実写映画『ジャングルブック』吹き替え版の声優、キャストは誰?

この記事は4分で読めます


 

実写映画『ジャングルブック』吹き替え版の声優、キャストは誰?

こんにちはうさぎです。

現在、劇場で予告編が公開されている実写映画『ジャングルブック』

予告を見ているだけでちょっとウルっと来てしまったくらい面白そうな作品です。動物のCGが信じられないほどのクオリティだし、すげえ喋るし、いやあ、早く観てみたい!

日本公開が今年の8月11日に決定しました。夏休みの楽しみが一つ増えましたね♪

というわけで今回は、映画『ジャングルブック』についてと、日本語吹き替え版のキャスト、声優さんについて調べてみようと思います!

日本でもかなり力を入れて宣伝されると思うので、吹き替え声優さんも豪華になるんじゃないかと予想していますが、果たして?

ジャングルブック実写版は3Dがおすすめ?感想からみどころを解説!

映画ジャングルブックは子供も大丈夫?字幕と吹き替えどっちがいい?

映画『ジャングルブック』について。

jyannguru

出典:ディズニー

『ジャングルブック』原作はノーベル文学賞受賞作家・ラドヤード・キップリングの小説。

1967年にディズニーがアニメーション映画化、その後実写映画も一度つくられているので、今回は2度目の実写映画ということになります。

 

ジャングルブックのあらすじ。

rp_a0002_001517-300x208-300x208.jpg

森に残された少年。

ある日黒豹のバギーラに発見されますが、バギーラは育てられないので、オオカミに預けます。オオカミの元で成長した少年は「モーグリ」と名づけられ、ジャングルで楽しく動物達と共存していました。

ところがある日、獰猛なトラ「シア・カーン」がジャングルに帰ってきました。「シア・カーン」は人間嫌い。このままではモーグリが危ないと、パギーラはモーグリを人間の元に返そうと決意します。

ただ、ジャングルにいたいモーグリ、パギーラに反発して逃げ出してしまい、そこからいろんな動物達との交流や、迫る「シア・カーン」の危機など、ハラハラする展開が待ち受けています。

予告でもわかりますが、動物達の映像がすごいです。単に「リアル」というだけじゃなくて、毛並みとか、なでたら気持ちよさそうだし、喋る動物達の表情の作り方も全然不自然じゃないし、すでに「リアル」を飛び越えて、「自然」な感じのCGです。

技術の進歩というものは、恐ろしいものですね。でもそのおかげで、ジャングルブックの実写版が見られることになるんだから、テクノロジーの進歩万歳!といった感じですね。

 

映画『ジャングルブック』吹き替え版の声優さんは誰?

INA85_recyoukonndensam_TP_V

出典:pakutaso

現在、オリジナル版の俳優・声優さんはほとんど決定しています。

・主人公の少年「モーグリ」役・・・ニール・セシ
・黒ヒョウの「バギーラ」役・・・ベン・キングズレー
・育ての親オオカミ役・・・ルピタ・ニョンゴ
・ニシキヘビのカー役・・・スカーレット・ヨハンソン
・クマのバルー役・・・ビル・マーレイ
・ベンガルトラ、シア・カーン役・・・イドリス・エルバ
・キング・ルイ役・・・クリストファー・ウォーケン

やはり注目作だけあって、声優さんも超豪華ですね。

 

 

映画『ジャングルブック』日本語吹き替え版のキャスト、出演者は?

現在、まだ発表されていない情報が多いので、わかる範囲で書いていきたいと思います。

 

・主人公の少年「モーグリ」役・・・未発表

非常に大事な役、子供の役ですが、誰が吹き替えをすることになるんだろう・・。子役さんかな?

 

・黒ヒョウの「バギーラ」役・・・松本幸四郎

wst1412130006-p1

出典:産経WEST

歌舞伎・映画などで活躍されている「松本幸四郎」さんが、モーグリを厳しく、かつ優しく見守る黒ヒョウの「バギーラ」の吹き替えを担当します。

娘の松たか子さんに「ディズニーの吹き替えは大変!」といわれたらしく、松本さん自身も役者としていい経験が出来た、「大変難しかったが、心に残る素晴らしいいい仕事をさせてもらった」と語っています。、、

松本さん、作品中の「ナレーション」も担当しているらしいですが、厳しくも優しい、温かみのある声が、「バギーラ」にぴったりな雰囲気ですね。

どういった理由からかは明らかにされていませんが、中学校のとき「黒ヒョウ」と呼ばれていたらしいです・・・。どんな生活を送っていれば”黒ヒョウ”なんてカッコイイあだ名で呼んでもらえるんだろか・・・。

 

 

・育ての親オオカミ「ラクシャ」役・・・宮沢りえ

miyazawaeie

出典:MARBLE

実写映画の日本語吹き替え初挑戦の宮沢りえさん。

数多くのドラマや映画にも出演し、演技力に置いては定評のある宮沢りえさん。ナレーションも数多くこなしているので、かなり期待できるのではないでしょうか?

ちなみに、予告編の声、ナレーションを担当しているのも宮沢りえさんです。

「私も娘がおりますし、博愛的な愛情を日常の中で注いでいる毎日なので、そういう意味では愛の深さを理解できました」と役に対して共感していた宮沢りえさん。

予告編でも聞きましたが、結構ハマっていたように感じます。

 

・ニシキヘビのカー役・・・未発表

 

・クマのバルー役・・・西田敏行

yjimage

出典:Yahoo!

主人公モーグリの親友、自由かつ陽気なクマのバルーを演じるのが、西田敏行さん。

言わずと知れた日本の名俳優の一人ですが、実は西田敏行さん、洋画での吹き替えは今回が初挑戦!!これは意外ですね。2005年の海外アニメ『ロボッツ』では声もやっていましたが、実写版の映画の吹き替えはこれが始めて!(この映画が実写版といえるのかどうかは別としてですが・・。

歌を歌うクマなんて、かなりぴったりな役ですね。

 

「掟厳しいジャングルの中でも割と自由に、ときどきはみ出しながらもゆるーく守り生きている世渡り上手で憎めないクマです。バルーを演じるということは、西田敏行を演じればいいんだ、という楽な気持ちでやりました!」

出典:ディズニー

映画ジャングルブック吹き替えで西田敏行がベアネセシティを歌うの?

 

・ベンガルトラ、シア・カーン役・・・伊勢谷友介

iseya

出典:朝日新聞

人間にたいして深~い憎しみを持っているベンガルトラのシア・カーン。今回の”悪役”ですが、演じるのが伊勢谷友介さん。

伊勢谷友介さんも海外の実写版の吹き替えは初挑戦ということで、コチラも意外でしたね・・・。日本語吹き替えの予告も見てみましたが、悪役っぽいいい雰囲気でした。

「一度決めたら、手が付けられなさそう・・・」という伊勢谷さんのイメージとぴったりな役ですね(勝手なイメージですが・・)

 

・キング・ルイ役・・・未発表

 

現在発表されているのは以上の俳優さんです。新たな情報が公表され次第、更新していきますね。

 

まとめ

吹き替え版キャストはこれから順次公表されることになりますが、注目作なら注目作なほど、「宣伝目的の芸能人キャスティング」などといわれてしまいがちなのも事実。

映画『ジャングルブック』は親子で見られる映画だから、字幕よりも吹き替えのほうが上映が多くなりそうなので、ぜひ、演技のできる俳優さんや、声優さんをキャスティングして欲しいなあと、切に願います。

と、切に願っていたら、結構今回の吹き替えのキャスティング、みんな演技に定評のある方々ばかりですね。しかも西田さんも伊勢谷さんも吹き替えは初挑戦。どんな風になるか、楽しみですね。

しかし、どうして今回の「ジャングルブック」には、吹き替え初挑戦の演技派の俳優さんたちが中心に採用されているんでしょうか・・。

同じく、今年の夏公開のディズニー映画『ファインディングドリー』でも日本の芸能人の方々が吹き替えを演じることになっていますが、このジャングルブックだけ何か全然雰囲気が違う・・。なんだか、ディズニーの本気を感じます・・・。

映画「ファインディングドリー」吹き替え版声優一覧。上川さん高評価!。

 

そのほかのキャストについてはまだ未発表なので、発表され次第更新していきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。あなたにいいことが、アホみたいにやってきますように♪

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. a0002_000248
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。