多部未華子の歌が上手い?映画『あやしい彼女』共演者も「多才だな」

この記事は3分で読めます

a0001_015247

多部未華子の歌は上手い?

2016年4月1日公開の映画『あやしい彼女』に主演される女優、多部未華子さん。

NHK連続テレビ小説『つばさ』ドラマ『デカワンコ』(日本テレビ)、映画では『君に届け』『LIAR GAME -再生-』『ピース オブ ケイク』など、多くの主演、出演作をもつ、演技力に定評のある女優さんですが、多部未華子さん、どうやら”歌”も上手いみたいですよ!

映画『あやしい彼女』の共演者のコメントなどから、多部未華子さんの”歌唱力”について掘り下げてみたいと思います。

 

 

多部未華子さんの”歌唱力”に共演者もびっくり!!

tabe

出典:多部未華子主演!水田伸生監督が韓国映画「怪しい彼女」をリメイク

映画『あやしい彼女』は韓国で大ヒットしたコメディ。それを映画『謝罪の王様』『舞妓Haaaan!!!』の水田伸生監督がリメイクした作品。見た目は20歳だけど、中身は73歳のおばあちゃんで、20歳に戻って、また「歌手としての夢」を追うというコメディストーリーの映画です。

そのなかで、多部未華子さんが歌うシーンがあるのですが、そこで共演者の皆さんが驚いたということです。

多部演じる節子がのど自慢大会に出演するシーンがとても印象深かったと振り返る。「初めて彼女の歌声を聴くシーンですが、失礼ながら『本当に多部ちゃんが歌っているの?』と聞いてしまったくらいです。本当に多才だなと。誰が聴いてもすごく上手だなと思うでしょうね」。多部未華子が感動の美声を披露『あやしい彼女』撮影現場

要潤さんが、こうコメントしておりました。「歌っている姿がとてもかわいいんです」とも言っていたらしいですよ。

 

なんと、この作品で歌を歌うシーンを撮影するにあたり、歌唱指導を、マイリトルラバー、ミスターチルドレンのプロデューサーでおなじみの小林武史さんから直々に受けたらしいです。

。「最後のライブシーンは、ゲストの方もたくさん来てくださって、パワーをもらいました。実際の歌はレコーディングしたものですが、生で歌うアーティストさんを改めてすごいんだなと思いました。いまは尊敬しかないです」多部未華子が感動の美声を披露『あやしい彼女』撮影現場

歌のシーンについてのコメントを求められ、多部さんはこうおっしゃっていましたが、謙虚ですねえ・・。好感が持てます。

 

 

多部未華子、やっぱり演技も”高評価”

多くの作品で彼女の演技派高く評価されていますが、今回もよさそうですね。水田伸生監督からも・・。

。「未華子ちゃん、お笑いの間が完璧なんです。テークを重ねても、間が狂わないというのは天性。新喜劇もいけるよ」多部未華子が感動の美声を披露『あやしい彼女』撮影現場

ほめられてます。

過去にブルーリボン賞新人賞、エランドール賞新人賞を受賞!!

多部未華子さん、過去に賞を二つも取ってます。

2005年度ブルーリボン賞新人賞では、『HINOKIO』『青空のゆくえ』での演技を評価されて受賞。

2010年度エランドール賞新人賞では 榮倉奈々、岡田将生、志田未来、松田龍平、水嶋ヒロとともに受賞されています。

演技力に関しては、折り紙つきですね

 

過去に、ちょっとだけ”歌”で参加しているものを見つけましたが・・・。

ちょっと調べてみたら、過去にほかのアーティストに”ゲスト参加”という形でうたっているものがいくつかありました。

DREAMS COME TRUE「GOOD BYE MY SCHOOL DAYS」「GOOD BYE MY SCHOOL DAYS -多部ちゃん系-」

ドリカムの曲、GOOD BYE MY SCHOOL DAYSを多部さんがカバーするという企画で、全編一人で歌ってます。

聴いてみると、すごく上手というわけではないのですが、みずみずしくて、ちょっと不器用な感じや一生懸命さが、かわいさや「これから旅立つ若い女の子の気持ち」を上手く表現できているという点で、すばらしい。と思います。声がとてもきれいです。

また、

清竜人さんのアルバム「MUSIC」内、5曲目の「雨」

には、語りと歌で参加されていますが、声の美しさと、声の質が独特なのとで、やはりいい仕事してますな。

決して「すごい歌唱力」といった表現が出来る歌ではないのですが、下手ではないし、いい声です。ぜひ聴いてみてください。

 

まとめ~決して器用ではないけれど~

いかがでしたか?多部未華子さん、演技派多くの方に支持されていますし、歌も今回歌唱指導が入るので、これまでで一番「いい歌」を聞かせてくれると思います。結論として、「決してめちゃくちゃ上手い!とはいえないけど、何か、心に残る歌声」というところでしょうか?

映画『あやしい彼女』では、この歌を聴いて、要潤さん演じる音楽プロデューサーが心を打たれるといったシーンなので、きっと、すばらしい歌が聞けると思います。もともとが韓国で大ヒットした映画だということで、韓国映画ファンの筆者としてはそのあたりも楽しみです。いいコメディに仕上がっているといいな♪

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. a0002_011007
  2. a0002_000248
  3. a0002_000248
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。