ドラマ『シグナル』の原作が面白い?高く評価される理由とは?

この記事は3分で読めます

00_PP39_PP_TP_V

こんにちはうさぎ♪です。

2018年4月から放送されるドラマ『シグナル』

坂口健太郎さん初主演の連続ドラマですが、過去からのメッセージにより、未解決事件を次々と解決していくという、今までありそうでなかった面白そうな設定のドラマです。

最近ではオリジナル作品のドラマも根強く放送されていますが、このドラマ『シグナル』には、どうやら原作があるみたいです。

というわけで今回はドラマ『シグナル』の原作についてまとめてみようと思います。

日本版リメイクの韓国ドラマ『シグナル』に視聴率爆死の予兆が?


スポンサードリンク


 

ドラマ『シグナル』の原作はどんな作品?

sigunaru-kankoku

さて、このドラマ『シグナル』ですが、韓国のケーブルテレビで放送されて大ヒットを記録したドラマ『シグナル』が原作になっています。
ドラマ『シグナル』

脚本:キム・ウニ

キャスト:キャスト:イ・ジェフン、キム・ヘス、チョ・ジヌン、チョン・ヘギュン、チャン・ヒョンソン

 

韓国では権威のある、「第52回百想芸術大賞」をはじめ、様々な賞を受賞した傑作ドラマと評されているドラマ。2016年に放送され、2016年のケーブルテレビドラマの視聴率ランキングでも2位を獲得している人気ぶりでした。

韓国ドラマ『シグナル』は面白い?視聴率・評価・感想まとめ。

 

あらすじは

 

未解決事件の捜査をするプロファイラーのパク・ヘヨンは、彼が幼い頃に起きた殺人事件のことを思い出していた。当時、同じクラスの女子児童が誘拐され遺体で発見された事件だが、ヘヨンは女子児童を連れ去った謎の女を目撃していた。しかし、それを警察に伝えるも誰にも相手にされず、結局事件は未解決のまま15年が経ち、まもなく時効を迎えようとしている。
オトナになり、警察官となったヘヨン。ひょんなことから壊れた無線機を手に入れる。そして、使えるはずのない古い無線機から突然声が聞こえてくる。イ・ジェハンという名の刑事で、その殺人事件に関する手がかりを知っているという。最初は信じられないヘヨンだったが、彼が言った場所に向かうと、なんとそこには何者かの白骨死体があった。
出典:http://www.eigeki.com/special/signal

自分が目撃した犯人の情報を警察に訴えても相手にしてもらえなかった。同級生の死にずっと心を痛めていたヘヨンが、過去からのメッセージを頼りに、未解決のまま軸緒を迎えようとしている事件を解決していくというお話。

 

自分が過去に戻ったり、過去から人がやってくるのではなくて、それぞれの時代から、無線機を通して交信しながら事件を解決していくという、ありそうでなかった設定のドラマ。確かに面白そうですね!

 

さて、あらすじに「15年で時効を迎えようとしていた」とありますが、実は韓国では2015年に時効制度は廃止、あるいは時効の延長がされています。どうしてここでは「時効15年」という風になっているのでしょうか・・・。

ドラマ『シグナル』の時効15年。今の日本に「時効」ってあるの?


スポンサードリンク


 

 

時効廃止がされる前の韓国が舞台。

SAYA0I9A8798_TP_V

実はこのドラマには、このドラマが作られる「きっかけ」になる事件があります。「キム・テワン」君という少年の事件です。

 

1999年、大邱(テグ)で何者かが7歳の少年キム・テワン君に硫酸をかけ、全身にやけどをしたテワン君は最終的に49日で死亡した。しかし、とうとう犯人は捕まらず…公訴時効15年が経つとテワン君の両親の涙ぐましい訴えにも関わらず結局この事件は永久未解決事件になってしまった。
出典:http://www.xn--gdkc1a5b0cw867au3yf.jp/article/453145591.html

 

残念ながら、テワン君の事件は永久に解決しない事件となってしまいましたが、実はこの事件の時効がきっかけになって、次の年には韓国でも時効が廃止されています。(テワン法と呼ばれています)
韓国ドラマ『シグナル』は、このテワン君の痛ましい出来事をきっかけに、「未解決の事件でも、あきらめなければ未来はきっとある!」というメッセージとともに作られたドラマでした。実際にドラマでは、数々の、「実際にあった事件」がもとになってエピソードが作られています。

 

このドラマ、ただ面白いだけではなく、未解決事件にいまだに苦しむ、遺族に対してのメッセージにもなっているという、骨太な作品だったんですね。

ただ面白いだけでなく、奥の深い作品だったということですね。

 

 

韓国ドラマ『シグナル』の評価は?

CCC9V9A9928_TP_V

さて、このドラマ、どんな評価をされていたんでしょうか?

「シグナル 試聴中。現在の刑事と過去の刑事が無線機を通じて迷宮入りした未解決事件を解決していくサスペンスドラマで、時間を忘れる位面白い!!」

「『シグナル』、元の韓国版はすごく面白いので、日本版も見たい。」

「やっっっっと韓国ドラマのシグナルの続きみてるんだけど、面白い!!!!!!!!面白いなんて言葉では済ませられない。これは、相当!サスペンス色々みてるけど、シグナルずば抜けてる。」

「韓ドラ「シグナル」がすんごくすんごく面白い~♪映画を観てるみたいだよ~」

と、絶賛の声多数!すごい評判です。

 

全部で16話とちょっと長めなのですが、それでも一気に見てしまった!という人もたくさんいます。いやあ、すごい人気です。

 

今まで韓国ドラマに偏見を抱いていた人も、このドラマで韓国ドラマに対する見方を変えた!という人もいるみたいです。

今度は日本版としてリメイクされますが、その面白さが日本でも味わえると思うと、今から楽しみですね。

 

まとめ

PAK58_mihirakitecyoutopen_TP_V

というわけで今回はドラマ『シグナル』の原作である韓国の同名ドラマ『シグナル』についてまとめてみました。

 

韓国版の『シグナル』はかなり面白いらしいので今から楽しみですが、まあ、原作を知っている人からは叩かれるんでしょうね・・。さて、最近視聴率はともかく内容には力を入れ始めているフジテレビ、そろそろ評価が盛り返してくるのか?来ないのか?どっちなのか?
というわけで今回はここまで。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. kawamurayukaIMGL0435_TP_V
  2. SAYA0I9A8798_TP_V
  3. YK0I9A6213_TP_V
  4. a4
  5. a3
  6. a1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018春ドラマ視聴率ランキング!

ドラマ『アンナチュラル』のトリビア、豆知識をまとめました!

2018冬ドラマ差入れをまとめてみました♪