下剋上受験の視聴率、評価・評判。深田恭子がもったいない?

この記事は4分で読めます

YUKA862_hisyoumun15210248_TP_V

こんにちはうさぎ♪です。

2017年冬のドラマもいよいよ始まりました。話題作も多いなかどれを見るのか迷ってしまいますね。

2017年冬ドラマ視聴率ランキング!評価や感想もまとめました!

 

さて今回は、今期の話題作の一つ『下剋上受験』の視聴率と評価・評判をまとめてみました。

下剋上受験の深田恭子が可愛いとやっぱり話題に!画像を集めてみました。

 

ドラマ『下剋上受験』の視聴率は?

gekokujyou

出典:TBS

さっそく視聴率を見てみましょう。

 

1話 10.9%

2話 10.6%

3話 7.4%

4話 9%

5話 8.1%

6話 8.1%

7話 7.4%

8話 5.0%

9話 7.1%

10話 8.0%

平均視聴率 8.16%

<3月22日更新>

思ったよりも伸びなかったなあ、という印象です。内容はすごくよかったと思ったのに、何だろうか、地味だったのかな?

<3月9日更新>

8話でかなり下げてしまいましたね。おそらくですが、裏で放送されていた『日本アカデミー賞授賞式』に持っていかれたかたちでしょうか。ただ7話の時点で7.4%と下げ気味だったので、だんだんと視聴者に飽きられ始めているのかも。今後の展開に注目ですね。

 

<2月1日更新>

一体どうしたんた!と言いたくなるくらい下げました。内容は悪くないのに!と思ったら、金曜ロードショーの『耳をすませば』とかぶっていました。完全に食われた形になりましたね・・・。

それにしてもジブリ強すぎ・・。そして、下剋上受験かわいそう・・。視聴率取れない枠は、もうジブリ専門の枠にしちゃったらいいんじゃないかと思えてきますね。

 

<1月24日更新>

キャストもいいし、内容も面白いんですが案外上がらなかったですね。このドラマ、結末は最初からわかってるので、最終回に劇的に上げる!ということもなさそうなので、もしかしたら前クールの『砂の塔』に負けちゃうかもしれませんね。もうちょっと話題があるといいのかも。それにしても、深キョンの入浴シーンは継続の方向なんですね(笑)まあ、うれしいですけどね。

 

前クールのドラマ『砂の塔』は、初回9.8% 平均10.18%

内容がよくて初回からだんだんと数字を挙げていき、最終回には13.2%をたたき出した好成績のドラマでした。

その前が『神の舌を持つ男』で初回6.4% 平均5.62%と、これは例外かな・・。

その前が『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』で初回10.3% 平均9.03%

話題性から言っても10%は超えてくると思うのですが、どうでしょうか?

 

ドラマ『下剋上受験』の評価・評判は?

N112_sumahodeyorokobu_TP_V

それでは見てみましょう!。まずはツイッターの評価から。

 

「下剋上受験はこれからが楽しみだなーという感じ」

「下剋上受験おもしろ!!」

「下剋上受験、想像してたより面白かった。阿部サダヲが頑張ってる!深田恭子はそのまんま。」

「下剋上受験 全然おもしろくないやん!就活家族の方が何百倍もおもしろい!」

「『下剋上受験』の深キョンの入浴シーンは TBS系ですから『水戸黄門』由美かおる的な感じで 毎回いただけるんでしょか」

「下剋上受験テンポが良くて引き込まれた。サダヲさんの演技は凄いし恭子ちゃんの気が強いお母さんも可愛い」

「下剋上受験の旦那がかっこいい!」

 

 

阿部サダヲさんの演技を評価する人多いですね。やっぱり安定の面白さですね。他にも、子役の山田美紅羽ちゃん、深田恭子さんなど、キャストに対する評判も全体的にいいです。

中卒の親子が娘に中学受験をさせるというストーリーなのですが、勉強が親の押し付けやエゴでない感じ、他の高学歴の親の描写もバランスが取れていて、全体的に好意的に受け取られている雰囲気です。

子供の教育がテーマだと、たくさんの人の神経を逆なでしそうですが、今回はうまくいっているみたいですね。

それにしても深田恭子さんの入浴シーンを期待する声が高まりすぎでした(笑)深田さんもその「由美かおる」的な路線で行ってくれるとすごくうれしいんですけどね。お色気がちょうどいいんですよね。

 

『下剋上受験』若旦那のおかげで視聴率アップ?演技の評価は?

厳しめなYahoo!ドラマレビューでも好印象!

rp_a0002_001517-300x208-300x2081-300x208-300x208.jpg

さて今度はYahoo!のドラマレビューを見てみましょう。ここっていつも厳しめな評価が付くことが多いのですが、どうでしょうか?

 

「やっぱり子役の女の子が上手くて光っていた。」

「愛情が根底にあることがちゃんと描かれていてステキでした。」

「阿部サダヲさんと子役のやり取りって良いな。」

「初回の一時間で、この家族が、なぜ私立中学の受験を目指したかが、わかりやすく描かれていたように思いました。見ていて安心したのは、これまでしっかりと娘さんの心を育ててきた両親が、子どもが将来、選択肢を広げられるようにと願い、一緒に勉強する決心をした。
そう、感じられたことです。」

「分不相応な受験は親の見栄に過ぎないでしょう。これを美談としてしかもドラマ化する意味がわからない。」

「教育ビジネス全盛でこれからの時代に東大に行ったところで…と思ってしまうが、塾にも行かずというのは共感持てる。」

 

全体的に好意的ですね。

やっぱりみなさん気にしていたのは「親の押し付けなんじゃないの?」「エゴなんじゃないの?」という部分。

もちろん、この時代に何が学歴だ!という意見もちらほらありましたが、ドラマ制作側もきちんとそのことをわかっていて、丁寧に作られている雰囲気がしますね。

そしてやっぱりキャストに対する評価はいいです。深田さん可愛いは、やっぱりどこでも聞きますね。

一方、ちょっとだけ経路の変わった評価も。

 

「深キョン 可哀想。こんな低俗なドラマで完全に個性がなくなってる」

「深キョンが勿体無く思う話ですね、観る前から言うのもなんだけど。この少子化の時代にお受験物語?」

 

深キョンファンには、ちょっと物足りないキャスティングだったみたいです。

 

まとめ

rp_pasokon-300x200.jpg

「子供の教育」がテーマだったので、もっと荒れるかと思っていましたが、阿部サダヲの力なのか、深キョンの癒しのせいなのか、それとも丁寧な脚本のせいなのか、あまり反対意見は目立ちませんね。

「中学受験を頑張る!」となるとどうしても親のエゴを感じさせてしまいますが、そうじゃないんだ!自分が苦労したからこそ、そして子供の人生を一番にかんがえるからこそ、一緒に頑張るんだ!というメッセージが視聴者にきちんと伝わったみたいですね。

やっぱり、子供に勉強を押し付けずに、親も一緒に頑張るという姿勢が好感を呼ぶんでしょうね。

全体的に好印象ですし、随所で笑えるし、ところどころに挟み込まれるいいセリフ。今期のドラマの中では、かなり期待ができるドラマになりそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. FF14-6-1024x637
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。