2018春ドラマ

コンフィデンスマンJPの脚本は、フジテレビ月9を「外から」救う?

こんにちはうさぎ♪です。

2018年に放送されるドラマ『コンフィデンスマンJP』ですが、どうやらすごいことになっているみたいです。

今まで『コンフィデンスマンJP』の『JP』という文字。

単純に、ちょっとかっこいいからつけていただけだと思っていたのですが(笑)実は大きな意味があったんです!

 

日中韓同時制作とは一体・・・。いろいろ調べてみました。

コンフィデンスマンJPの「信用詐欺師」とは?有名な小説が語源だった?

髭男ディズム『コーヒーと』PVの女優さんが高畑充希に似すぎ!

 


スポンサードリンク


 

 

ドラマ『コンフィデンスマンJP』が日中韓で同時に作られる?

 

pp816IMGL0998_TP_V

 

こんなニュースがあります。

 

3月19日(月)~22日(木)の期間で開催されているアジア最大の映像コンテンツ見本市である「香港フィルマート」で、4月放送の月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』が、日本のみならず韓国・中国を含めた3ヵ国で、同時にテレビドラマ化が進んでいることを発表しました。
出典:http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2018/180319-s016.html

 

このニュースが語るところによると、このドラマ『コンフィデンスマンJP』の脚本家である古沢良太氏が脚本を担当した作品は、国際的な需要が高いのだそうです。

 

フジテレビは今まで20作品のドラマリメイクを中国で実現させており、今回はなんとドラマが作られる前から、中国そして韓国も一緒に、3カ国同時に「古沢良太脚本、コンフィデンスマンJP』を元に、ドラマが作られるらしいのです。
すごいことですよね。

 

ハリウッドの人気脚本家が手がける作品だと、ドラマが作られる前から脚本の段階で異なる言語圏、文化圏で制作がスタートすることはあるらしいのですが、日本のテレビドラマでは初めて!それくらい、日本のテレビドラマ、そして古沢良太さんの脚本に需要があるということなんですね。

 

 

フジテレビが今まで中国でのリメイクをさせた作品は?

rp_a3-1024x666.jpg

 

フジテレビは今まで、海外での「リメイクドラマ」に力を入れてきましたが、中国や韓国でヒットした日本発のドラマをまとめてみると以下の通り。
・『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』韓国リメイク版

・『最後から二番目の恋』韓国リメイク版 

・『デート~恋とはどんなものかしら』中国リメイク版 

・『プロポーズ大作戦』中国リメイク版

・『問題のあるレストラン』中国リメイク版

 

なんと、『昼顔』から『プロポーズ大作戦』までリメイクされていたんですね・・・。
どうして中国で日本のドラマを作っているのかというと、中国のドラマは、歴史者や家族ものが大半で、独自のドラマやバラエティー番組を作るノウハウがまだ成熟していないらしいのです。

 

そこで、中国側が日本のヒットしたドラマのリメイク権を買いたがるわけですね。

 

そして、現在中国では、違法サイトを通して日本のドラマが多数見られているということもあり、その人達のターゲットにして、リメイク作品を作っているという背景もあるそうです。
中国や韓国で、日本のドラマが根強い人気があるんですね。

 

ただ、フジテレビはここでは終わらない、この先の「大きななチャンス」もにらみつつ、海外展開をしているらしいのです。


スポンサードリンク


 

 

中国の映画市場をターゲットに?

KENTA7d44asd_TP_V
フジテレビさん、日本のドラマを積極的に海外に広めようとしていますが、その先には、中国の映画市場をターゲットにしているそうです。

 

それがよく表れているのが映画市場だ。「中国の映画界は非常に活気があり、近い将来は米国を抜いて世界一の映画市場になるとも言われるほど」(早川氏)。フジテレビはそうした中国での映画ビジネスを見据えている。「中国ではテレビドラマの映画化はもちろん、バラエティー番組もテレビ版を拡大したような内容で映画化されるケースがある。人口が日本の10倍以上あるので、映画化してヒットすれば大きな利益が見込める」(藤沼氏)。共同制作したドラマやバラエティー番組がヒットして劇場版に結びつけば、大きなビジネスに発展する可能性がある。
出典:http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1065406/121700044/?P=4

人口が、単純に日本の10倍ある国で、日本のドラマのリメイク作品が中国で放送されたら、それは大きな利益が見込めますよね。

 

コンフィデンスマンJPは、月9を「外から」救う?

konfidensuman

出典:https://www.fujitv.co.jp/confidenceman_jp/index.html

今度のドラマ『コンフィデンスマンJP』は、今までかなり低迷していた月9ブランドを、日本国内でなく、海外に展開していく試金石となりそうです。

国内では、さんざん「爆死」だのと騒がれていますが、その裏でフジテレビさん、もっと大きな市場を睨んでドラマを作っていたのかもしれませんね。
もしかして、最近のフジテレビのドラマの視聴率が伸びないのって、中国や韓国も意識してるから、日本の視聴屋から離れられてるのかも・・・。

もしかしたら、気づいたらフジテレビが一人勝ち!なんてこともあるかもしれませんね。

 

 

まとめ

matome

今回はドラマ『コンフィデンスマンJP』の海外展開についてまとめました。

 

今まで韓国のドラマが日本でリメイクされてドラマになっていましたが、その逆もあったんですね。

 

そして、日本のドラマが中国や韓国でも人気があり、需ふじてび要があるということも初めて知りました。

 

日本も、これから内需だけでは賄えなくなってくるでしょうから、早いうちから(もう遅いのか?)海外をも含めた基準でドラマやTV番組を作るのは、ある意味当たり前の流れ何でしょうね。
中国のほうが儲かるから、もしかしたら日本向けのテレビ番組に力を入れなくなっちゃうかもしれませんね。

 

というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサードリンク