2018春ドラマ

ブラックペアン:カトパン演じる”治験コーディネーター”って何?

こんにちはうさぎ♪です。

2018年4月に放送されるドラマ『ブラックペアン』

嵐の二宮和也さん主演、原作に「チームバチスタシリーズ」の海堂尊さんを迎え、春ドラマの中でも「高視聴率間違いなし!」なドラマですよね。

 

さて、このドラマになんと、2016年にフジテレビを退社された現在フリーアナウンサーの「カトパン」こと加藤綾子さんが女優として出演するらしいのです。

そして、何やら演じる役柄が、曲者ぞろいの医師たちと対等に渡り合う「治験コーディネーター」という役柄らしいのですが・・。

なんだそれ・・。

 

というわけで今回は加藤綾子さん演じる「治験コーディネーター」とはいったい何なのか、調べてみました。

ブラックペアン主題歌が小田和正で炎上?恥ずかしいと批判の嵐!

『ネタバレ』ブラックペアンの「ある事件」は実際に存在する?

ドラマ『ブラックペアン』原作との違いをまとめ!主役が違う人?


スポンサードリンク


 

 

 

「カトパン」こと加藤綾子さん演じる「治験コーディネーター」

 

PASONAZ160306150I9A1901_TP_V

 

ドラマ『ブラックペアン』の公式HPに、加藤綾子さんの出演情報が掲載されていました。

 

加藤が演じる木下香織は、元看護師で現在は治験コーディネーターとして、新薬や機器開発の治験の窓口となっている。“神の手”を持ち、絶対的権力を持つ東城大の佐伯教授(内野聖陽)や、“オペ室の悪魔”と呼ばれ、皆に恐れられている渡海といった面々と対等なやりとりをしていく。さらに、帝都大の刺客として東城大にスナイプを導入しようとする高階(小泉孝太郎)にも接触するなど、自分の信念を貫いて医療業界をけん引している人物である。
出典:http://www.tbs.co.jp/blackpean_tbs/news/#n_song

 

真が強く、知的な雰囲気のする加藤綾子さんにとって、すごくハマり役なのではないでしょうか。ここまで「知的な」役柄を演じて説得力のある人も珍しいような気もしますね。
公式サイトには「治験コーディネーター」の説明もされていました。

 

医療コーディネーターは、現在の医療業界において、病院・研究室・製薬会社・医療機器メーカーを繋ぐ重要な役割を担っており、今作においても治験コーディネーター・木下香織は物語を引っ張る重要な人物となる。
出典:http://www.tbs.co.jp/blackpean_tbs/news/#n_song

 

簡単な説明ですが、これではちょっとわからないので、もっと詳しく見てみましょう!


スポンサードリンク


 

 

「治験コーディネーター」とは何?

 

kawamurayukaIMGL0435_TP_V

 

まずは、治験コーディネーターの「治験」とは何かを説明しますと、治験とは、厚生労働省から「薬」として承認を受けるために行う臨床試験のこと。

 

新しい薬を作る際、まずは動物から実験を始め、そこで問題がなければ、次は少数の患者さんやアルバイトなどを使って、人を使って薬の効果を確かめていきます。ここで問題がなく、狙った効果のある薬であると証明されれば、晴れて厚生労働省から承認を受け、薬として販売することができるようになります。

 

治験コーディネーターは、つまりこの「治験」にかかわるすべての人、医者、看護師、患者さん、製薬会社、臨床試験を行う機関などを円滑にサポートするのが、治験コーディネーターのお仕事なんだそうです。

 

具体的な仕事の内容ですが、治験コーディネーターとしての働き方には2通りあり、一つは「治験コーディネーター」として病院にやとわれて仕事をする場合。

 

この場合は、「治験コーディネーター」としてだけでなく、調剤や看護業務などの兼任で仕事をすることが現在では多いみたいです。

 

看護師もやりながら、治験コーディネートの業務をしていくということですね。

 

もう一つは、SMOと呼ばれる、治験コーディネーターを派遣する民会のサービス会社に所属する場合。

 

この場合は治験が行われるときだけに病院に赴いて仕事をするので、看護師や調剤などの兼任ということはなさそうですね。

 

仕事内容ですが、治験に関するデスクワークのほとんどすべて。製薬会社が主催するカンファレンスの資料作り、治験に必要な資料や書類の作成、試験で得られたデータの管理など、非常に多岐にわたります。

 

なおかつ、治験を受けてくれる患者さんに対するケアも必要になってきます。治験を受ける患者さんに説明をしたり、精神的な不安を取り除いたりなど、精神的なサポートももちろんのこと、体調の変化にも気を付ける必要があるなど、結構重要なお仕事みたいですね。

 

 

 

治験コーディネーターになるには?資格は?

 

00_PP39_PP_TP_V

さて、ではこの治験コーディネーターになるにはどうすればいいんでしょうか?

 

先ほども触れましたが、治験コーディネーターは、病院につとめるか、SMOと呼ばれる派遣会社殻派遣されるか、この二通りだけ。

 

そしてあくまで「治験コーディネーター」は職種の名称なので、資格試験などはないそうです、

 

ただ、業務を行う上で、医療や薬剤に関する専門知識は必須、なので、看護師資格を持っている人を再硫黄の条件にすることが多いみたいです。ただ「知識」が重要なため、実務を問われないこともあるんだとか・・。

 

 

 

治験コーディネーターの年収は?

 

a5

次に気になるのは「年収」ですが、治験コーディネーターの給料は比較的安定しているみたいです。

 

一般的には月30万前後。勤続年数が5年ほどになると、年収500蔓延前後、大手の場合は700万前後になることもあるんだとか!ボーナスももらえ、しかも土曜日日曜日も休みをとれる可能性が高いらしいです。

ただ、注意が必要なのが、職場によっては「ノルマ」が課せられる場合も。

 

治験には、ある一定数以上の「症例」つまり、どのくらい数の人で試して、データを得たのかが重要になってきますが、職場によってはそれが「ノルマ」になっているところもあるみたいです。

 

症例が集まらなければ、薬として認められませんからね。

 

場所によっては「出来高制」というハードな環境もあるみたいですぜ。

 

 

 

 

ドラマ『ブラックペアン』にて、加藤綾子さんが演じるのは?

 

burakkupeannninomiya

ドラマ『ブラックペアン』にて加藤綾子さんが演じる木下香織という役柄ですが、物語を引っ張る重要な役割を担っているということで、女優初挑戦の加藤綾子さんの演技が注目されますね。

 

おそらくですが、病院に新しい「新技術」として持ち込まれる「スナイプ」に関するいろいろなことにも関わってくる存在になりそうです。

 

ただ、二宮さんのファンと思われる方からは、ちょっとだけ評判が悪いようですが・・。

 

「ニノのブラックペアン、カトパンが台無しにしそう」

「ブラックペアンでカトパンとにのがプライベートで何もなければいいけど」

「いますぐカトパン降りないかな?無理かな?カトパン嫌いなんだけど久々のニノの主演ドラマなのに…はは」

 

才色兼備の加藤綾子さんが二宮さんに近づくというだけでかなりの精神的なストレスみたいですね(笑)

 

今まで、単発のドラマに出演することはあった加藤綾子さんですが、今度は大注目のドラマの、しかも結構重要な役どころ。「下町ロケット」のアヤパンこと高島彩さんも結構重要な役柄でしたが、今回はどんなふうになるのか、楽しみですね。

 

でも、結局、そこそこいい演技を見せてくれるんだろうなあと思います。

 

 

 

まとめ

 

matome

今回はドラマ『ブラックペアン』に出演する加藤綾子さん演じる「治験コーディネーター」という職業について調べてみました。

 

調べてみると、仕事もやりがいがあり、待遇も悪くなさそうですが、医療にかかわる大事なお仕事だけに、そこには医療に対する熱い思いがないと続けるのは大変そうですね。

 

というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ブラックペアン母親役の倍賞美津子。原作ファンには不評?

ブラックペアンで二宮和也演じる渡海。原作ではただのエロおやじ?

ブラックペアン:のあらすじとキャスト報告!原作はあの人気小説家!


スポンサードリンク