『バチェラージャパン』はヤラセだ!という人に読んでもらいたい。

この記事は5分で読めます

C778_yameteanata_TP_V

こんにちはうさぎ♪です。

2017年2月に『Amazonプライム』で配信されたリアリティーショー『バチェラージャパン』

好評のうちに、第2弾の製作も発表されるなど、日本でも『バチェラー』の人気が高まってきてますね。

『バチェラージャパンシーズン2』続編の配信は2018年春が濃厚?

 

さて、今回は、『バチェラージャパン』に関するツイートなどを見ているとよく見る「この番組ヤラセなんじゃないの?」という疑問について、いろいろ調べてみようと思います。

日本にも、『あいのり』や『テラスハウス』など、恋愛リアリティーショーなどが放送されるたびに巻き起こる「ヤラセ」の問題、みなさんどんなふうにとらえてみているんでしょうか・・・。

ヤラセだ!という人ほど、この番組を楽しめるんじゃないかと思いますよ。
スポンサードリンク

『バチェラージャパン』は”ヤラセ”なのか?みんなの意見を集めたよ♪

rp_iPhone7katate_TP_V-300x158.jpg

 

こういったリアリティーショーが放送されるたびに”ヤラセだ!”という意見が飛び交いますが、それでも番組は作られ続け、そして根強い人気を誇っていますよね。

世の中の皆さんはこの”ヤラセ”をどんなふうにとらえて、付き合っているんでしょうか?

 

「バチェラージャパンおもしろすぎる、、、例えヤラセだとしても、、、推しメンは、愛ちゃん、はるか」

「バチェラージャパン見てるけどヤラセ感がハンパない 」

「ヤラセかどうかは置いといて、回を重ねるにつれて女たちが敵意むき出しで怖いけど面白い。コイツ性格悪いナ〜!とか思いながら見てる」

「『ヤラセ感半端ねえ~!』『自分だったらこんな状況絶対無理!でしゃばれない!』とか思いながら見てたら気が付いたら8話全部消化してた。続きはよ!!!!!」

「バチェラージャパンおもしろすぎるな。ヤラセ臭すごいけど、勘違いブス共が金持ちイケメンを取り合う姿が滑稽でめちゃくちゃおもしろい。」

「ネットでもヤラセ疑惑が囁かれてるけど、要所要所で演出っぽいところが目立つんだよなぁ。」

「レビュー見てみたらマジレス酷評の嵐で笑える。生真面目なお見合い番組じゃなくてコメディ番組と思って見れば一気に面白くなるし、ヤラセかどうかとかも心底どうでもよくなる」

「「バチェラー・ジャパン」絶対ヤラセやろとか、くそくだらねえとか思ってたのに、気づいたら感情移入して号泣してた・・・   」

「バチェラージャパン。ヤラセとしてみるとかなり楽しめる。これで本当だったらびっくりだけどね。」

「「バチェラー・ジャパン」という番組が面白いと言うので見てみたが、なんだこれwくだらね〜wwこんなもんヤラセだろ〜wwwとか思いながら……続きが気になるワタクシ…苦笑。ねぇ、ねぇ、これヤラセだよね?それともガチなの!?」

「多少のヤラセとか売れたいって気持ちは絶対あると思うんだけど、男の人へのアプローチが25人でこんなに違うんだな〜っていうのが、リアルでおもしろい。」

みなさんの感想や意見をまとめると、

 

・絶対ヤラセ!こんなくだらないの見ない!
・ヤラセなんだろうなあ、とは思いつつ、つい見ちゃう。
・どうせヤラセだろうけど、演出では出せないリアリティがある。
・くだらないと馬鹿にしてたけど、最後には泣いちゃった・・。
・出演者がタレントだらけ!売名でしょ?

 

みなさん、実にバラエティに富んだ”視点”でこのショーを楽しんでいるみたいですね。

わざわざツイートしたり、レビューに書き込んだりしている人の大半は、実際にこの番組を「視聴した」人たちなので、番組制作側からすればみんなお客さんなわけで、どんな言われ方をしても成功なんでしょうけどね。
でも、実際のところどこまで「ヤラセ」の要素が隠れているんでしょうか?わかる範囲で調べてみました。
スポンサードリンク

 

ヤラセ要素その1「出演者がタレントばっかし!」

CK0I9A9034_TP_V

みなさんが「これヤラセだな」と感じている理由の一つに「出演している女性が、一般女性じゃなくてタレントばっかしじゃん!」というもの。

実際にいろいろと調べてみると、筆者が思ってたよりもタレントさんが多かったです(笑)

 

番組では肩書に「フードコーディネーター」とか「着付け師」とか「インナービューティーアドバイザー」とか書いてありましたけど、それも嘘ではないんだけど、アイドル活動をしていたり、モデルとして雑誌に出演していたりと、「芸能界に片足を突っ込んだ人たち」がほとんどでした。

 

確かに、これでは「有名になりたくて番組に出演しただけなんじゃないの?」「売名行為でしょ?」と叩かれるのも無理はなさそうですね。
ただ、この『バチェラージャパン』2~3か月もの間、バチェラーにバラを渡され続ける間はずっと撮影のために拘束されるみたいで、そんなことができるのはタレントさんしかいないのではないかと・・。

現在も『シーズン2』の出演者の募集が出ていますが、募集要項にこんな風に書いてあります。

 

「撮影期間中は「バチェラー・ジャパン」の撮影に関係のないプライベートな外出、並びに勤務先への出勤は出来かねますのでご了承ください。」

 

やってること、ほとんど「電波少年」じゃねえか!(電波少年とは、過去に放送されていた芸人さんがひどいことを実際にやらされる番組です。知らない人ごめんなさい)

プライベートな外出も許されないのに、どうやって一般の人間が出演するんだと・・。

普通に責任のある仕事についている一般の女性は、そもそも応募もできないので、これは仕方ないのかも知れませんね。

 

シーズン1が公開されて知名度も高まったので、シーズン2はもっとバラエティに富んだ人選になるのではないかと予想しています。

 

ヤラセ要素その2「どうせ台本あるんでしょ?」

a0002_001592

次に多いのが「どうせ台本があって、それに沿ってみんな演技してるんでしょ?」というもの。

「台本」というとどこまでを指すのかわかりませんが、もし台本があったとして、最初から最後まで、セリフも含めて作られている!という意味だとしたら、ちょっと現実的じゃないなあと思います。

もし完全な台本でみなさんが動いて、演技して、泣いたり笑ったししてるんだったら、みんな演技力高すぎるのではと・・・。

まあ、ひょっとしたら、ところどころ「撮り直し」や「演出」みたいなものはあるかも知れませんけどね。
本場アメリカの『バチェラー』のスタッフが、内部告発のような映画「UnREAL」を作ったことで話題になりましたが、この中では明らかに、スタッフからの「演出」があったことが描かれているそうです。

物語を面白くするために、スタッフが女性をけしかけたり、視聴者の感情を煽るため、編集で悪者にしたてあげたりと、なかなかえげつないこともやっていたみたいです。
つまり、まとめると

完全な台本はないかも知れないが、物語を面白くするための”演出”は存在するかも

ということですね。
ただ、どんなドキュメンタリー番組にも、最終的には「編集」という、制作側の意図ががっつり反映される”演出”が存在してしまうのも事実。この辺りは、正直「どこまでやってるのか」はわからないですよね。

いつか暴露本が出てくれたら、すごく楽しめそうですが(笑)

そういうことも含めて、あれこれ感がる余地があるから、こういうリアリティーショーって楽しいんでしょうね・・。

 

結論「ヤラセかも知れないから、面白い!」ってことで・・。

a0002_006953
ここまでいろいろと調べてきましたが、結局のところ、どこまでが「ヤラセ」でどこまでが「ヤラセじゃない」のかは最後まで藪の中でした。

実際に制作に携わったスタッフ、出演した女性たち、そしてバチェラーさんにしか真実はわからない上、絶対に本当のことはしゃべってくれないし、しゃべってくれたとしてもそれが真実かどうかもわからない・・。

演出したかも知れないけど、スタッフが狙ったよりも面白い展開に自然となってしまったこともあったでしょうし、女性たちには、もっと頑張ってほしいと思っていたかも知れません。

結局は、本当のところは知ることができない、だからこそいろんな憶測を呼んで、面白いんだろうなと思います。なんだか平凡な結論になってしまいましたが・・。

ただ一つ言えることは、出演した女性たち、そしてバチェラーさん全員が、多くの人に自分の恋愛する姿を”晒した”という事実。

こういった番組に出演したら、当然叩かれるだろうし、あることない事書かれることは目に見えているのに、それでもこの番組に出演したということだけは「ガチ」なんだなと感じました。

自分だったら絶対に出られない!

そう思うと、彼女たちの勇気、そして、お金持ちをゲットしたい!有名になりたい!という強い欲望に拍手を送りたいです。

まとめ

pasokon

今回は人気リアリティーショー『バチェラージャパン』はヤラセなのか、どうなのかについて、みなさんの意見も含めていろいろと調べてみました。

結局のところ、ヤラセだろうがヤラセじゃなかろうが、心を強く揺さぶられてるじゃん!と、酷評を含め書き込みをしている人すべての人に対して思います。

確かに、お世辞にも「上品」な番組とは言えませんが、地上波ではなかなかお目にかかれない番組が見れたというのは事実。こういった番組があってもいいと思いますね。

さて、シーズン2の製作も決定した『バチェラージャパン』ですが、次回はどんな人が選ばれるのか、今から楽しみですね。
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. a0002_011908
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。