2018春ドラマ

ブラックペアン加藤綾子(カトパン)の演技は高評価になるはず!

こんにちはうさぎ♪です。

2018年4月に放送されるドラマ『ブラックペアン』

嵐の二宮さん主演、原作は「チームバチスタ」シリーズの海堂尊さん。脇を固めるキャストも豪華で、話題も視聴率も高くなりそうな予感ですね。

主題歌もなんと小田和正さんが担当すると発表がありました。これって結構すごいことですよね。

まあ、一部の方々は不満もあるみたいですが・・。

ブラックペアン主題歌が小田和正で炎上?恥ずかしいと批判の嵐!

 

さて、今回はこのドラマに、初の連続ドラマ出演となる、「カトパン」ことフリーアナウンサーの加藤綾子さんが出演されます。

 

今までも単発ドラマでちょくちょく演技の経験はあったみたいですが、今回は注目のドラマにしかも「そこそこ重要な役柄」での出演とあって、いい意味でも、悪い意味でも注目されそうですよね。

 

というわけで今回は、ドラマ『ブラックペアン』に出演する、加藤綾子さんの演技について調べてみようと思います。

『ネタバレ』ブラックペアンの「ある事件」は実際に存在する?

ドラマ『ブラックペアン』原作との違いをまとめ!主役が違う人?


スポンサードリンク


 

 

 

加藤綾子(カトパン)さんの「ブラックペアン」での役柄は?

 

katopann

出典:http://www.tbs.co.jp/blackpean_tbs/news/

今回加藤綾子さんは、どのような役柄を演じるのでしょうか?

 

加藤が演じる木下香織は、元看護師で現在は治験コーディネーターとして、新薬や機器開発の治験の窓口となっている。“神の手”を持ち、絶対的権力を持つ東城大の佐伯教授(内野聖陽)や、“オペ室の悪魔”と呼ばれ、皆に恐れられている渡海といった面々と対等なやりとりをしていく。さらに、帝都大の刺客として東城大にスナイプを導入しようとする高階(小泉孝太郎)にも接触するなど、自分の信念を貫いて医療業界をけん引している人物である。
出典:http://www.tbs.co.jp/blackpean_tbs/news/#n_song

治験コーディネーターというのは、製薬会社などが新しい薬を世に出すために必要な「治験」において、医療機関、患者、製薬会社などをうまくつなげる役割をする仕事。

 

治験とは、厚生労働省から新薬の承認を受けるために行う、人に対する臨床試験のこと。

 

医療機関、製薬会社との仲立ちをしながら、実際に薬を試すことになる患者さんの側にも立って調整を行う、文字通り「コーディネーター」な役割を担うお仕事です。

 

もっと詳しくは以下にまとめました。

ブラックペアン:カトパン演じる”治験コーディネーター”って何?
加藤綾子さんの知的な雰囲気がばっちり似合う、ハマり役と言えそうですね。

 

役柄の内容を見る限り、何かしらの「信念」をもって仕事をしている雰囲気なので、かっこいいセリフが聞けそうで今から楽しみですね♪


スポンサードリンク


 

 

加藤綾子さんの演技の経験、評価は?

 

kawamurayukaIMGL0435_TP_V

さて、今回連続ドラマ初出演ということですが、今までも何度かドラマには出たことがあるはず。その時の評価はどんなもんなんでしょうか?
今まで加藤綾子さんが出演した作品は「世にも奇妙な物語」とそのほかのドラマに「本人役」として出ただけで、あとは出演されていませんでした。
「世にも奇妙な物語」では、「女子力」という短編のドラマに出演されていました。ビルから落ちそうになっている友人を腕一つで支えているという変な状況での演技でしたが、そんなに悪くない印象でした。
他には、サッカーの長友さんと共演したビールでのCMもありましたが、これも時間が短すぎるので、演技がうまいか下手かは正直よくわかりませんね。
今度はみなさんの加藤さんの演技の評価を見てみましょう。

 

「何が楽しくて素人の演技をテレビで見なきゃいけねぇんだ、、見た目だけで固めるドラマになったら嫌だな」

「カトパンがブラックペアンに中々重要な役で出演するの今理解したんだけど、それに対して演技面で心配する人はまだ分かるけど、女子アナを近づけるな!って言ってるオタクバカすぎない??」

「カトパンの演技どうなんやろ。せっかくいいドラマになりそうやからマイナスにならんかったらいいけど、、、」

「この人フリーなの今知った。アナウンサーとしては美人だけど、女優としてはフツーの顔してるよね?あと、演技力あるのこの人?ただの賑やかしかな?」

「カトパン、連ドラ出演か…実際の作品見てみないとなんとも言えないけど…」

「カトパンの演技とか未知数すぎて怖い。」

「カトパンって、有村架純の姉に似てるなって思ってはいたけど、演技上手だったらいいなードラマ見てる途中で我に返りたくない(笑)」

 

正直、加藤さんの演技はほとんどの人が「見たことがない」という状態。日曜劇場の注目されているドラマなだけに、楽しみにしている人が多く「演技できるの?」と心配する人がかなりたくさんいる印象です。

 

ただでさえ嫉妬の対象になりやすい女子アナさんの女優進出ということで、現時点では「はあ?」というちょっと風当たりの強い印象ですね・・。まあ、これは仕方ないですよね。

 

 

 

高島彩さんではうまくいったから、大丈夫!

 

kawamura20160818235914_TP_V

記憶にある方もいると思いますが、この『日曜劇場』枠の人気作『下町ロケット』に、同じくフリーアナウンサーの高島彩さんが出演していました。

 

物語のカギを握るフリージャーナリストという重要な役柄を演じた高島彩さん。出演する前までは、今回の加藤さんのようにいろいろ言われていましたが、放送されてみたらいい演技をされていた、ということがありました。世間の評価も悪くなかったと思います。

 

「下町ロケットでの演技も好評だったアヤパン。」

「アヤパン、やっぱり上手いなあ。下町ロケットでの演技も上手かったしなぁ。」

「下町ロケットで、アヤパンが演技をやっていたのですが、素晴らしい演技力ですね」

「アヤパン割と演技うまいね。あれ?アヤパン?って最初ちょっとわかんなかったレベル。」

筆者もみましたが、まったくドラマを邪魔していなくて、最初これがあの「アヤパン」なのかと、ちょっと驚いた記憶があります。

 

本人の演技ももちろんよかったのですが、「ジャーナリスト」という役柄が、高島彩さんにマッチしていたということもいい評価の要因の一つだったと思います。

 

今回の『ブラックペアン』での加藤綾子さんの役柄は、元看護士の「治験コーディネーター」。

病院側や患者、製薬会社などと渡り合うというキャラクターなのですが、きっと、信念を持った、強い女性のキャラクターになるのではないかと予想しています。

 

高島彩さんが『下町ロケット』で演じていた役柄も、強い信念をもって活動をしているジャーナリストでしたが、「自分の意見を持っている強い女性」という役柄は、活舌もよく、知的で、男社会で生き延びてきた「女子アナ」さんにとって、一番演じやすい役柄なのではないかと感じました。
いつもニコニコと笑顔の印象的な加藤綾子さんですが、一筋縄ではいかない医者や製薬会社に対して、毅然と対応する、かっこいい演技をするのではないかと予想しています。

 

制作側だっていい作品を作りたいに決まっているので、今回の加藤綾子さんの起用、確実な「勝算」があってのキャスティングだと思います。

 

つまり、今回の加藤綾子さんの演技の評価は、必ず予想よりも高評価になるはずです!
だといいんですけどね・・・。

 

まとめ

matome

今回はドラマ『ブラックペアン』に出演するカトパンこと加藤綾子さんの演技力についてまとめてみました。

 

現時点では未知数の加藤さんの演技ですが、おそらく、みなさんの予想を裏切る、いい演技を見せてくれると思います。

 

なので、期待して待っていましょう!

というわけで今回はここまで!
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ブラックペアン母親役の倍賞美津子。原作ファンには不評?

ブラックペアンで二宮和也演じる渡海。原作ではただのエロおやじ?


スポンサードリンク