ドラマ『この世界の片隅に』音楽が久石譲ってすごくない?

この記事は3分で読めます

hartIMGL0487_TP_V4

こんにちはうさぎ♪です。

2018年夏ドラマの情報もちらほら上がってきていますが、大ヒットしたアニメ映画の連続ドラマリメイク作品『この世界の片隅に』が今からかなり楽しみな雰囲気になっています。

原作のコミックスは未見ですが、アニメ映画はすごくよかったです。見ていない人はぜひ見てみることをお勧めします。笑えて、泣けて、考えさせてくれる、最高の映画でしたよ。

 

さて、今度連続ドラマ化されるこの『この世界の片隅に』ですが、最初は「連続ドラマで描くのなんか無理なんじゃないの?」と感じていました。しかしなんだかスタッフの顔ぶれに本気を感じるので、ちょっと期待し始めてきました。

何しろすごいのが、このドラマの音楽担当が、ジブリ映画の音楽を多く担当することで知られている久石譲さんなんです。

 

これって結構すごい事じゃないですか?

 

というわけで今回はドラマ『この世界の片隅に』の音楽を担当する久石譲さんについてちょっとまとめてみようと思います。

ドラマこの世界の片隅に主演すず役、のんと松本穂香どっちがいい?

ドラマ『この世界の片隅に』主演すず役松本穂香ってどんな人?


スポンサードリンク


 

 

ドラマ『この世界の片隅に』音楽久石譲ってホント?

N112_sonnabakana_TP_V

 

さて、この情報が本当なのかまず確認してみましょう。公式サイトに行ってみると・・・。

 

音楽を担当するのは、民放連続ドラマ登板は24年ぶりとなる久石譲!

 

そして音楽を担当するのは、スタジオジブリが手がける宮崎駿監督作品や北野武監督作品など、幾多の映画作品を唯一無二の音楽で彩ってきた久石譲。近年は海外作品も手がける久石が民放の連続ドラマで音楽を担当するのは1994年『時をかける少女』(CX)以来、実に24年ぶりとなる。
出典:http://www.tbs.co.jp/konoseka_tbs/

 

24年ぶりらしですが、久石譲さんがドラマの音楽をしていたということが驚きです。

映画で音楽を聞いてい、「あれ?これって久石さんかな?」と思ってたらその通りだったという経験も結構あります。特徴的ですが、どれも素晴らしい音楽なんですよね。

 

お話の内容に関してはすでにヒットしているので間違いないですし、その上音楽が久石譲さんということで、これは楽しみしかない!期待していいのかも知れませんね。

 

 

そういえば久石譲さんってどんな方?

hisaisijyou

出典:https://android.app-liv.jp/001199157/

もともと名前は知っていましたし、その音楽で何度も感動させられてはいますが、正直プロフィールをきちんと調べてみたことがなかったので、ちょっと調べてみようと思います。
出生名:藤澤守

生誕:1950年12月6日(67歳)
出身地:長野県中野市
学歴:国立音楽大学作曲科卒業

 

長野県中野市出身[2]。長野県須坂高等学校を経て、国立音楽大学作曲科卒業[3]。久石譲の名は、大学在学中に友人と話し合った結果、当時活躍していたクインシー・ジョーンズの名前をもじり漢字に当てたものに由来する[4][注 2]。
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%85%E7%9F%B3%E8%AD%B2

知りませんでしたが、筆者と同じ長野県の出身なんですね。そして、久石譲がクインシージョーンズをもじった芸名だとも初めて知りました(笑)

 

ちなみにクインシー・ジョーンズとは、マイケルジャクソンなど、数々の大ヒット曲をプロデュースした大物プロデューサさんのことです。

 

 

映画音楽を中心に手掛ける[5]。特に宮崎駿監督作品においては、『風の谷のナウシカ』以降、『風立ちぬ』まで29年間すべての長編アニメーション映画の音楽を手掛けている[6][7]。また、北野武監督作品においても、『あの夏、いちばん静かな海。』から『Dolls』までの7作品の音楽を手掛けている。
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%85%E7%9F%B3%E8%AD%B2

これまで29年間宮崎駿監督のすべての音楽を担当していたんですね。

 

どうしてずっと宮崎作品の音楽を担当してきていますが、久石さん、宮崎さんと仕事をする際は常にプレッシャーを感じていたみたいです。


スポンサードリンク


 

 

『この世界の・・・』久石譲さん担当での世間の評価!

hartIMGL0491_TP_V

驚いているのは筆者だけじゃなくて、みなさんもかなりびっくりされているみたいです。

 

「「この世界の片隅に」実写ドラマ化されるんだーフーンって思ってて詳細見てなかったけど音楽久石譲さんなのか…すごいなあ

「全然関係ないんだけど、この世界の片隅にの連ドラの音楽が久石譲だってね!!ワオ!

久石譲さんの音楽が流れる『この世界の片隅に』も素敵でしょうね。
映画では実際の場所が背景になっていましたが、ドラマでは広島や呉がどんな風に描かれるのか。」

久石譲が音楽手がけるっていう点がすごい気になるぜ。

「連ドラこの世界の片隅に、音楽が久石譲なのどう考えてもやばい

「「この世界の片隅に」キャストしか見てなかったけど、脚本岡田惠和、音楽久石譲。強すぎる。しかも演出が「カルテット」「逃げ恥」の土井さん。おおお強い。元々話題作ではあるし、さらに有名になりそう。」

音楽が久石譲さんなだけじゃなくて、演出に「カルテット」「逃げ恥」の土井裕泰さん、脚本に『ひよっこ』『ちゅらさん』『おひさま』『最後から二番目の恋』などで知られる岡田惠和さんなど、実力派スタッフが勢揃いでみなさんかなり期待しているみたいですね。

 

 

まとめ

matome

今回はドラマ『この世界の片隅に』の音楽が久石譲さんに決定したことについていろいろとまとめてみました。

 

連続ドラマに久石譲さんの音楽って、TBSの日曜劇場は毎回話題作を投入してきますけど、今回は本当にすごいことになりそうな予感ですね。

 

というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. takanenohana
  2. kenbun3
  3. PAK85_lalakakudaikyouOL20140321_TP_V
  4. kenbun2
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。