2018春ドラマ

おっさんずラブ海外展開て何?アジアやアメリカ海外の反応まとめ!

うさぎ♪

こんにちはうさぎ♪です。

大人気のうちに終了したドラマ『おっさんずラブ』が、受賞した模様です。

文字通り「おっさん」たちを中心にしたピュアな感情描写などが話題になり、「ドラマアウォード2018」の連続ドラマ部門で同局の番組で初となるグランプリを獲得した。

また、田中圭が主演男優賞を、吉田鋼太郎が助演男優賞を獲得し、こちらもテレビ朝日の番組出演者としては初の受賞となった。
出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-00000082-dal-ent

「ドラマアウォード2018」の連続ドラマ部門で「グランプリ」を獲得したということです!

視聴率はそれほど多くなかった『おっさんずラブ』なのに、これかだ後を引くなんて、かなりの人が「タイムシフト」で見ていたんでしょうね♪

さて、問題はこの「受賞」でなく、同じ記事に書かれていること・・・。

今後の展開について、続編やスピンオフ作品については、亀山慶二専務が「検討はしているんですけど、まだご報告できるような状況ではありません」と語るにとどめたが、海外への販売などを含めた展開については担当者が「現在、東南アジアをはじめとして、ものすごく話題にはなっておりまして、そういった意味でこれからビジネスにつながっていくと思われております」と可能性を示唆した。
出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-00000082-dal-ent

海外展開?一体どういうこと?

というわけで今回はドラマ『おっさんずラブ』の海外展開って何なのか、一体どういうことになるのかを予想してみたいと思います。


スポンサードリンク

ドラマ『おっさんずラブ』そもそも海外でも放送はされている!

今回のニュースでは「海外展開」とありましたが、そもそもドラマ

『おっさんずラブ』は海外でも放送されいている

らしく、そこそこの「話題」になっているんですよね。

『おっさんずラブ』は現在、台湾・韓国・香港でも2日から1週間遅れて配信中。第6話が放送された5月26日には、ツイッターの世界トレンドで1位を獲得した本作だが、この3つの地域も例に漏れていない。各プラットフォームで今クールにおける日本ドラマの視聴数ナンバーワンに輝き、猛烈な人気を博している。
出典:http://post.tv-asahi.co.jp/post-48930/

そもそも、すでにアジアを中心に放送はされれていて、英語圏のファンからもツイートがされていました。そもそも世界的に「ヒット」している作品なんですね・・。

日本では視聴率は振るいませんでしたが、そもそも「世界的に勝負できる」コンテンツだったということか!すごく意外だ!

 

ドラマ『おっさんずラブ』海外向けの田中圭さんの動画がありました!

そもそも海外でも放送されていただけでなく、田中圭さんがそれぞれの言語でおっさんずラブのPRをする動画も上がっていました。

韓国語バージョン

北京語バージョン

広東語バージョン

ファンにしてみたら「萌え死ぬ」くらいの優良コンテンツでしょうね。非常にかわいい田中圭さんです。これ、林遣都さんや吉田鋼太郎さんにもやってほしいですね。

このように、すでに「海外展開」はされているんですね。おっさんずラブは海外でも十分に「ヒット」しているとみていいでしょう。

しかし、これ以上に「海外展開」となると、もうそれは「リメイク」になるしかなくなるのではと予想しています!

おっさんずラブ田中圭がかわいい?男同士の演技に「何やってんだ?」


スポンサードリンク


ドラマ『コンフィデンスマンJP』では海外でも同時に制作された?

最近では、海外のドラマの日本リメイクを放送することが多くなりましたよね。山崎賢人さん主演の「グッドドクター」もそうですし、織田裕二さん主演の「SUITS」もそうですし、「シグナル」なんていうドラマも、そこそこのいい評価をされていました。

また、その逆、日本のドラマが海外でリメイクされることも珍しくないそうで、フジテレビのドラマ『コンフィデンスマンJP』では、内容は同じで、韓国リメイクと中国リメイクが同時に制作されたらしいです。

それくらい現在「日本の」コンテンツが海外でリメイクされるというのは珍しくなくなっているということ。

となると、ドラマ『おっさんずラブ』は、海外で、海外のキャストで「リメイク」が沢山されるということになりそうです。

そうなると、世界中に、それぞれの国の「はるたん」や「牧」が登場するというわけで、それはそれでなんか、すごいパラレルワールドが展開していきそうです。

海外版の「吉田鋼太郎さん」が、早く見てみたい気がするよ・・・。

あの演技を、海外ではどのように表現していくんでしょうか・・・。

おっさんずラブ吉田鋼太郎の演技がかわいい?ヒロイン役って何よ?


スポンサードリンク


おっさんずラブの海外からの反応!

さて、これからおそらくたくさんの国で「リメイク」されていくことになるであろうおっさんずラブですが、海外の反応はそれぞれどのようなものだったのでしょうか?

海外でも特に韓国・台湾・香港での人気がすごいらしく、動画配信さいーびすでは、日本のドラマで歴代1位の視聴数を記録しているそうです・・・。

それって、本当なのか?だとしたら、もっと騒がれてもいいと思うのですが。そんなにすごかったなんて・・・。

 

「おっさんずラブ」台湾の人の反応。

台湾では動画サイト大手・愛奇芸(アイチーイー)が配信していた「おっさんずラブ」

台湾の人の反応や感想をまとめてくださっているサイトをまとめてみますと・・・。

部長がヒロイン! とスタート直後に宣伝されましたが、この物語の中で真のヒロインは主人公である春田になるでしょう。

でも彼は、日本の少女漫画の主人公によくある(もちろん若干偏見もありますが)鈍感すぎて人の気持ちをうまく理解できず、何事も決められないという設定で、これは台湾人からみると少しイライラしてしまうキャラなのです。

また田中圭さんが演じる春田の特徴である顔芸とリアクション芸は、日本人にとってはコメディとして加味しているはずが、台湾人にとってはオーバーリアクションだと感じてしまうこともあったりします。

出典:https://www.chil-chil.net/compNewsDetail/k/blnews/no/18229/

コメディがオーバーリアクションだと感じたりするんですね・・・。この辺りは、国によってまったくとらえ方が違いますもんね。

また最終話の展開については・・・。

一年間も世話になった部長の急なプロポーズに対してノーを言えずにいたことは、台湾人からみるとあり得ないことです。
出典:https://www.chil-chil.net/compNewsDetail/k/blnews/no/18229/

結婚に関しても、やはり各国でとらえ方が違いそうですね。

 

おっさんずラブ。香港での反応!

今度は香港での反応を見てみようと思います。ここではおっさんずラブの香港の人たちの反応をまとめてくれているラム吉さんという方のツイートを参考にしています。

広東語をわかる人にしかわからないニュアンスもまとめてくださっているので、とても面白いツイートが並んでいますね♪

すごく勉強になります。ラム吉さんありがとうございます。

おっさんずラブ:視聴率・評価・感想!吉田鋼太郎が乙女炸裂?


スポンサードリンク


受賞を受けての、海外からの「称賛」の声!

今回のグランプリ受賞を受けての、海外の反応を見ることで、ドラマ「おっさんずラブ」の海外での人気を感じてみようと思います。

最後のはどこの言葉かもわかりませんが、こうして見てみると、本当に海外でも絶賛されているドラマなんだなあと感じます。

 

まとめ

今回はドラマ『おっさんずラブ』の海外展開ってどういうことなの?ということと、海外での反応を簡単にまとめてみました。

そうなってくると気になるのは「続編」の可能性ですが、筆者としては続編の可能性は「薄い」と感じています。

おっさんずラブ続編は作られない可能性大?スピンオフならアリかも!

海外リメイクも、いろいろ見てみたい気がします。それぞれの国の「おっさんずラブ」事情が見られる日が道どおしいですね。

というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

おっさんずラブがBL作品として高評価?連続ドラマ版ではどうなる?


スポンサードリンク