ドラマ『99.9』のあらすじとキャスト。片桐仁が語る「松潤はストイック?」はホント?

この記事は4分で読めます


ドラマ『99.9』のあらすじとキャスト。片桐仁が語る「松潤はストイック?」はホント?

こんにちはうさぎです。

今年4月から始まるTBS日曜劇場のドラマ『99.9-刑事専門弁護士』

嵐の松本潤さん主演ということでかなり注目されそうな雰囲気です。

まあ、ツイッターのフォロワー水増し疑惑もありますが・・。

ホントなの?ツイッターフォロワーの水増しが芸能人の間で横行してる?

大ヒットドラマ『下町ロケット』の枠でもありますし、やっぱり視聴率は注目されてしまうんでしょうね。松本潤さんは、視聴率をもっているのか?いないのか?いやあ、数字で出てしまうのはつらいなあ・・。内容も数値化できればいいけど、無理だからね・・。

さて、今回はドラマ『99.9-刑事専門弁護士』の内容、あらすじ、キャストについて調べてみたいと思います。
あと、このドラマに、ラーメンズの片桐仁さんも出演していますが、片桐さんが松本潤さんの「役に対するストイックさ」を語っていました。そのあたりについても書いていこうと思います。

ドラマ『99.9』明石役片桐仁。香川照之に”やらかし”ていた事実が発覚!!

 

 

ドラマ『99.9-刑事専門弁護士』のあらすじ

深山大翔(松本潤)は、お金にならない刑事事件ばかりを引き受ける貧乏弁護士。ある日、何度も無罪を勝ち取っている実績を買われ、日本4大法律事務所の1つ、斑目法律事務所の所長・斑目春彦(岸部一徳)からヘッドハンティングされる。
社会貢献の名目で新設された斑目法律事務所の刑事事件専門チームにパラリーガルの明石達也(片桐仁)とともに移籍した深山であったが、バディを組むはずの室長・佐田篤弘(香川照之)は、大企業の顧問弁護士を務め巨額の利益をもたらしてきた民事のトッププレーヤー。斑目から1年後のマネージングパートナー昇格を条件に出され、渋々異動を了承したものの、金にならない刑事事件には全く興味が無い様子だ。さらにチームのもう一人の弁護士である立花彩乃(榮倉奈々)も、斑目の命により、これまでの業務とは全く畑違いの刑事事件ルームに嫌々入ることになってしまった弁護士だった。

出典:公式ページより

この「99.9」という数字ですが、日本では、検察に起訴されたら99.9%有罪にされてしまうらしいのですが、その数字がタイトルになっていますね。

このドラマでは、検察に起訴された依頼人の「残りの0.1%」をかけて、無罪を勝ち取っていくというお話。

映画『それでもボクはやってない』、この映画は痴漢冤罪がテーマの映画ですが、この中でも、何もしていなくても、「罰金を払ってしまったほうが楽だよ」というアドバイスをされてました。

その後も無罪を主張して戦っていましたが、かなり厳しい戦いになっていましたね・・。「冤罪って怖いなあ」と思ったしだいでございます。
日本では、無罪の判決をしてしまうと裁判官としての出世に響いたりするという噂もありますが、このドラマ、そういう「ちょっとこのシステム、おかしくない?」という提言になりそうなので、かなり攻めた内容になるんじゃないでしょうか・・。

 

ドラマ『99.9-刑事専門弁護士』のキャスト紹介。

松本潤・・・深山大翔役

言わずと知れた嵐のMJこと松本潤さん。「スマイル」以来7年ぶりのTBS連続ドラマ出演。
なんと弁護士役も”初”だそうです。

「台本を読んでみて、トリックの面白さや人間関係の描き方がとても面白かったです。」とコメントしておられました。

型破りな弁護士を、どう演じていくんでしょうか?

香川照之・・・佐田篤弘役

松本潤さんとドラマ内でバディを組む”はず”の敏腕弁護士役。最初はかなり対立してしまいそうですが、事件解決を通してだんだんと分かり合っていくんでしょうね。

それにしても香川さん、相変わらず人気が衰えないなあ・・。半沢直樹のような演技は、今回は封印でしょうね・・。見たいですけどね・・・。

榮倉奈々・・・立花彩乃役

今まで”優等生”でやってきたプライドの高い弁護士役。やっぱりこういう性格ですから、主役の松本さんと対立してしまうようです。
青木崇高・・・丸川貴久役

松本さんとライバル同士となる検事さん。どうやら、正義感は強そうな役柄みたいですね・・。

片桐仁・・・明石達也役

弁護士さんをサポートする「パラリーガル」という立場。松本さんとともに法律事務所に入ってきます。

お笑いコンビ「ラーメンズ」のもじゃもじゃしている方でおなじみの片桐さん。現在「エレ片」でお笑いライブ中!見に行ってね!!

ドラマ『99.9』出演片桐仁のIphoneケースがすごい!カレイらしいですが・・・・。

マギー・・・藤野宏樹役

同じくパラリーガルを演じるマギーさん。マギーと言っても、俳優、脚本家、演出家でもあるマギーさんであって、水着姿がほとんど神様なマギーさんではありません。

渡辺真起子・・・戸川奈津子役

こちらも同じくパラリーガル。

馬場徹・・・落合陽平役

企業法務の弁護士役

藤本隆宏・・・志賀誠役

同じく企業法務の弁護士。落合陽平の上司。

奥田瑛二・・・大友修一役

検事正。丸川とは師弟関係にある。

岸部一徳・・・斑目春彦役

深山と佐田を引き抜いて自分の事務所に入れてきた人。大手弁護士事務所の所長。
こうしてみてみると、かなり豪華なキャストですね。主演の松本さんから始まって、香川照之さんだけでなく、奥田瑛二さん、岸辺一徳さんと大御所がおおい!!かなり気合入ってますね。

 

 

共演者片桐仁が語る、ドラマにストイックな「松本潤」の素顔。

TBSラジオ『エレ片のコント太郎』にて、ドラマに出演する片桐仁さんが、共演する松本潤さんについて、語っていました。

ーーーーーーーーーーーーーー
片桐「ドラマの本読みなんだけど、なんか「もっとこうしたほうがいいんじゃないか」とかみんなすげえ言うの。なんにも言えなくてさあ・・・。

片桐「潤くんと二人のシーンがあって、「片桐くん、ここエチュードみたいにやってくれないか」とか香川さんに無茶振りされてさ・・・」

今立「無茶振りというか・・」

片桐「本読みだよ!!ドラマの!・・で、ややすべりして・・「まあ、本番ではもうちょっとね・・・」(と言われた)」

中略

やつい「何年か前に、たまたま飲んだことがあったときも、自分のドラマをチェックしてたからね。放送して、後の飲み会でたまたま会って、自分のチェックして、いろんな人にこれどうなんですか?って聞いて、次のやつに、合わせく・・・。ストイックだなあって思った。」

中略

片桐「香川さんも、半沢直樹の枠だから、あれとは違うアプローチをすごいやってて・・・」

やつい「引き出し多いしね」

片桐「演技が上手い!香川さん演技が上手い!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すいません、「ストイックだ!」と言ってたのは片桐さんではなくて、エレキコミックのやついいちろうさんの方でしたが、それでも松本さんの演技に対する”熱”は感じられたんじゃないでしょうか・・。
嵐のメンバーがドラマに出演となると、どうしても視聴率や演技力を他のメンバーと比べられたりしてしまいますからね・・。
ただ、やっぱり香川さんの演技はすごいんですね・・。片桐さん、絶賛してました・・。

 

まとめ

4月からのドラマ、面白そうなのが沢山ありますが、個人的に片桐さん好きなので、このドラマはきっちりチェックしていこうと思ってます。

視聴率云々言っても、やっぱり面白いかどうかが大事ですからね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. a0001_003769
  2. rentaru22
  3. 00_PP38_PP_TP_V
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ドラマ『FF14光のお父さん』まとめページ!!

20160331171820b74