映画『シビルウォー』感想。アントマンとスパイダーマン大活躍!!

この記事は3分で読めます


映画『シビルウォー』感想。アントマンとスパイダーマン大活躍!!

こんにちはうさぎです。

いよいよ公開されました、マーベルヒーローズ映画最新作『シビルウォー・キャプテンアメリカ』

吹き替え版の評価がちょっと良くないなんてこともありましたが・・。

映画『シビルウォー』吹き替えの感想。今回はひどい?それともいい?見に行くならどっちだ?

マーベルヒーロー関連の映画は”そこそこ”見ているうさぎですので、今回も楽しみにしていました、そしていよいよ見に行ってきました!!

感想やレビューは沢山の方が書かれいていると思いますので、ここでは、うさぎイチオシの「アントマン」を中心に、楽しかった点を書いていこうと思います。

あと、スパイダーマンもすごくよかったので、そのあたりも・・。

ちなみに、ネタバレを含みますので、これから見るという方はご注意ください。ただ、物語の真相には触れません、アントマンが”いかにかっこいいか”くらいしか書いてません。

 

『シビルウォー・キャプテンアメリカ』アントマンを中心にした感想。

一応、ほとんどのマーベル映画を見てきたうさぎでしたが、唯一「アントマン」を見ていませんでした。

なんか、小さいし、なんとなく”つまらなさそう”という失礼な印象を持っていました。

しかし、今回の『シビルウォー・キャプテンアメリカ』にアントマンが出てくる!というので、とりあえず予習として「アントマン」を見てみたら、すげえ面白かった!そして、マーベルキャラの中で一番好きなキャラになってしまいました。

基本”コメディ”な映画だったので、そのあたりは好みが分かれるところかも知れませんが、好きな人は好きになると思います。

では、『シビルウォー・キャプテンアメリカ』でのアントマンの活躍を見ていきましょう!!

 

『シビルウォー』アントマンの活躍その1「常にふざけていて最高!!」

寝ぼけて登場!アントマン=スコット・ラング

テーマからしてかなり”シリアス”にならざるを得ないこの映画に”爽やかな笑い”を届けてくれたアントマン。

予告の動画にもありますが、アントマン=スコット・ラングの初登場のシーンにスコット、寝ぼけて登場。しかもキャップとの対面に感動。

基本ふざけているスコットですが、それはアクションシーンでも全くブレません。常に軽口を叩きながら戦闘しているあたり、もう最高です。こういうヒーローを待っていた!!と思うのは少数派かも知れませんが・・。

 

『シビルウォー』アントマンの活躍その2「バラエティに富んだ戦い方」

アントマンは、ボタン一つでアリくらいの大きさになることができるヒーローですので、小さくなったり、人間のサイズになったりをくりかえしながら戦います。

アイアンマンに飛び移り、中に入って配線を外しまくって無力化してしまうところとか最高でした。

相変わらず、冗談ばかり言ってます。

そしてなんと今回、小さくなるだけだと思ったら、アントマン、巨大化します。動きはゆっくりですが、その破壊力はすばらしく、強敵ぞろいのヒーロー達もかなり苦戦しておりました。

そして、その”倒され方”もすばらしい。

この 作品で初登場のスパイダーマンの糸によって足を縛られ、転ばされるという、なんだか真剣に戦ってるのか、それともヒーロー同士が遊んでるだけなのかわからないような、そんな戦闘シーンでした。

また、その小ささを生かしていろんなものに乗っかったり、よけたり、自由自在です。

と、こんなところです。一度見ただけなので正直覚えていることが少ないのですが、アントマンの出てくるシーンはテンション上がりっぱなしでした。

シビルウォーをこれから見に行くという方は、ぜひ「アントマン」を予習しておくことをお勧めします!倍楽しめると思いますよ!!

新スパイダーマンもナイスな存在感!

今回、今までのシリーズとは異なる俳優さん「トム・ホランド」で新たな”スパイダーマン”として登場していますが、アイアンマン=トニー・スタークがスパイダーマンを自分の見方に引き入れる際の会話シーンが良かったです。

今回のスパイダーマン、すげえ”ガキ”っぽくて、それがまた良かった。自分の能力をどう使っていいかわからない、そしてトニーに認められるために必死に戦う姿にとっても好感が持てました。

「トム・ホランド」版でのスパイダーマン単品の作品も見てみたいなあと思わせてくれました。

調べてみたら2017年に新スパイダーマンが公開されるみたいですね。すごく楽しみ・・。

 

まとめ

今回は『シビルウォー』のアントマンとスパイダーマンに焦点をあてて感想を書いてみましたが、他のヒーロー達の活躍も本当にすばらしかったです。

個人的にはスカーレット・ウィッチも良かったし、ブラックパンサーもかっこよかったし、だんだんと小型化するアイアンマンスーツのガジェットも良かったし、ブラック・ウィドウも相変わらず良かったし、まあ、とにかくマーベルヒーローズが好きなら見ておいて損はない映画だということです。

ストーリー的には、ちょっと中ぶらりんな雰囲気は否めませんが、これからの物語に絡んでくるので、これでいいのだ!といった感じです。

これから沢山の映画が公開されます。楽しみな事が尽きないということはなんという幸せなことだろうか・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. kansou
  2. a0002_000248
  3. kawamura20160818235914_TP_V
  4. a0960_005606
  5. isoujitu
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。