大西礼芳のプロフィールまとめ。もともとは女優志望じゃない?

この記事は4分で読めます

大西礼芳3

こんにちはうさぎ♪です。

最近、いろんなドラマの脇役で存在感を増しつつある女優、大西礼芳(あやか)さん。

2017年夏のドラマ『ごめん、愛してる』では天才サックスプレーヤーを演じるなど、安定の演技力を誇る女優さんですね。

多才でちょっとミステリアスな雰囲気のする大西さん。今回は、そんな大西さんのプロフィールなどをまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク




大西礼芳(おおにしあやか)さんのプロフィール

大西礼芳

出典:https://ameblo.jp/onishi-ayaka/

大西礼芳(おおにしあやか)ちょっと読みづらい名前ですね。
生年月日:1990年6月29日(26歳)

出生地:三重県伊勢市

身長:160cm

出身校:三重県立宇治山田商業高等学校

所属事務所:トライストーン・エンタテイメント

 

京都造形芸術大学映画学科俳優コースにて演技を演技を学美、在学中に映画『MADE IN JAPAN 〜こらッ!〜』で演技未経験ながらヒロイン・雛子役に抜擢されます。これがデビューのきっかけになりました。

 

大西さん、元から女優志望だったわけではなくて、絵を描くことが好きで、映画も好きだし、モノづくりに携わる何かがしたいと希望して進学したんだとか。

 

(演技には)興味はあったけど、選択肢の1つってだけでした。でも、高橋伴明さんの映画でデビューする機会があって。そのときは演じるだけじゃなく、配給宣伝や映画祭で上映するとか、作品にまつわる全てをやったんです。それもプロジェクトの1つではあったんですけど、みんな創るときは意気込んで集まるのだけれど、配給宣伝の時になると、多くの人がその映画に対して無関心になってしまう事がありまして…。そのとき、それって何か違うんじゃないかなって。私はこの映画に出て、この映画を背負ってるけど、みんな創りたいだけなのかと思ったら、何かもう、役者やるしかないなって。自分はこのままこの映画を背負って役者をやっていく。そのときに、そう決めた気がします」
出典:https://thetv.jp/news/detail/116649/

 

大西さんから、男気を感じます(笑)かっこいいですね。
そこからは毎年、映画やドラマに出演し、少しずつ実力をつけてきた大西さん、最近では『フランケンシュタインの恋』『ごめん、愛してる』CMでは、「ちふれ」「銀座ダイヤモンドシライシ」に出演。2017年10月には松本潤、有村架純主演『ナラタージュ』や『聞くとギロチンー女相撲とアナキスト』にも出演します。

 

朝ドラ『花子とアン』や、ドラマ『ごめん、愛してる』で大きく注目された大西さん、これからさらに注目されそうな予感ですね。

 

大西礼芳さん、実は趣味や特技がすごい!

a1180_016265
大西さんのプロフィールを眺めていると、趣味も多趣味ですが、特技もすごくて取得している資格も多く、多彩な人物なんだということがわかります。

 

趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、楽器演奏、読書、絵を描くこと

特技:日本舞踊6年、英会話、映像編集、サックス、ピアノ、水泳、剣道

資格:「英検2級」「書道7段」「日商簿記検定2級」「全国商業情報処理検定1級」「全商英語検定1級」

 

大西さん、地元の商業高校に通っていたらしいので、その時に取得した資格でしょうね。

 

特技の日本舞踊は6年間習っていたみたいですし、サックスに至っては中学、高校の吹奏楽、市民バンドで7年間続けてきたらしいです。ここまで見てくると大西さん、かなりの努力家だということがうかがえます。

 

一度始めたらなかなかやめないで継続することができるんですね。以前インタビューにて、「頑固さ」は負けないと話していましたが、一度決めたら突き進むといった感じの性格なんでしょうね。
ちなみに、大西さんのオフィシャルブログのヘッダー画像の模様も、大西さんが描いたものだということです。

 

『ごめん、愛してる』古澤塔子役大西礼芳、サックスは演奏できる?

 

スポンサードリンク




 

大西礼芳さんの演技の評価は?

rp_iPhone7katate_TP_V-300x158-300x1581-300x158-300x1581-300x158.jpg

大西さん、ドラマや映画のみならず、舞台にも数多く出演されていますが、演技はどのように評価されているのでしょうか?

 

「女優さんのお名前は大西礼芳さん。繊細な表情の演技が素晴らしいと思う」

「個人的にフランケンで好きになった大西礼芳さん!翻弄系大人女子も似合う」

「とにかく大西礼芳ちゃんは綺麗な顔立ちの上演技が上手い!!感心させられる!!!」

「んで大西礼芳のあいかわらずの存在感wもはや名バイプレーヤーw」

こちらは主にドラマ『ごめん、愛してる』での大西さんの演技の評価ですが、いい評価をされていますね。

 

このドラマでは、自由奔放な、枠に縛られない女性を演じていますが、普段の大西さんからするとちょっとギャップがあり、演じるのに手間取ったらしいです。

 

一番最初は台本も読んでなくて、破天荒で自由奔放な女性、それからサックス奏者ということだけ聞きました。でも私、あんまりサバサバしている人間ではないので…。自分の性格とのギャップを、どう埋めていこうかなっていうのが最初の課題でした。そこで唯一、子供のころからやっていたサックスという共通点があるのはすごく助かりましたね(笑)。
出典:https://thetv.jp/news/detail/116649/

いろんな役をされる大西さんですが、役について悩んだとき、台本を繰り返し繰り返し読むんだとか。そうすると役が自然に自分に入ってくるんだそうです。

大西さん、視覚や特技もそうですが、演技に対してもコツコツと準備を欠かさない努力家な面が垣間見えますね。

 

『ごめん、愛してる』大西礼芳の演技力は?地味すぎてスタッフに?

 

 

大西礼芳さんの今後の出演予定。

菊とギロチン

出典:菊とギロチンHP

 

現在はドラマ『ごめん、愛してる』に出演中の大西さん、今後の出演予定はどうなってるんでしょうか?

 

2017年10月公開『ナラタージュ』

ナラタージュ

現在役名などは不明ですが、嵐の松本潤さんと有村架純さん主演の映画『ナラタージュ』に出演が決定しています。どんな役柄になるのか、今から楽しみですね。

 

2018年夏公開予定『菊とギロチン ‐女相撲とアナキスト』

菊とギロチン2

関東大震災直後の東京で実際に行われていた「女相撲」の興行。その事実をもとに、女相撲とアナキストたちの交流を描いた物語。大西さんはこの中で女力士を演じているみたいです。監督は瀬々敬久さん。映画『64-ロクヨン』の監督で知られる監督です。

実際に四股を踏んだり、すり足やぶつかり稽古など、本格的に教わったみたいです。その時の写真がこちら。

大西礼芳女相撲

 

ほんと、いろんな役を演じてるんですね。

 

まとめ

rp_GORIPAKU2069_TP_V-300x244.jpg

今回は女優、大西礼芳(あやか)さんについていろいろ掘り下げてみました。

インタビュー記事が少ないので、まだまだ分からない部分はありますが、どうやらかなりの努力家で、気合の入った女性な気がします(笑い)見た目からも伝わってきますけどね。

今後公開の映画も控えているので、大西さん、これからもさらに活躍していくことになりそうですね。

スポンサードリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. a0002_007304
  2. BIS151026193472_TP_V
  3. a0002_004851
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。