おっさんずラブがBL作品として高評価?連続ドラマ版ではどうなる?

この記事は4分で読めます

PAKU6462_TP_V

こんにちはうさぎ♪です。

2018年4月に放送されるドラマ『おっさんずラブ』

2016年年末に単発のスペシャルドラマとして放送された作品なのですが、視聴者たちの大絶賛によって、今回めでたく連続ドラマ化されることとなりました。

 

このドラマ、おじさんが、おじさんを、おじさん同士で取り合うという何ともカオスな作品なのですが、このほとんど冗談にしか聞こえない設定のドラマが実は「BL好き」な方々のハートをわしづかみにしているみたいなのです。

 

一体どういうことなのか、見てみよう。

『おっさんずラブ』WIKI風まとめ。SPと連続ドラマとの違いは?

SPドラマおっさんずラブの評価感想!田中圭、吉田鋼太郎がかわいい?


スポンサードリンク


 

スペシャルドラマ『おっさんずラブ』が大好評。

SPossanzurabu

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/henai/ossanslove/

 

このドラマ2016年の年末に放送されましたが、放送終了後、かなりの人たちにすごいインパクトを残して終了しました。

「吉田鋼太郎、最高でした。1回だけでは物足りない。 続編が見たい。」

「地上波では見れず、ネットで拝聴しました。田中君をはじめ、主役三人衆の演技力が抜群なので、妙にリアリティーがありつつ、軽妙なラブコメに仕上がってました。ちょっと姉御風の同期役の女性も非常に好感が持てる描き方で、楽しい一.」

「イヤァー楽しかった! 吉田鋼太郎さんが、上手すぎる!! 本当に田中圭さんのことを好きなのかと思えるようないじらしい演技だったー。」

「今までこんなドラマなかったし、BLloveばかりでなく宮澤佐江の彼女もいい。ゆれる圭くんの心情も楽しい。そう、偏見はなくすべきなのだ。」

内容は完全なる「コメディ」でしたが、主演の3人それぞれの演技が素晴らしく、「おじさん同士の恋愛」というかなり偏った内容なのに、それぞれの登場人物の想いはすごく切実で、コメディとしても、きちんとした恋愛ドラマとしても、非常に質の高い作品だったと思います。
このドラマ、おっさん達だけでなく、主役の相談に乗るサバサバ系の女子も登場するのですが、ドラマを見ている視聴者からしてみると、「最終的には女子とくっつくんだろうな」と思わせつつ、最終的にノンケだった主人公の心が揺らぎだすという、非常に衝撃的なラストでした。

 

もともと「男が好き」という人のドラマはたくさん見ましたが、女性が好きだと思っていた男性が「あれ?これって嫌じゃないかも知れないぞ・・」と目覚めていく瞬間は始めて見ました・・。
衝撃的だったなあ・・・。

おっさんずラブ吉田鋼太郎の演技がかわいい?ヒロイン役って何よ?

 


スポンサードリンク


 

なので、世のBL好きにも大好評!

hartIMGL0491_TP_V

 

表面的にだけではなく、しっかりと男性同士の恋愛を描き、最終的には「目覚め」の瞬間まで描いていたということで、世の「BL大好き!」な方々のハートにも深く響いた作品だったみたいです。

 

「2016年にも単発ドラマがあって見てみたらもうこれは最強の王道BLノンケが堕ちる瞬間最高にたまらん!!!ギャグ強かったから絶対みよ!!」

「おっさんずラブの設定そこらへんのblマンガより上手くできてそうで怖い」

「おっさんずラブの田中圭、めちゃくちゃ受けだしめちゃくちゃかわいいしぜったいちょろいし、総括してサイコーだし、1年もルームシェアしてるくせに何やってんだ後輩!部長に強めにちょっかいかけられてんぞ!と思うけど総括してサイコー」

「おっさんずラブ見ました!なんというハッピーホモ!!とにかく田中圭と吉田鋼太郎がかわいいので見るべきです!!」

「田中圭くんかわいい、めんどくさい受けくせぇ…ツンデレめんどくさい年上受け好きだ…健気年下攻め美味しい」

「おっさんずラブこれは意外といいぞ…ノンケだった主人公が上司と後輩に迫られ悩んで最終的に同居してる後輩に情がなびいて「あれ…?なんで俺コイツの事気にしてんだ…?」と頭を抱え結果ちゅーされて「意外と平気かも…」と落ちていく流れ最高だ…下手なBLものより完璧やぞ…」
「おっさんずラブ最高だったんだけど?!!!田中圭ノンケ受けとか最高の極みでしかないし、おっさんかわいいし、後輩もかわいいし、ラストとか商業BLでみたことあるやつ?!!」

かなりの絶賛を受けていました。

 

最近はBLっぽい題材を扱った作品もふえていますが、コメディながらもここまで踏み込んだ作品は珍しいのでしょうか・・。

 

連続ドラマ版に対する「不安」?

kawamurayukaIMGL0435_TP_V

しかし、やっぱり元の作品が好評だと、「SPドラマのほうがよかった」「キャスティングが前のほうがよかった」という不満は出てくるみたいで、その声もまとめてみました。

 

「おっさんずラブ連ドラ化楽しみなような不安なような…アレ、あの一時間で過不足0で完全に出来上がってたからさぁ」

「おっさんずラブ連ドラになるんだ!ラスト5分が完成されてたから蛇足にならないか不安…と言いつつ楽しみ! 」

「おっさんずラブなんでヒロイン役内田理央なん。前の人のがいい!ほんまに!やめて!男の役は別にどっちでもええけどw」

「相手がハセじゃないのとハセ役を田中圭よりイケメンのかわいい系にしてしまった事の罪は大きいぞ」

「後輩役の落合モトキ君と振られる同僚役の宮澤佐江ちゃんはそのままがよかったけど。」

「おっさんずラブが連ドラ化だって。でも後輩役が変わってて えー…て感じ。配役変わらずに連ドラ化して欲しかった…。」

やはりこういう「原作のある作品のドラマ化」の場合、どうしても避けられないのが、以前好きになった作品のイメージを引きずってしまうこと。

 

後輩役の落合モトキさん、相談する同期の女性、湊あすか役の宮澤佐江さんなど、両方とも魅力的なキャラクターだっただけに、連続ドラマで配役が変わってしまったことを残念に思う人が多いみたいです。

 

まあ、こういう問題は原作があるとどうしても付きまとう問題。別物として楽しむしかありませんよね・・・。

 

まとめ

a1

今回はドラマ『おっさんずラブ』が、BL好きの方たちに受けているという事実をまとめてみました。

 

と同時に、原作からキャスティングや内容がかなり変わってしまうことにも不安を感じている人も多いことも取り上げてみました。

 

ただ、それらを差し引いても魅力的なことになんら変わりはないこの作品。放送日が待ち遠しいですね。

 

というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. KENTA7d44asd_TP_V
  2. a3
  3. sayapon20160312020517_TP_V
  4. hartIMGL0491_TP_V
  5. DI_IMG_5783_TP_V
  6. YK0I9A6213_TP_V
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。