昼ドラ『嵐の涙』第3話のあらすじ・ネタバレ・感想!いよいよ物語が動きます!!

この記事は6分で読めます

arasitaitol

昼ドラ『嵐の涙』第3話のあらすじ・ネタバレ・感想!

こんにちはうさぎです。

syokutyu_0012_レイヤー-15

またまたやってまいりました「30代男(既婚)の”昼ドラ体験記”」も第3弾でございます。

前回までは淡白なストーリーが続き、とくに大きな事件は起きなかった1話と2話ですが、第3話を迎える今回、いよいよ大きくストーリーが動きます。昼ドラ初体験のうさぎとしては、もうすんごいすんごい。笑っちゃうくらいのストーリー展開で息つく暇もありません。いよいよ”最後の昼ドラ”の本領発揮です!!

前回の第2話のあらすじ、ネタバレ、感想は以下にまとめました。

昼ドラ『嵐の涙』第2話のあらすじ・ネタバレと感想。

全体的なあらすじ、人物相関図などはこちかを参照ください。

サトエリ主演『嵐の涙』出演者・ストーリーまとめ!相関図など。

 

 

『嵐の涙』第3話のあらすじ、ネタバレ、感想です~。

a0002_006917

では行きましょう!!すんごい展開ですからね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前回、学校の日曜クラスでバーベキュー場に向かった雄介と里子と春子

しかし、バーベキュー先で、順子の子供が泣いてるのを発見!!
聞くと「お母さんが!お母さんが!」ってお母さんがどうした!おい息子!!

 

と、ここで急に場面が変わります・・。

枝川大造と娘さきとの結婚相手である藤塚さんと初の対面。

大造さん、笑顔で藤塚さんに握手を求めるも、さりげなく握手を拒否されます。藤塚さん、ちょっと様子がおかしいですね。

ちょっと外を歩きませんか?と言われ、ついていく大造・・・。う~ん、初対面なのに感じ悪いぞ・・。

 

バーベキュー先に戻ります。

泣いている順子の息子に何があったかを問いただす里子。
息子いわく

「お母さんがぶたれて起きなくなっちゃった」っておい!大変だ!そしてどうしてお前はここにいる?どうしてバーベキューをするような自然豊かな場所にお前はいるんだ?家から結構離れてるはずだろう?ってそんなことはどうでもいいのです。順子が危ない!

春子(里子の子供です)を旦那さんに預けて、順子のもとに急ぐ里子であった。

 

また場面変わって、大造と藤塚さんが会話しています。

と、ここで藤塚さん、ものすごく変なことを言い出すじゃありませんか!

あまりにもめちゃくちゃなので、わかりやすく箇条書きにまとめたいと思います!!

・資産家の息子で資産を継いだけど、慈善事業に失敗して借金まみれだよ♪

・娘のまきさんと結婚するのは、借金を何とかしたいからだよ♪

・自分の作った借金を清算してくれたら、まきさんと結婚してやってもいいよ♪

・借金は10億あるよ♪

・借金を清算してくれたら、娘のまきさんを幸せにするよ♪

と、自分が親だったらスリッパで頭をひっぱたいてからドロップキックでもお見舞いしてやりたいくらいですが、さすが枝川流17代家元、余裕が違います。

「借金を清算したら、娘のまきを幸せにしてくれるのか・・」と前向きに検討しています。

すげえ、すげえよ大造。ってか、幸せにするって、無理だろうこんな奴じゃあ・・。

そして、いよいよ来ました!!さすが昼ドラ!と思わせてくれる展開が!!

長年藤塚さんと文通をしていた娘まきを落ち込ませたくない一心で、前向きに考えようとしている大造ですが、藤塚さん、さらに強気に攻めてきます。

・8年前大造さんが起こした事故の娘への贖罪を、私との結婚でチャラにしようとしてませんか?

・目が見えなくて子供の生めない女性を、私に押し付けようとしてませんか?

・とりあえず1億円を用立ててくれたら、お話を前に進めますけど、いかがですか?

・身内がいない私は、もう何も怖いものはないのですよわっはっは!

当然、大造ははらわたが煮えくり返らんほど、怒りまくっています。そりゃそうだ・・・。

しゃべっている間に藤塚さん、だんだんと自暴自棄になってしまい、終いには「大造さん、私を殺してください!!」と大造の手を持って自分の首を絞めさせます。

ああ、もう心がダメなのね、この人・・。

そして、次の展開がすごいです!

大造が藤塚さんの手を振り払おうと力をこめた瞬間、藤塚さんが後ろに勢い良く倒れます。

そしてなんと!後ろに倒れた先に大きな岩があり、藤塚さん、頭を強打して死んでしまいます!!

おお~~~~!きたきたきた~~~!すげえ。

昼ドラってすげえ!ドラマティックにするためには手段を選ばない!!

ここで大造さん、藤塚さんの死を確認し、当然うろたえます。さて、このあと大造さん、どうするんだろう・・・。

 

 

場面が変わって、里子、順子の家に到着!!

ここでもやはり急展開です。第3話は、とってもハードでございます。

順子の家に到着した里子。倒れた順子は駆けつけたときには目を覚ましました。

とりあえずは良かった・・。しかし、そこにはあの「暴力をふるう夫」がいました。

里子に借用書を返せと怒鳴る男。怯える里子。それをとめようと順子が言ったセリフに男は逆上します。

「男なんだから、しっかりしてよ!!」

男としては結構きつい言葉ではあります、あんまり言ってほしくない言葉ではありますが、やっぱり、キレてしまいます。

男は順子の首を絞める!!すると、里子があらかじめ呼んでいた警察が駆けつけ、男を連れて行ってしまいます。

とりあえず、暴力夫はいなくなりました・・・。

しかし里子はほっとしたのもつかの間、順子にこんなことを言われてしまいます。

「目の前で父親を連行されたら、息子がショックを受けるでしょ!!」

ああ、確かにそうだけど、目の前でお母さんが暴力振るわれてるのを見るのも結構ショックだよ。

そして順子は、こんな生活でも幸せだと思って生きていかないとやっていけないこと、里子は、幸せな旦那さん、幸せな仕事をして浮かれてる。あなたと私は住む世界が違うと言って、

「あなたは幸せな生活に浮かれている!!」と言われ、最後には「出て行って!」と順子に追い出されてしまいます・・。

 

良かれと思って警察を呼んだけど、順子はそれを望んでいなかった。偽りだけど、幸せな生活を壊してしまった。

里子は謝りながら、順子の家を後にするのでした・・・。

でもなあ、里子、間違ってないよなあ・・。

 

場面は変わって、現場の大造さんはどうしてるかな?

大造さん、藤塚さんを埋めています。

年の割りにすごい体力ですが、結構大きな穴を掘り、藤塚さんを埋めています。

警察に言っても、どうせ信じてもらえないので、埋めよう。そう言ってましたが、ちょっと軽率な行動と言わざるを得ません。

しかし、こんな非常時にもかかわらず、娘への想いは強く、自分が悪くてもいい!娘のまきは、絶対に幸せにしたい!だから、今捕まるわけにはいかんのじゃあ!!と藤塚さんに土をかけながら叫びました。

あまり大声を出さないほうがいいなあと、思いました。

 

一方、順子の家を追い出された里子。

バーベキュー先に戻るべく走っていると、救急車のサイレンの音が・・。何かあったのかな?

レスキュー隊員と思しき人に声をかけると、どうやら上流で季節はずれのゲリラ豪雨があり、

ダムが決壊しました!!

と告げられます。

おお!ダムまで壊すのか!!スケールがでかいぞ!!

心配になった里子、現場に近寄ろうとするも隊員に一括されその場で待たなくてはならず、こう思います。

「これが、順子が言っていた、幸せに浮かれている私への罰なの?」

いやいやいやいや、幸せに浮かれてたっていいじゃない。罰だとしたら、重すぎるよう。

絶望的な表情で、次から次へと流れ行く濁流を見つめる里子なのでした・・。

 

一方現場の大造さん、無事、藤塚さんを埋め(きれいに埋めてました)、

「あの男が勝手に倒れただけだ」と自分に言い聞かせながら

「あの男の本籍を消さなくちゃ!!」と言ってました。

大造さん、本気です。

 

 

ここでまた場面転換。

大造さん側の物語と里子側の物語が、だんだんと近づいてきますね。

レスキュー隊とともに、バーベキューの引率の先生が帰ってきた!!しかしその先生、

「里子さんの旦那さんと赤ちゃんが流されていくのを、この目で確認しました!!」

って、言うか?そんなこと言うか?わざわざ。ひどいなあ。

泣きながら、だんなさんと娘の名前を呼ぶ里子。もう、踏んだりけったりだ今日は・・。なんて思う余裕もないはずです。

捜索は続くも、雄介さんと春子は見つからない。

現場近くの海岸にいた警察官にも「遺体も見つかるかわからない」と言われ、いよいよ絶望的になってきました・・・。

 

 

ここでまた場面が変わり、藤塚さんを埋め終わった大造。

海岸で途方にくれていると、登場しました!赤ちゃんを抱いた雄介さん!生きてました!!

しかし、ここでまたすごい設定ですが、雄介さん記憶喪失になってます。ここがどこで、自分が誰なのかがわからない状況になっています。

それを聞いた大造さん、ひらめいてしまいました!!すごいアイディア!すべてが丸く収まる、超絶大胆なアイディアを!!

 

途方にくれながら家に帰った里子さん、息子と孫を同時に失ってしまったショック状態の雄介のお母さんに責められてしまいます。
「どうしてあなたが無事で、息子と孫がかえってこないの?」

さあ、だんだんと本性が現れてきました・・。そして、里子さん、本当にどうしようもない状況になってまいりました・・・。

と、ここで第3話終了・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お疲れ様でした・・。

 

 

『嵐の涙』第3話の感想!

a0055_000251

いや~~、すごい展開に正直びっくりです。まさか藤塚さんがあんなにあっさり死んでしまうとは!しかも、大造さん、あんなにあっさり埋めてしまうとは!!藤塚さんが死んでしまってから→埋めて→海岸で途方にくれる、までの流れが非常にスムーズで、初犯とは思えなかったです。

そしてそこに、流されて、しかも記憶喪失になった雄介さんと春子が現れる。大造さんにしてみたら、「鴨がネギしょってやってきた」と呼ぶよりもすごい「鴨がネギと鴨南蛮用の調味料とうどんと料理人を連れてきた」くらい好都合な人物が現れるんですから、人生何が起こるかわかりませんね。

里子のほうは、幼馴染の順子の信頼を失ってしまうし、雄介さんのお母さんには責められてしまうし、もちろん旦那も子供も帰ってこないし・・・。里子の本当の戦いは、これから始まるのだ・・・。

あ~、しんどい。しんどいぞ。見続けられるか、不安です。

 

まとめ

a0055_000853

いよいよ昼ドラらしくなってきました。自分の予想を軽く超える展開に、すごく楽しみ!というか、これから里子の身に何が起こってしまうのか、とっても怖いです。

最初、演技というか、演出というか、不自然さを感じていましたが、全然気にならなくなってきました。サトエリさんの演技、良いと思うんだけど、どうかな?うさぎは、とてもいいと思います!!

さて、次回はどんなことが起こってしまうのか、怖がりながら待ちましょう!!

昼ドラ『嵐の涙』第4話のあらすじ・ネタバレ・感想!ガクンと急降下しま~す!!

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. docterx33
  2. simifumi
  3. kaminosita
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。