バチェラーシーズン2の男性決定!医者の家系でサイバーエージェント?

この記事は3分で読めます

00_PP40_PP_TP_V

こんにちはうさぎ♪です。

 

2017年にいよいよ日本に上陸した、世界で人気のリアリティーショー「バチェラージャパン」

シーズン1もかなり話題となりましたが、2018年春、シーズン2の放送が決定しました!

 

そしてなんと、25人の女性を「選ぶ」立場となる、シーズン2の主役の男性「バチェラー」が決定しました!一体どんな人なんでしょうか?現時点でわかる範囲でまとめてみたいと思います。

 

『バチェラージャパンシーズン2』続編の配信は2018年春が濃厚?

『バチェラージャパン』海外本場アメリカ版が桁違いでした!

スポンサードリンク

バチェラーシーズン2主役男性はどんな人?

oyaizu

ではさっそく見てみましょう!

 

小柳津林太郎(おやいずりんたろう)

 

1981年、京都府にて生まれる。

 

6歳から14歳までアメリカ、ニューヨークで過ごし帰国。

 

PL学園高校を経て、一浪してから慶應義塾大学経済学部に入学。

 

卒業後、2006年にIT企業『サイバーエージェント』に入社。

 

2008年、子会社『サイバーX』を立ち上げ、代表取締役に就任。

2012年、米国子会社立ち上げ。

2015年、本社にて、エンターテイメント事業の本部長を務める。

 

シーズン2のバチェラーが発表されると同時に公開された動画によると、小柳津さん、趣味はバスケ、フットサルなど。アメリカでの生活が長かったためか英語もペラペラ。

 

いろいろと調べていると、この「IT企業」はあの大手IT企業、「サイバーエージェント」だということがわかりました。

 

しかも入社して3年目に子会社の社長に就任するなど、ものすごいやり手です。

 

バチェラージャパンの公式が公開している動画です。今回はどんなイケメンなのか、動画でチェックしましょう!

スポンサードリンク

演劇か、サラリーマンか?でぎりぎりまで迷った?

rp_TRTM1910_TP_V-300x200.jpg

 

実は小柳津さん、大学在学中に英語演劇のサークルで演劇の魅力に目覚めてしまい、就職活動を開始した当初、、演劇を目指すか、サラリーマンになるのかを本気で悩んだことがあるらしいです。

 

ただ、一浪したということもあり、親にこれ以上心配をかけられないと就職を決めるのですが、それでも「表現する」ということを諦められず、テレビ局のアナウンサー試験も受けたそうです。

 

そんな時、たまたま面白そうだったサイバーエージェントのセミナーに参加した際、自分と相性が合うと判断して面接を受けたそうです。

 

面接を受けるときも、「社会人経験がないと、社会人の役がやれないからな・・」という動機で面接を受けたらしいです。俳優になるかどうか、本当にギリギリまで迷っていたんですね。

 

サイバーエージェントの最終面接の際にも「表現者として成功したい」といっていたらしいので、小柳津さん、この「バチェラー」をきっかけに、芸能界での活動も視野に入れていたりして?

 

 

 

やっぱり家柄も一流?小柳津さんは医者の家系?

00_PP38_PP_TP_V
幼少期をアメリカで過ごしたということで、やっぱりお金持ちなんだろうなと思っていたら、やっぱりそうでした。

 

小柳津さんの祖父も、お父さんも全員医者の家系で、長男だった小柳津さん、実は継げる病院もあったらしいです(笑)

 

しかし、中途半端な人生は送らない!という信念のもと自分のやりたいことを追求していったということです。

出典:http://jonetu-ceo.com/2011/04/4344/

 

 

 

順調なだけじゃない?じつは一回挫折してるみたい。


C777_kotatudeMBAtookashi_TP_V

 

小柳津さん、入社3年目の2008年に子会社の代表取締役社長に就任しています。2012年まではうまくいっていたようですが、さらなる飛躍をかけたグローバル市場への挑戦がもとで、経営人生が終わりを告げることに。

 

アメリカでスポーツのカードゲームを他社よりも早くつくろうと、2012年から半年間ニューヨークに単身で飛び込んだんです。現地で必死にライセンスの交渉をし、メジャーリーグの野球ゲームを出すところまでこぎつけたのですが、これが全然うまくいかなかった。
出典:https://liginc.co.jp/184424

 

ただ、責任を取って辞めるのは逃げたことになると思い、会社に踏みとどまることを決意した小柳津さん。

 

やはり絶対に裏切れない仁義みたいなものが心のどこかにありました。負けたまま逃げるって、一番ダサいじゃないですか。
それならサイバーエージェントの成長のために自分ができることをやり続けよう。会社全体に対して、自分が一番貢献できることをやるのが借りを返す近道だと思いました。
出典:https://liginc.co.jp/184424

 

動画では順風満帆な人生を送っているように見えた小柳津さんですが、いろいろな経験を積んだ、結構「アツイ男」なことがわかりますね。

 

こういった挫折が、現在の魅力的な小柳津さんを作り出しているんでしょうね。

 

 

まとめ

rp_GORIPAKU2069_TP_V-300x244.jpg

現時点ではこのくらいで。

 

第1弾バチェラーの久保さんとはまた雰囲気の違った第2弾バチェラーの小柳津さんですが、今度はどんなドラマを見せてくれるのでしょうか。

 

第1弾バチェラーの久保さんがかなり紳士的だったので、今度はもうちょっと「人間らしい」バチェラーも見てみたいなと期待しております(笑)

 

女性参加者の募集は8月10日まで!会社を辞めて家族を説得できる美しい女性の皆さん!まだ間に合うから応募して!!
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. a0001_016493
  2. yuka9v9a8498_tp_v
  3. tubasa
  4. yk0i9a6188_tp_v
  5. a0002_010658
  6. 601
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。