未分類

探偵が早すぎる第6話の評価評判・感想!城之内(佐藤寛太)がまさかの?

こんにちはうさぎ♪です。

2018年8月23日に放送されたドラマ『探偵が早すぎる』第6話。

広瀬アリスさんと滝藤賢一さんの完全なる「コメディサスペンスドラマ」ですが、回を追うごとにシリアスな展開になっていっているので、今後も目が離せませんね。

というわけで今回はドラマ『探偵が早すぎる』の第6話の評価・評判・感想をまとめてみたいと思います。

『探偵が早すぎる』視聴率、評価感想。原作と違うけど面白い?

探偵が早すぎる第6話の刺客の女優は誰?脚本家と同じ劇団所属?


スポンサードリンク

 

ドラマ『探偵が早すぎる』第6話の評価・評判・感想まとめ!

ではさっそく評価を見てみましょう!

 

「守ってくれている人にも危険が及ぶであろう事を自覚すべき。一華がかなりムカつく程の自然でいい組立のストーリー。」

「まさかの、彼を刺客にしてしまうとは。笑えなくなってしまった。根っからの悪ならともかく これは嫌だな。」

北海道出身なので犯行声明文のあの言い回しはすぐ気づいたし、誕生石の伏線も気づいたので今回はほぼ千曲川並みに推理できた。」

「探偵が早すぎる漣くん出た

「今週の探偵が早すぎるで城之内くんにかわいい妹いたよー(笑)」

「探偵が早すぎる面白いを通り越して過激になってる~初めの頃が面白かった~~」

では特徴的な評価をまとめてみると・・・。

 

城之内君がまさかの・・・。

これはドラマを見てからのお楽しみなのですが、佐藤寛太さん演じる「城之内」君。

主人公一華が思いを寄せているイケメン男子ですが、今回は「まさかの」展開になってしまいました!

「探偵が早すぎるの城之内くんめちゃくそタイプだったから今週の話めちゃくそショックなんですが……」

「探偵が早すぎる。城之内くん好きだったのに…生きてて…。」

「探偵が早すぎるやっぱり面白いわ私はこんなにも城之内くんのことを思ってるのにどうして、、、今後巻き返すんかな、」

「城之内くんは無害キャラだと完全に安心して見てた…辛い…」

今まで、ただの優しいイケメンだとばかり思っていたのに・・。衝撃の展開にみなさんびっくりしていました!

佐藤寛太さん、演技もなかなかいいですね♪これからもっと活躍しそうです。


スポンサードリンク


広瀬アリスが「黒かった」?

一華演じる広瀬アリスさん、画面の映り方のせいなのか、それとも本当に日焼けしていたのか肌が結構「黒かった」と地味に話題に・・・。

「『探偵が早すぎる』を見ている。広瀬アリスさん、1話の頃より日焼けした気がする。そういや『チアダン』の土屋太鳳さんも。この猛暑の中、連日ロケしてたら日傘等で防御してもしきれんよね」

「つか日焼け?一瞬メアリージュンと見間違えたよ。」

「探偵が早すぎるの広瀬アリス、すごく日に焼けてない?カメラ映りでそう見えるだけ?」

 

筆者も「あれ?結構黒いけど、どういうこと?」と思いましたが、メイクなんでしょうか?何か映画の役作りだったのでしょうか?

ちょっと謎ですね。

 

北海道弁がカギだった?

今回のトリックですが「北海道弁」がカギになってます。もちろん、「北海道の方々」は敏感に反応していましたね。

「探偵が早すぎる、やたらと北海道弁が出るんだけどなんかの伏線すか

「探偵が早すぎるでバンドエイドをサビオっていってた!! 北海道だ!!!」

「サビオとかゴミを投げるとか北海道ぽいな#探偵が早すぎる」

「探偵が早すぎるの妹、北海道出身なのか設定なのか絆創膏のことサビオって言ったぞ」

みなさん、「サビオ」が北海道でよく使われる言葉だと敏感に反応していましたね。

ちなみに「サビオ」とは、いわゆる「絆創膏」「バンドエイド」のことですね。

ただ、ちょっと露骨だったのか、かなり気づかれていましたね。

 

ドラマ『探偵が早すぎる』6話の感想!

筆者も見てみました!

最初はただのくだらないコメディだと思いつつ、見ているうちにだんだんとシリアスっぽい展開になっていくのが、面白いですね。

6話の最後には、すごく気になるシーンが流れましたし、この先が結構気になっています。

「自作自演」だとは言え、千曲川の「暴行されたシーン」は結構気合入ってたし(笑)トリックや殺人の方法もえげつないし、信頼していた人も簡単に裏切るし・・・。なかなか油断のできないドラマですね。

だんだんと千曲川のことを信頼し始める一華もいいですし、だんだんと核心に近づいていく物語もわくわくですし、面白くなってきましたね♪

ただ、だんだんとエスカレートしてきてますので、ショッキングな内容になっていくかも知れませんが・・・。

 

 

『探偵が早すぎる』第7話のあらすじは?

簡単に第7話のあらすじを見てみます。

 

朱鳥(片平なぎさ)の刺客となり、一華(広瀬アリス)の命を狙った城之内(佐藤寛太)。

屋上から転落し、病院で意識不明の状態に。千曲川(滝藤賢一)のことが許せない一華は、千曲川を解雇すると告げる。しかし、橋田(水野美紀)がそれを許してくれない。

そんな中、千曲川の知られざる過去が明らかに――いったい、なぜ事件を未然に防ぐ“早すぎる探偵”となったのか…一方で、大陀羅一族のまた新たな刺客が一華の命を虎視眈々と狙う!さらに、城之内の妹までもが危険に晒されて――!!

出典:http://www.ytv.co.jp/tantei/story/

 

とんでもないことになってしまった城之内君ですが、このまま終わりそうもなく、次回も登場しそうです。

城之内君の妹役、優希美青さんというらしいですが、次回も登場するみたいです♪

それにしても、千曲川の過去が気になりますね!

 

まとめ

今回はドラマ『探偵が早すぎる』第6話の評価評判・感想についてまとめてみました。

だんだんと面白くなっていく、「油断できない」ドラマですが、今後の展開がかなり気になりますね。

というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

ドラマ『探偵が早すぎる』を全話無料で見る方法はこちら!

探偵が早すぎる:第6話の見逃し動画を無料視聴するおススメの方法!

 


スポンサードリンク