ペンギンハイウェイ

アニメ映画ペンギンハイウェイ:原作とあらすじ。映像化は困難だった?

こんにちはうさぎ♪です。

2018年8月17日(金)に全国ロードショーが始まるアニメ映画『ペンギンハイウェイ』

 

予告を見てみると、なんだかちょっと「ぶっ飛んだ」内容っぽうのですごく興味の湧いてきたアニメ映画なのですが、すごーく面白そうです。

この映画のことをもっと知りたい!ということで、いろいろ調べてみました。今回はこの映画の「原作」についてまとめてみました。

 

『ペンギンハイウェイ』声優キャスト一覧!タレント声優は不評?

 


スポンサードリンク


 

アニメ映画『ペンギンハイウェイ』どんな映画?あらすじは?

pengin2

 

とりあえずこの映画『ペンギンハイウェイ』はどんな映画なのか、いろいろ調べてみました。

 

まずは、予告動画をご覧ください。

 

 

大量のペンギンが登場するだけでとりあえずテンションが上がる筆者ですが、宇多田ヒカルさんの主題歌もめちゃくちゃかっこよくて!もう楽しみでしかない映画です。
あらすじは・・・。

 

小学4年生の「アオヤマ君」は、世界について学んだことをノートに記録している、努力家で利口な男の子。

 

最近、アオヤマくんの通う歯医者に「気さくで胸のおおきいお姉さん」がいて、最近のアオヤマ君は、そのお姉さんの研究を真面目に続けていました。

 

夏休みを翌日に控えたある日、アオヤマくんの住む街の郊外に「大量のペンギン」が出現。

 

この事態に世間は騒然とします。そしてアオヤマくん、この「ペンギン」についての謎を研究し始めるのですが、お姉さんがふいに投げたコーラの缶がペンギンに変わるのを見てしまう。

 

そしてお姉さんは言う「この謎を解いてごらん?どうだ、君にはできるか」
という感じの始まりです。

 

主人公は小学4年生の男の子ですが、そこにミステリアスで「胸の大きい」お姉さん、そして海もないのに発生する大量のペンギン。非常にわくわくしてきませんかね?
物語は、このなんでもノートに取らずにいられない頭のいいアオヤマくんと、研究仲間のウチダくん、クラスメイトの女の子ハマモトさんとで進んでいきます。

 

ハマモトさんから、「草原に浮かんだ透明の大きな球体」があることを知らされ、その調査を進めていくアオヤマくん。

 

その球体は「海」と名付けられ、そしてこの「海」と「お姉さん」には、何かつながりがあるのではないかと考え始めるアオヤマ君なのでした。

 

そして、お姉さんの体調に異変が起こり、町は異常現象に襲われることに・・・。

 

お姉さん、そして大量発生した「ペンギン」、そして謎の球体「海」の謎を、アオヤマ君は説くことができるのか?
個人的に、うようよしたものが(今回はペンギン)、大量に発生して街や人を飲み込んでいくという「ジブリっぽい」アニメでの表現が非常に好きす。

今回は個人的に大好きな「ペンギン」が大量発生しているので、ひそかに興奮しておりますが(笑)すっごく面白そうですね。

 

 


スポンサードリンク


 

アニメ映画『ペンギンハイウェイ』の原作はある?

 

PAK85_lalakakudaikyouOL20140321_TP_V

 

さて、この映画に原作は存在するのでしょうか?調べてみたら、原作の小説がありました!

 

『ペンギン・ハイウェイ』(角川文庫)

著者・森見登美彦

pengin

出典:アマゾン

 

単行本が、角川書店より、2010年に発売されています。第31回日本SF大賞受賞作を受賞しています。

森見登美彦さんは「『ペンギン・ハイウェイ』はこれまでの自分の書いてきた小説の中でも一番思い入れのある小説で、しかもこれまで書いてきた小説と傾向が違う新しいもの。自分にとっては大切な作品だった」と受賞作への愛着を述べた。

出典:https://www.sinkan.jp/news/1807?page=1

 

「一番思い入れのある小説」と本人もコメントされていましたが、思い入れのある小説で賞をもらえるなんて、うれしいでしょうね。
2010年に、すでに原作はしっかりと評価されていたみたいですね。

 

 

 

森見登美彦さんプロフィール。

 

MBPR_9V9A8309_TP_V

映画の公式サイトに森見登美彦さんのプロフィールが載ってました。

 

1979年生まれ、奈良県出身。京都大学農学部卒業、同大学院修士課程修了。2003年、在学中に執筆した『太陽の塔』で第15回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。07年『夜は短し歩けよ乙女』で第20回山本周五郎賞、10年『ペンギン・ハイウェイ』で第31回日本SF大賞を受賞。同年にアニメ化された『四畳半神話大系』(フジテレビ系「ノイタミナ」他にて放送)は、文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞をTVアニメとして初受賞した。他の著書に『【新釈】走れメロス 他四篇』、『有頂天家族』シリーズ、『恋文の技術』、『夜行』などがある。
出典:http://penguin-highway.com/about.html

 

今までも、数々の受賞歴のある作家さんですが、『夜は短し歩けよ乙女』は、2017年4月7日にアニメーション映画化されています。

人気実力ともにある作家さんなんですね。

 

 

 

アニメ映画『ペンギンハイウェイ』の監督は?映像化が困難?

 

chitoseIMGL1859_TP_V

この映画の監督は誰が務めるのでしょうか?

 

監督は、石田祐康さん。

 

日本のアニメーター製作者。アニメーションスタジオ『スタジオコロリド』に所属。

 

マクドナルドのCM『未来のワタシ編』

mirainowatasi出典:https://colorido.co.jp/works/

 

パズル&ドラゴンズ CM 1「転校生篇」

pazudora出典:https://colorido.co.jp/works/

 

多くのCM,PVなどを手掛けているアニメーションスタジオですね。

 

監督の石田さん、インタビューにこう応えていました。

 

実はオリジナルや他の原作も含め可能性を検討していたのですが、その中でも『ペンギン・ハイウェイ』に最も惹かれたんです。ただ、同時に(映像化するのは)難しいとも思いました。原作を読むと判るのですが、とても情報量が多い。いろんなことが日記形式で書かれていて、酸いも甘いもあり、さらには奥深なSF要素もある。それを全部描ききれるかどうかという懸念がありました。
出典:http://penguin-highway.com/interview/

 

同時に(映像化するのは)難しいとも思いました。

 

原作も読んでみましたが、確かに情報量が多い!主人公のアオヤマ君は、いつも何かに疑問を持ち、そして考えているので、それをセリフにせずに、どうやってアニメーションで見せていくのか、そこもかなり楽しみですね。
予告編ではうまくいっていそうな雰囲気はありますが、公開が楽しみです。

 

 

まとめ

matome

今回はアニメ映画『ペンギンハイウェイ』の原作、あらすじについてまとめてみました!

もともと受賞までしていた作品のアニメ映画化ですが、さてどこまで話題になるでしょうね。

個人的には「ペンギンが大量発生する」というだけで大興奮ですが、今一つ注目度が低いのかなと感じたので、どこまで伸びるのか、楽しみにしてみたいと思います。

というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 


スポンサードリンク