映画

映画SUNNY音楽・サントラの小室哲哉『君の名は。』のあの男が実現させた?

こんにちはうさぎ♪です。

2018年8月31日に公開される映画『SUNNY強い気持ち強い愛』

主演に篠原涼子さん、広瀬すずさんを始め、豪華なキャストの映画。

監督は『モテキ』『バクマン』の大根仁監督でかなり注目されていますよね。

さて、この映画、劇中の曲、いわゆる「サウンドトラック」はすべて「小室哲哉」さんが担当しているのですが、

実はこの映画の音楽を小室哲哉さんにしたのは、なんとアニメ映画『君の名は。』を大ヒットさせたあの男だったんです!

というわけで今回は映画『SUNNY強い気持ち強い愛』の音楽。サントラを小室哲哉に担当させた「あの人」は誰なのかをまとめてみようと思います。

映画SUNNY(サニー)ミジェーンのショッパーは今も買える?小道具小ネタまとめ

 


スポンサードリンク

映画『SUNNY強い気持ち強い愛』音楽。サントラは全編小室哲哉!

映画『SUNNY強い気持ち強い愛』

監督は『モテキ』『バクマン』などで知られている大根仁監督。

映画『モテキ』などでも、ヒットしたポップミュージックを映画内で効果的に使用することで知られている監督ですよね。

今回の映画の舞台は、2018年の現代のパートともう一つ「1990年代」の過去のパートがあります、

「1990年代」と言えば、小室哲哉さんが猛威を振るっていた時代。

映画の予告編で安室奈美恵さんの「SWEET 19 BLUES」が流れてきたときは「大根監督らしいな」と思っていたのですが、

それだけじゃなく映画の音楽・サントラの全部を「小室哲哉」さんが担当するということを知り、正直びっくりしました。

小室哲哉さんのコメントが公式サイトに上がっていました。

この映画の音楽全般を担当させていただきましたが、最後の僕の映画音楽になります。

一本の映画で自分の音をこれほどまで多く耳にすることは中々ないだろうなと思うと同時に、締め切り間近になればなるほど最後の仕事で「映画音楽とは」を教えてもらった気がします。

素敵なプロジェクトに参加させていただき、ありがとうございました。

出典:http://sunny-movie.jp/about/songs.html

すでに音楽業界からの引退を表明している小室哲哉さんですが、本当にこれで最後なんだなあと思うと、感慨深いものがありますね。

筆者も90年代に青春を迎えた一人なので、小室哲哉さんの音楽は、自分にとっての「青春」の記憶にがっつり染みついている音楽でもありますからね。

しかし、1990年代を描く映画の音楽に、その中心人物である小室哲哉さんを起用するってスゴイと思うんですよね。

やりたくても、小室さんだって難しい状況だし、よく引き受けれくれたなあと感心していたのですが、

その理由には、どうやらあの『君の名は。』の大ヒットを生み出した、ある「プロデューサー」の存在が大きかったみたいです。

 


スポンサードリンク


映画『SUNNY強い気持ち強い愛』音楽・サントラに小室哲哉を引っ張り出したのはこの男!

映画『SUNNY強い気持ち強い愛』の音楽。サントラを小室哲哉さんに担当させたのが、

映画『君の名は。』をはじめ10月から公開される映画『億男』の原作者にしてプロデューサーの川村元気さん。

出典:https://eiga.com/news/20180810/1/

映画『SUNNY強い気持ち強い愛』のために、熱心に小室さんを口説いたのは、この川村元気さんだったんですね。

川村元気プロデューサーら製作サイドから熱心なオファーを受けた小室氏は、2017年3月に楽曲制作を開始。丸1年をかけて劇伴25曲を完全オリジナルで創出し、かつて大ヒットシングル「恋しさと せつなさと 心強さと」などでタッグを組んだ篠原の主演映画に華を添えた。
出典:https://eiga.com/news/20180810/1/

川村元気さんの手掛けた映画を並べてみると、いかに川村さんが「ヒットメイカー」なのかを知ることができます。

『電車男』
『陰日向に咲く』
『告白』
『悪人』
『モテキ』
『宇宙兄弟』
『おおかみこどもの雨と雪』
『寄生獣』
『バケモノの子』
『バクマン。』
『君の名は。』
『怒り』
『何者』
『未来のミライ』

などなど、まだまだありますが、とりあえずこれだけ並べるだけで、川村元気さんがいかに「面白い日本映画」と関わっているかがよくわかると思います。

 

川村元気さんプロフィール

 

【川村元気(かわむら・げんき)】1979年生まれ。映画プロデューサー・小説家。26歳で映画『電車男』を企画・プロデュースし、大ヒット。2011年には日本の映画賞である「藤本賞」も史上最年少で受賞した。その後も『モテキ』『告白』『怒り』『君の名は。』などヒットを連発する一方、小説家としても活動しており、デビュー作の『世界から猫が消えたなら』は140万部を突破、2作目の小説『億男』も映画化され10月19日公開予定

出典:http://news.livedoor.com/

映画『SUNNY強い気持ち強い愛』について、こんな風にコメントしていました。

 

『SUNNY強い気持ち・強い愛』は小室哲哉さんにサウンドトラックをやってもらったんですが、どんなものができるか想像できませんでした。でも結果としては、90年代を舞台とした映画で、いまの小室さんの新しい曲を流すことが、すごくおもしろく作用した。
出典:http://news.livedoor.com/

想像できなかったけれど、それでも小室哲哉を熱心に口説いて、そして実現させてしまう行動力というか、実現力がすごいですよね。

「すごく面白く作用した」という小室さんの音楽、どんな風に映画を彩っているのか、そこらへんもかなり楽しみになってきました。

 

まとめ

今回は映画『SUNNY強い気持ち強い愛』の音楽・サントラを小室哲哉さんに担当させた、敏腕プロデューサーの川村元気さんについてまとめてみました。

数々のヒットを飛ばしている川村元気さん手掛けるこの映画、おそらくかなりヒットするのではないかと思われます。

ぜひ、劇場で楽しみたいものですね。

映画の中では、小室さんのサントラだけでなく、使用されている曲も小室さんがプロデュースしている作品が5曲も使用されています!

一覧にしてみたので、参考にどうぞ!

映画SUNNY(サニー)安室奈美恵の曲名は?使用曲一覧!trf小沢健二も!

 

 

というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


スポンサードリンク