赤江珠緒『重版出来』8話に出演!演技の評価はいかに?蒔田彩珠と親子役!

この記事は4分で読めます


赤江珠緒『重版出来』8話に出演!演技の評価はいかに?蒔田彩珠と親子役!

こんにちはうさぎです。

現在好評放送中のドラマ『重版出来』の8話に、TBSラジオ『たまむすび』、テレビでは『この差って何ですか?』などでおなじみの赤江珠緒さんが出演されるらしいです。

akae

出典:TBS

リポーターやアナウンサー役としてはドラマなどに出演経験のある赤江さんですが、「演技」をするのは初めてということで・・・。
いつもラジオで楽しませていただいているうさぎとしては「大丈夫なんだろうか・・・」と少々不安です。

ということで今回は、出演するドラマ『重版出来』についてと、赤江さんの演じる役柄。そして、同じ8話で共演する蒔田彩珠さんについても掘り下げていこうと思います。

高島彩(アヤパン)の演技は上手い?下手?『下町ロケット』での評価は?

 

 

ドラマ『重版出来!』

jyuuhan

出典:TBS

小学館『月刊!スピリッツ』にて2011年から連載されている、松田奈緒子による漫画のドラマ化。

TBSの火曜ドラマ枠での放送で、主演は演技力に定評のある「黒木華(くろきはる)」。他にも、オダギリジョー、坂口健太郎、松重豊などの俳優さんが出演されています。

新人の漫画編集者が主人公。漫画を陰で支える編集者のお仕事を描いた作品です。

視聴率は、同じ枠の前作『ダメな私に恋してください』よりちょっと劣る・・といった感じですが、内容は結構楽しいです。

主人公の「黒木華」さんがとってもいい雰囲気をかもし出しています。結構評判のいいドラマですよ。

 

『重版出来』8話にて赤江珠緒さんが”女優デビュー”!!

赤江珠緒さんが出演するのは、5月31日(火)に放送の第8話。

(ちなみに、ラジオ内で赤江さんが語っていましたが、5月24日の7話にも、セリフは無いですが、ちょろっとでるみたいですよ)

今回赤江三箇演じるのは、伝説の漫画家・牛露田獏の、もうすでに他界している亡くなった妻、「祥子」役
牛露田は伝説の漫画家ではあるが、現在は酒に溺れ、漫画どころか線も引けない状態で生活保護を受けている。そんな牛露田と共に暮らす高校生の娘・アユ(蒔田彩珠)は、孤独で荒んだ毎日を送っていた。
アユの心のよりどころは、亡き母・祥子の思い出だけ…。そんな牛露田家のもとに漫画を書籍電子化するための許諾交渉に訪れた心とバイブス編集長・和田(松重豊)が牛露田親子にどのように絡んでいくのか『重版出来!』後半のストーリーの要でもあります。出典:ドラマ「重版出来」公式HP

 

どうやら、漫画家の亡くなった妻、そして一人娘の母を演じることになりそうですが、本人も、初の”演技”に結構緊張している模様です。

今回、”母親役”。しかも旦那さんを「あなた」と呼ぶ、はかなげで優しい役らしいのですが、本人も、自分の本来の性格とのギャップに、少々戸惑っているみたいです。

今回の役を演じるにあたり、大好きな、演劇をテーマにした少女漫画『ガラスの仮面』を熟読し、役に入る姿勢を学んだとコメントしていますが、やはり、少しズレていますね(笑)

以前、日曜劇場『下町ロケット』、アナウンサーの高島彩さんが出演したことがありましたが、高島さんの演技はなかなか評価されていました。

赤江アナ、迫真の演技で、新しい側面をお茶の間に届けることができるのか?それとも、徹底的に大根なのか?どちらでも面白いぞ!!

 

TBSラジオ『たまむすび』にて、赤江さん演技について語る・・。

a432ebf9d1c28eef00f40cdc58f55068-1024x768

出典:TBSラジオ

2016年5月23日のTBSラジオ『たまむすび』のオープニングにて、パートナーを務めるカンニング竹山さんからドラマ出演について質問されていました。

赤絵さん、漫画家の奥さん、しかも子供がいて、妊婦になるシーンなどもあって、自分にないもの尽くしで戸惑っていたみたいです。

そして、一言「演技できなかったわ!できんかったわ!」

演技、できなかったみたいです(笑)

サンケイスポーツでこのドラマ出演のことが記事になっていましたが、このインタビュー実は演技をする”直前”に行われたものだったらしく、がんばりますみたいな事を言っていたが、実際に撮影が行われると想像以上に出来なかったといってました。演技って難しいねと・・。

現場では、やはり、何回か演技に関して”NG”を出してしまったみたいですね。まあ、最初だから仕方ないんだけど、赤江さんらしいね。

実際に演技を経験してみて赤江さん、「今までのニュースなどの仕事は”演技をしてはいけない仕事”だった、。気持ちを入れすぎてもいけない仕事だった。つまり演技の仕事と”真逆”だったと気がついたといってました。

偶然、カメラマンさんなど、現場の方たちに「たまむすび」のリスナーさんがいたらしく、かなり優しくしてもらって、とてもいい雰囲気で撮影を終えたそうですが、赤江さん、演技を振り返って・・・。

「このままではものすごく、傷として、トラウマとして残りそうです・・」と、もうちょっと出来ると思った演技に対して、心残りがあるみたいです・・・。

まあ、あまりすごい期待はしていなかったけど、本人の評価としては「全然ダメだった」みたいです。

実際に、確認してみよう!!

 

赤江珠緒『重版出来』の演技が”意外とよくて、ガッカリ?”

ドラマ『重版出来』の第8話が放送されました!でもって、赤江さん、演技してましたね~。

しかし!本人は自虐的に「演技できんかったわ~」と語ってはいましたが、意外や意外、役柄に合った自然な演技をされていましたよ。まあ、多少ぎこちない雰囲気は否めないものの、ストーリーにとっての重要な人物を、好演していました。いやあ、よかったよかった。

そんな赤江さんに対して、TBSラジオたまむすびのパートナー、博多華丸・大吉の大吉さんは・・

「赤江さんって、アレですね。『テスト勉強してない』って言いながら点取るタイプというか、『一緒にマラソン大会、ゴールしようよ』って言いながら最後100メートルでタタタッて駆けて行くタイプでしょ?」

出典:日刊スポーツ

結局赤江さんの演技に関しては大吉さん「よかった」と褒めてました。

また、同じくたまむすびのパートナー、南海キャンディーズの山里亮太さん、ツイッターで、

「ズルい… たまむすびの大根は僕と大吉さんの二本だけだったんだ…赤江さんに泣かされるなんて…」

とつぶやいていました・・。散々、華丸さんと山里さん、赤江さんで「大根仲間」だと言っていただけに、ショックは大きいようです・・。

 

 

 

”娘”役で共演の蒔田彩珠(まきた あじゅ)さんてどんな人?

赤江さんが”親子”として共演している女優さん、蒔田彩珠(まきた あじゅ)さんについても気になったので調べてみようと思います。

makitaajyu

出典:ユマニテ

蒔田 彩珠(まきた あじゅ)

生年月日:2002年8月7日(13歳)

出身地:神奈川県

7歳で子役としてデビュー、そして2012年、ドラマ『ゴーイングマイホーム』にて、阿部寛の娘役で出演。そのときに、監督の是枝裕和監督から演技を高く評価されたらしいです。

『JCB』のCM「かけがえのない毎日」篇にも出演されている蒔田彩珠さん。福山雅治さん、AYUMIさんとの子供の役で出演されていますが、なんとこのCMの監督も是枝裕和監督。

子役として、かなり気に入られているみたいですね。

是枝監督といえば、かつて『誰も知らない』で、当時全くの新人だった柳楽優弥さんを一躍時の人とした実力派の監督。

[ゆとりですがなにか]柳楽優弥の演技が高評価!過去の挫折で成長?

今後も、是枝監督に重宝される女優さんになっていくのでしょうか?

 

まとめ

rp_a0002_001517-300x208-300x208.jpg

今回の役柄は、おしとやかで、やさしいお母さんを演じるということで、あまり激しい感情の動きは表現しなさそうですが、無事やり遂げていただきたいなあ・・・。

本人は「全然だめだった」と言ってはいましたが、実際にカメラにどんな風に映っているのかを見てから出ないと判断できないもの。もしかしたら、ここからドラマの仕事がじゃんじゃん入るようになって、ドラマでも私たちを楽しませてくれる存在になってくれるかも知れないという淡い期待をいだきつつ、終わりたいと思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. INA85_recyoukonndensam_TP_V
  2. nasigo2
  3. 20160331171820b74
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ドラマ『FF14光のお父さん』まとめページ!!

20160331171820b74