『ごめん、愛してる』大西礼芳の演技力は?地味すぎてスタッフに?

この記事は4分で読めます

BIS151026193472_TP_V (1)

こんにちはうさぎ♪です。

7月から放送されるTBS日曜劇場で放送されるドラマ『ごめん、愛してる』

韓国で記録的な大ヒットをした同名ドラマが原作ですが、主演にTOKIOの長瀬智也さん、ヒロインに今注目の女優さん、吉岡里穂さんを迎え、2017年夏ドラマの中でもかなりの注目作になっています。

さて今回は、このドラマに出演する大西礼芳さんの演技について掘り下げてみようと思います。

 

大西礼芳のプロフィールまとめ。もともとは女優志望じゃない?

『ごめん、愛してる』池脇千鶴の演技力を物語る驚きのエピソード!

『ごめん、愛してる』坂口健太郎の演技は「悟り世代のカメレオン」?

 

スポンサードリンク

 

大西玲芳さんのプロフィール

oonisiayaka

出典:http://tristone.co.jp/actors/onishi/

 

大西玲芳(おおにし あやか)

生年月日:1990年6月29日(26歳)

出生地:三重県伊勢市

身長:160cm

所属事務所:トライストーン・エンタテイメント(共演の坂口健太郎さんと同じ事務所ですね)

 

京都造形芸術大学映画学科俳優コースにて学び、在学中の映画プロジェクトで未経験ながら主演をつとめ、そこからすこしづつ女優として活動。

 

多趣味というか特技が多く、日本舞踊、英会話、映像編集、サックス、ピアノ、水泳、剣道。

 

資格も多く、英検2級、書道7段、日商簿記検定2級、全商情報処理検定1級、全商簿記検定1級、全商英語検定1級を所持しているそうです。

 

これだけしっかりした資格があったら、女優業がダメになってもきちんとした生活が送れそうです。こういう土台をつくっておくことで、女優業に専念できるのかも知れませんね。

スポンサードリンク

 

ドラマ『ごめん、愛してる』での大西玲芳さんの役柄は?

rp_iPhone7katate_TP_V-300x158-300x1581-300x158-300x158.jpg

大西さん、このドラマではどんな役柄を演じられるのでしょうか?

 

このドラマ、愛を知らない主人公、岡崎律(長瀬智也)が、純粋で愛情深い女性、三田凛華(吉岡里穂)に出会うことでだんだんと愛情を知っていくというお話。

 

三田凛華には思いを寄せる男性がいるのですが、それが女性に絶大な人気を誇るピアニスト、日向サトル(坂口健太郎)。しかしサトルは個性的な天才サックス奏者、吉沢塔子に夢中になっています。

 

その天才サックス奏者、吉沢塔子を演じるのが、大西玲芳さん。

 

サックスは本人も演奏できるそうで、そのことを自身のツイッターでつぶやいておりました。

 

    あまり目にしなかった、大西さんのかっこいいサックス演奏姿が見られます。今から楽しみですね。  

 

 

ドラマ『ごめん、愛してる』での大西さんの演技の評価は?

CCC9V9A9928_TP_V   まだドラマでの出演時間が少ないので、評価も少なめですが、載せてみます。   「最近、大西礼芳の色気にやられそうな私」 「大西さんがフラ恋のキャラと違い過ぎて1話のラストでやっと大西さんて分かった。すごい!」   ドラマ『フランケンシュタインの恋』にも出演していた大西さん、今回は役柄が全然違ってて同一人物に見えませんでした。それってきっと演技力のせいなんでしょうね。    

 

大西さんの今までの演技の評価は?

さて、大西さん、今までどんな風に演技を評価されてきたのでしょうか?      

「とにかく大西礼芳ちゃんは綺麗な顔立ちの上演技が上手い!!感心させられる!!!」 「んで大西礼芳のあいかわらずの存在感wもはや名バイプレーヤー」 「開発宣伝部の3人中、明日香(大西礼芳)さんだけ 朝ドラ演技実績が飛び抜けてるというアンバランスが気になっていたんですが、さくらをいじめる難しい役どころなら、腑に落ちるんですよね。」 「ジュンコ役の大西礼芳(あやか)にも注目させられた 「幕が上がる」の生徒会役員役でもそうだったが、少ない出番ながらすごく光るものを感じる」 「久しぶりに大西礼芳さんに会った!抜群の演技力!やばいよね。」 「大西礼芳さんの演技、存在感は観物ではないか。」 「松田美由紀の演技の素直さとスピード感。娘役の女の子(大西礼芳)が時々それに食らいついていくところがスゴイ。」 「彌勒という映画観てきた。大西礼芳さんという方の演技が素晴らしかった。」

  今まで脇役を演じることが中心の大西さんですが、脇にいてもその存在感を発揮しているようで、少ないながらも評価している人が結構います。           とくに目立つのが、名前は知らなかったけど、演技を見て、「この人誰?」と思わせる、存在感のある演技を披露しているという点。           名前ありきではなくて、名前は知らないけど「この人スゴイ」を思わせられるって、演技力のある証拠ですよね。            

ちょっと地味なのが持ち味??大西礼芳の独特な魅力。

BIS151026193472_TP_V   大西さん、脇役で重宝されることが多く、目立つ役柄はすくないのですが、「その作品にもいたの?」とびっくりさせられます。     その証拠に、2016年には、連続ドラマにて5本もの作品に出演していますし、2017年でもすでに3本目です。     また映画でも、ADをやっていたり、プロデューサー役、助監督の役などいろいろと出演されています。 ただ、あまりにもその場に溶け込み過ぎる演技力のせいか・・・。          


時々スタッフに間違われるという、ちょっとした屈辱も味わっているみたいです(笑)

ただ、今度のドラマ『ごめん、愛してる』で、一気に知名度を上げることになるでしょうね。

 

まとめ

GORIPAKU2069_TP_V

今回はドラマ『ごめん、愛している』に出演する大西礼芳(おおにしあやか)さんの演技について調べてみました。

脇にいても、その演技の存在感でじわじわと注目を集め始めている大西さん、新しいドラマで、さらに注目を集めそうです。

今回調べてみて、大西さん、本当に多くの作品に出演していたので、さかのぼってみていくのも面白いかも知れませんね。

『ごめん、愛してる』吉岡里帆の演技の評価。変人が多くて困る。

『ごめん、愛してる』長瀬智也の演技評価。白線流しに似てるから大丈夫?

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. unnamed
  2. 150415342006_TP_V
  3. TIG88_bednouederirakkusu_TP_V
  4. kuroko0I9A6188_1_TP_V
  5. PAKPIANO9V9A7324_TP_V
  6. C778_yameteanata_TP_V
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。