ドラマ『ふれなばおちん』第5話のあらすじネタバレ感想。

この記事は5分で読めます


ドラマ『ふれなばおちん』第5話のあらすじネタバレ感想。

こんにちはうさぎです。

前回の第4話では、龍が上司の奥さん、夏に対して本気だということがみどりに知られてしまいました。

みどり、かなりショックを受けていたみたいですが・・・。

一方旦那さんの義行。だんだんと夏の変化に対して気づき始めているみたいです。

さてさて、今回はどうなるんだろうか?

前回第4話のあらすじ、ネタバレ、感想はコチラ。

ドラマ『ふれなばおちん』第4話のあらすじと感想。夏の本気モード・・。

1話から最新話までのあらすじはコチラにまとめてあります。あわせてお楽しみください。

ドラマ『ふれなばおちん』キャスト・出演者・あらすじの紹介です。

 
スポンサードリンク

ドラマ『ふれなばおちん』第5話のあらすじ、ネタバレ。

 

龍の芝居の公演がいよいよ始まります。

舞台の開始前、控え室で雑談を交わす龍人シゲさん。

シゲさん、どうやら若林みどりのことを狙っているらしく、食事に誘ったんだけど全然脈ナシだと語っていました・・。

とそこにみどり登場。

「キスまでですよね」

龍と先日キスしたことを持ち出して、シゲさんにショックを与えていました。
みどり、龍に「来てるよ」と耳打ちします。夏のことです。

龍、本番前だというのに入り口に急いで向かいます。

入り口で、夏と目がある龍。夏に声をかけますが、後ろから娘と良くんがやってきます。

どうやら、独りで見に来たのではないみたいでした。

 

芝居が始まると、思ったよりコミカルな舞台で、一同大笑い。夏も、優美香も大満足の様子でした。

公演が終わり、入り口で合流する夏と優美香、そして龍とシゲさん、そこにはみどりもいます。

「さあ!ここからは大人の時間だ!」とシゲさん、優美香と良君を帰そうとします。

優美香、良くんと二人で帰れるのがうれしいみたいで「しょうがないなあ・・帰るよ」とウキウキで帰っていきます。

優美香、こういうところが素直でかわいらしいですね・・。
大人4人になり、さ~てどこに行きましょう?と龍。しかしいつの間にかみどりとシゲさんが消えています。
気まずい空気が流れる・・。

「じゃあ・・・」と切り出す龍。

「帰りましょうか・・・」

夏は、やっぱり帰るみたいです。

それを見ていたみどりとシゲさん、誘わない龍に対して「本気なんだなあいつ、。そういう顔してた・」と龍が夏に対して本気なのを見て取っていました・・・。
帰り道・・。

いろいろと話しながら帰る二人、他愛の無いことを夏が喋っていると、龍が言葉をさえぎり「一杯だけ付き合ってもらえませんか?」

言葉を濁す夏。しかし龍、強引に夏の腕をつかみ、

「こう言う時間、待ってました」と誘います。

「大丈夫ですよ、一杯くらい・・」
夏、内心ドキドキしながらも、こんなこと、なんてことない。

「いまさら、夜の空気に酔うような俊じゃない、私は、大丈夫。」と自分に言い聞かせていました。

 

一方家では、夫の義行が夏の部屋に入ってみると、洋服が散乱しているのを発見!どうやら、相当おしゃれに悩んでいた形跡を見てしまいます。

何か考えている風の夫でした。

 

バーで、演技の話をする夏と龍。

夏、ドラマや舞台には一言あるようで、いろいろ語っていました。

夏、龍の芝居をみて、心が「わ~」と、ざわざわとなったと感想を述べます。

その後「佐伯さんはどうして役者に?」と質問。

龍、小さい頃から人を傷つけたくなくて嘘ばかりついてた。それで泣かした女の子もいる。

けど、たまたま演じる機会があって、そのとき初めて、嘘をつかずに、本音を言うことが出来た、そう思ったから、役者をしていると、言いました。

それを聞いた夏。

「よかった、まだ青柳元気でいてくれて・・・」

かつて、龍が演じていた昼ドラの「青柳」、そのときの魅力のまま、まだ存在してくれていたことに、夏はうれしそうでした。

ここで、夏のグラスが空になります。

「飲んじゃいましたね・」

「もう一杯だけどうですか?」

誘う龍。しかし・・・。

「約束ですから・・・行きましょうか・・・。」と帰ろうとする夏。
急に夏の手を握る龍

「今日は一緒にいませんか?わかってますよ・・いろいろ・・でも、返したくない・・。」

来ました来ました!龍、さすがですね。

「これは本音ですよ・・。」
これは嘘じゃないことを強調して、夏を見つめる龍。

夏、かなり動揺しています。そして一旦トイレに逃げ込みます・・。
「どうしようどうしよう」明らかに戸惑っている夏。

意を決したようにトイレから出ようとするも、また迷って個室に戻っていく・・。

とそこにバーの客が入ってきて、カッコイイ龍のことを話しています。もちろん、自分のことも・・。

「若い男に行くおばさんて本気ででいけると思ってるのかね?」

その一言で夏、我に返ったのか、恥ずかしくなってしまったのか、龍に何も告げずに、家に帰りました・・・。
龍、しばらく待っていましたが、店員に聞くと「もう帰りました」と聞かされます。

走って追いかけるも、どこにもいませんでした・・。
家に帰る夏。

ゆみかと良くんもちょっと寄り道をしていたみたいです。いいですね、何のしがらみもない恋愛は・・。

夫の義行、佐伯君のことを話題に出しますが、なんとなく濁す夏。やっぱり義行、何か怪しんでいます。
お風呂に入る夏。

娘の優美香が声をかけます。「寝てるかと思った・・・・」

夏が脱いだ下着を見た優美香「もうちょとマシなのつければいいのに・・」と母に。

「もう手遅れだよ」と夏。それに答えて

「まあ、確かに・・」

とその場を離れていきました。
夏。わざとボロボロの下着を着けて芝居を見に行っていました。いざというときに、最後に踏みとどまれるように・・・。

いつの間にか、泣いている夏。

ばか。何思い出してんの・・。うれしかった・・。
風呂場で泣いている夏の声を、夫の義行は聞いていました。
その夜、夫の義行は、夏に体を寄せてきます。

しかし、何故かそこから逃げてしまう夏でした・・。

「何で私、逃げたりしたんだろう・・・」

 

 

それから2週間、夏は龍とは一切会いませんでした。

小牧さんと電話をして「夏ちゃんは、引き返したってことね・・」

夏、もうこれっきりにしようと思っているんでしょうね・・。
昼間、窓拭きをしていると家の電話が鳴ります。

夫の義行でした。

「今日、夜外で食べないか?」

と誘ってくる夫。

てっきり家族で食べようという提案かと思いきや・・

「そうじゃなくて、お前だけ出てこれる?」

「え?」
待ち合わせて、二人で居酒屋に行く夏と義行。

久しぶりに、奥さんにサービスしようと思ったのかな

しかし、話すことが無くて、二人ともひたすら料理を食べている・・。

義行も会話が無いのがちょっと気まずいのか、酒のペースが速い・・。

「いつもこう言うところで飲んでるの?」と夏が聞きます。

「みんな金ないから」

「えらいね、世の旦那さんは・・」
早いペースで飲んでいるので、酔った様子の夫。

昔の話をしだす夫。

昔のウイスキーのCMの話を持ち出して「恋愛は、遠い日の花火じゃない・・・」と、年をとっても、恋愛には無関係じゃないといった趣旨のCMの話をしていました。

それに答えて、夏、「遠い日の花火がいいのよ。とおくなっちゃったから、落ち着いて見られるし、だからいいのよ・・・。」

「まあ、そうか・・・」と義行・・。

と、そこに誰かが来店します・・。

あれ?龍が来ました。

龍に声をかける義行・・。

龍もびっくりしています。

「どうした?」

「なんで佐伯さん?」

「いいから、こっちこっち・・。」

何を企んでるんだ?義行はは・・。

「さてと・・。そろったか・・・。」

義行、一体なにを始めようというのでしょうか?

「なにこれ?これが二人であった罰なの?」

ここで、第5話終了・・・。

 



スポンサードリンク

ドラマ『ふれなばおちん』第5話の感想。

夫の義行、なんでしょう?何を始めようとしているのでしょうか?

わざわざ龍と義行と夏とで、一緒に居酒屋で、何を話し合うんだろう・・・。

何か、義行としては、釘をさしておきたいといったところなのでしょうか・・・。

しかし、居酒屋に言って、二人で話すことがないって、結構切ないですね。夫婦って、こう言う風になるよね・・。どうしたら、もっと二人で会話するのがたのしくなるんだろう・・。

って、何を書いているんでしょうか・・・。
龍と話をしているときの夏はなんだかすごく楽しそうだったし、饒舌だったし、なにしろリラックスしていた。

どうして旦那と二人でいると、かえって緊張してしまうんでしょか・・。なれているはずななのに・・・。
それにしても、龍、やっぱり大胆ですね。夏にたいして必死なんだということはわかりましたが、龍、ブレーキをかけるつもりはなさそうですね。

だんなの‌義行の行動がどういったことになるのか、次回が楽しみですね。

 

まとめ

さて、来週の「ふれなばおちん」は?

義行(鶴見辰吾)の計らいで、夏(長谷川京子)と龍(成田凌)は3人で食事をする。その席で龍には本気で狙っている若い女性がいることを知り、ショックを受ける夏。それからというもの何に対してもイライラしてしまう夏。そんなある日、龍から手紙が届く。デートの誘いだった。本命の女性がいるはずなのになぜ?と思う夏。もやもやした気持ちのままデート当日を迎えるのだが、家族を残して行けるわけがない――。
出典:NHK

ほう・・。どうやら龍、「本命の人がいる」ということで3人での食事回を切り抜けるみたいですね。義行は、それで満足だったんでしょうか・・・。しかし夏もそれを真に受けて・・・。

龍のつく上手なうそが、また人を傷つけてしまいそうですね・・・。

さて、さらに面白くなってきたドラマ『ふれなばおちん』ですが、次回も楽しみですね。



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. a0002_008530
  2. a0002_001592
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。