良?

 

『闇金ウシジマくんシーズン3』の放送日は?

まだ具体的な日付は決まっていませんが、ドラマは2016年の7月。映画は今年の秋に2作連続で公開される予定です。

それまでに、できるだけ予習しておこうかな。山田孝之好きだし・・・。

 

まとめ

漫画読んでて、すごくしんどかった・・。最後には救いがあるような、ないような・・。ただただ”現実”を突きつけてくる作者のスタイルに、感服いたしました。

これを機会に、全部読んでみようかなと思っております。しんどいけどね・・。

ドラマ『ウシジマくん3』「ののあ」役、小瀬田麻由の性格、整形疑惑?

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. a0001_017623
  2. a0002_011007
  3. a0002_006953
    • A
    • 2016年 7月22日

    処理方法だけでなく、
    全体的に元ネタになっているのは「愛犬家殺人事件」ではなく、
    「北九州監禁殺人事件」です。
    ウシジマ君より救いがありません。

    • うさぎ
    • 2016年 7月24日

    Aさん、ありがとうございます。

    いろいろ調べてみましたが、本当にウシジマくんよりひどいですね・・。

    多少誇張して描かれているのかと思ったら、ちょっと抑え目でしたね。

    恐ろしいです・・。

  1. この記事へのトラックバックはありません。