ALIFE(アライフ)柴田由紀役、木村文乃の演技。木村コンビ最高!

この記事は2分で読めます

sayapon20160312020517_TP_V

こんにちはうさぎ♪です。

2017年冬ドラマもいよいよ始まりました。

話題作の多い今期のドラマですが、筆者の独断と偏見で『2017年冬ドラマおすすめランキング』を作ってみました。参考にしてみてください。

2017冬ドラマおすすめランキング!意外なあの作品が上位に?
今回は、ドラマ『ALIFE(アライフ)』に柴田由紀役で出演している木村文乃さんの演技が好評なことについて調べてみたいと思います。

特に、主演の木村拓哉さんとのコンビが最高!という声が多数です。

 

ALIFE(アライフ)柴田由紀役、木村文乃さんプロフィール

まずは木村文乃さんの役柄と簡単なプロフィール、

fumino

出典:http://tristone.co.jp/actors/kimura/

木村文乃(きむらふみの)

生年月日:1987年10月19日(29歳)

出生地:東京都

身長:164 cm

血液型:AB型
2004年、映画『アダン』のヒロインオーディションにてヒロインに選ばれ、芸能界デビュー。そこからいくつか仕事をするも、そのあとの仕事に恵まれず、アトピー性皮膚炎も悪化し、カメラの前から遠ざかる。そして、芸能界引退も視野に入れつつ、あらゆるアルバイトを経験する。

 

その後、現在の事務所、トライストーン・エンタテイメントにスカウトされ芸能活動再開。

 

2011年4月『ちふれ化粧品』のCMで注目され、一気に4社のCM契約が決まりこの当たりからブレイク!

そこからは映画、ドラマにも多数起用されるようになり、現在の活躍に至ります。

 

2016年11月には、俳優養成所で講師として演技指導を受けていた一般男性と結婚。

 

今まで、お嬢様だったり、おとなしい性格の役柄が多かった印象ですが、本人の性格は「さばさばしたタイプ」ということで、今回のドラマ『ALIFE(アライフ)』での役柄にかなりピッタリなんじゃないでしょうか。

 

雰囲気的にも影があるし、さらに女優としての評価を上げそうですね。

ALIFE(アライフ)での木村拓哉さんとのコンビが最高です。

rp_a0002_0119081-300x233-300x233.jpg
木村文乃さん、今回の役柄柴田由紀は、不愛想なオペナース(手術の際サポートをするナースのこと)ですが、が、アメリカから鳴り物入りでやってきた一匹狼の沖田(木村拓)に最初から理解を示します。

 

病院の医師、井川颯太(松山ケンイチ)から好意を示されるもそっけない対応で、どこかこの病院に不満を抱いている様子。かなり手術にも詳しく、発言にも意味深なものがあるので、どんな過去があるのか、これから楽しみなキャラクターです。
そんな柴田由紀、木村拓哉さん演じる沖田一光と手術中もかなりいいコンビネーションを演じていて、そのコンビ感がすごくよくて、ワクワクしちゃいました♪

 

「木村コンビ最高でした」

「木村文乃の超有能だけど何か訳ありっぽい感じも!」

「とにかく木村文乃ちゃんが爽快で気持ちがいい!文乃ちゃんのおかげで見続けられそうw」

「木村文乃さん演じる由紀が「ほかに行くとこありませんから」と言っていたのが気になる。単なる謙遜か。ワケ有りか。ワケ有り希望」

「そして文乃ちゃんがただひたすら可愛い。なにしてても可愛い。」

「キムタク沖田先生と木村文乃ちゃんのコンビが好きだ!」

「木村拓哉と木村文乃の木村コンビあまりにも最高過ぎました 」

「木村拓哉さんと、木村文乃さんの木村コンビがメチャクチャいい味出してた。」

 

 

個人的には、二人がハイタッチする場面を恨めしそうに後ろから松山ケンイチが見ているシーンが最高でした(笑)

 

とにかく木村文乃さん、このドラマでは木村拓哉さんの次に好評でした。次回からも活躍してくれるといいなあ。

 

まとめ

rp_pasokon-300x200.jpg

というわけで、今回は木村文乃さんの演技、そして木村拓哉さんとのいいコンビについて書きました。

なんだか見るのがつらそうなドラマだなあと思っていましたが、実際に見てみたらすごく面白そうです。なので継続して見てみようと思います。

明日がTBS日曜劇場。見ごたえのあるドラマを作ってくれますね。

A LIVE(アライフ)愛しき人の視聴率と評価。手術シーンに驚愕?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. PAK85_coding15095904_TP_V1
  2. PP_nobitahikoukigumo_TP_V
  3. hasigoSP
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。