昼ドラ『嵐の涙』第7話のあらすじ、ネタバレ、感想!

この記事は3分で読めます

arasitaitol

昼ドラ『嵐の涙』第7話のあらすじ、ネタバレ、感想!

こんにちはうさぎです。

IMG_2768

本日は異常に暖かい一日で気持ち悪かったです。長野県ですが、雪が結構とけました。うれしいですけどね。

さて、今回も始まりました『30代男(既婚)の昼ドラ体験記』も今回7回目!

物語が面白くなるように、現在、丁寧に伏線やらいろいろ張り巡らされているといった雰囲気の「嵐の涙」ですが、そろそろ大きな動きがあるのかな?まだまだ物語りは始まったばかり!これからが楽しみと言うか、ヒヤヒヤしますね。

では、早速始めていこうと思います!!

前回の第6話のあらすじ、ネタバレ、感想などはこちらにまとめてありまっせ。

昼ドラ『嵐の涙』第6話のあらすじ、ネタバレ、感想!野際陽子さん登場!

全体のあらすじや相関図などはこちらからどうぞ!

サトエリ主演『嵐の涙』出演者・ストーリーまとめ!相関図など。

 

 

 

『嵐の涙』第7話のあらすじ、ネタバレ。

a0002_001517

では行きましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

里子と順子、10年前のことを話しているところからスタート!

順子は今でも、隣でほったらかしにされてる赤ちゃんを抱いて里子が心中しようとしていたと言うことが信じられないと言ってましたが、この二人、トンでもない秘密を共有してるよな・・・。

里子と順子の関係が悪くならないことを、切に願います・・・。

 

場面変わって、こちらかは枝川家。まきと娘のすみれが話をしております。

すみれ、すごい格好してます。「ザ・お嬢様」といった趣のファッションです。言葉遣いも「お母様」だし、家庭内の事情がよく分かりますね。

すみれの言葉遣いが不自然すぎるな・・。

こちらはこちらで、コミュニケーションが取れている雰囲気ですな・・。

母親であるまきも、娘のことを信頼しているようで、枝川流家元就任を辞退したことも素直に打ち明けていました。娘のすみれも、母親であるまきのことを心から慕っているようで、心が通い合っている雰囲気が出てました。

 

場面変わって、大造さん、困ったことになっていました。

まきの就任辞退の一件で、葉山流の面子がつぶされたと言って、破門だ!と言いがかりをつけられてしまいます。

枝川流、葉山流と、いろいろと流派同士で確執があるみたいだね・・。

ここで剛太郎さん、ちょっと調子に乗っている”葉山流”に対して「お灸をすえる」と言ってましたけど、何すんだろう(笑)

 

里子の家では大女将の志乃も交えて旅館での昔話をしておりました。

ナオコさんと言う人の話が出てきました。

これから出てくるんだろうか?旅館の同僚の人だと言うことだけど。

旅館での思い出話だけのはずなのに、そこにいる板前さんとか、ナオコさんとか、きちんと回想シーンを撮影してあったので、これからこの旅館”かぐらや”での出来事が掘り下げられたりするのかも知れませんな。

 

場面かわって枝川家。大造と秘書兼家政婦の照(てる)が話をしておりました。

娘まきが、里子と出合った後から様子がおかしいのではないかと照(てる)に言われ、大造は里子に会うことを決めたようです。

どんどん近づいてきますよ~♪里子は、いつ気がつくんだろうか・・・。

 

枝川家では、家に帰った剛太郎さんとまきさんとの会話。どうやらこちらはこちらで、とても幸せに生活しているみたいですね。

剛太郎さんも、父である大造さんに感謝してるみたいだし・・・。

記憶が戻るっていう展開はあるんだろうか・・・。う~ん、あるとしたらすごいぞう!!とんでもないことになるぞう!!

今は両方の家庭とも幸せだけど、幸せをことさら強調してくるあたり、このあと何かあるぞ!!

 

里子の家では、娘の春子が寝てしまい、里子が春子を寝かしつけている間に、順子が大女将と話をしていました。

里子は大女将の旅館”かぐらや”での楽しい思い出を順子に語っていたけど、「どうして急に辞めたりしたんでしょうね」という順子

の質問に大女将、非常に固い表情になりました!!

おお!ここでも何かあるのか?過去にも、まだまだ何かあるのか?ドロドロのタネが、過去にもあるというのか?

春子を寝かしつけ、大女将に悩みを打ち明ける里子。

自分のわがままで、春子を学校にも行かせていないし、一緒にいないと不安だと。

しかし大女将、それとは別の悩みがあるのでは?と聞き返します。

大女将は、春子が里子の子供ではないことを知っているようです。

里子、自分の子供ではない春子を、覚悟を持って育てているつもりでも、時々不安になるみたいです。

とこのあたりで第7話終了!!

ーーーーーーーーーーーーーーー

お疲れ様でした。

 

嵐の涙第7話の感想。

a1130_000080

今回も、特に大きな出来事は起こらなかったですね。お互いの家庭が非常に上手くいっている。しかし、両方とも、どこか心に引っかかりを感じてしまっている・・・。

その、心の引っかかり、そこに触れてはいけない!触れてはいけないよ~~~、と思いますが、触れていかないと物語りも進まないですね。

幸せになって、それでいいじゃんと、そう簡単にいかないのが人生なんですね。どうしても人間「もっと!もっと!」と求めてしまうんだなこれが・・。

非常にもろい幸せの上を歩んでいる二つの家族ですが、これからどうなるのでしょうか・・・。あ~ひやひやする。

そして、なぜかフィーチャーされていた旅館”かぐらや”のナオコさん、これから物語にどうかかわっていくのでしょうか・・。

かかわってくるのかな?全然かかわってこなかったりして・・・。

 

まとめ

rp_a0001_0176233-300x200.jpg

だんだんと枝川家と里子、(現在はなぜか”遠藤”を名乗っていますが、里子の旧姓なのかな?)お互いの素性がいつ、どんな風にばれるんだろう・・・。

今はそこが楽しみですね。

でもな~、お互いの幸せな家庭が壊れてしまうのが怖い!でも楽しみ!でも怖い!これが、昼ドラなのか・・・。

昼ドラ『嵐の涙』第8話のあらすじ、ネタバレ、感想!まきと里子の共通点。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. a0001_014049
  2. a0002_001517
  3. a0001_017477
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。