映画

映画『来る』小松菜奈の演技がうまいと絶賛!ピンク髪もかわいい!

うさぎ♪

こんにちはうさぎ♪です。

2018年12月7日に劇場公開された映画『来る』

中島哲也監督で岡田准一さん主演。その他豪華なゲスト、そしてプロデューサーが「君の名は。』の川村元気だということで、「スマッシュヒット」する予感がプンプンな映画です。

映画は賛否いろいろあるみたいな、好みの分かれる映画という評価ですが、そんな映画のなかで、特に演技を評価されていた女優さんがいたので、今回はそこに 注目してみたいと思います。

映画『来る』の評価感想!クライマックがシンゴジラで面白い!


スポンサードリンク

映画『来る』はどんな映画?

さて、まずは映画『来る』情報から。

この映画『来る』は、もともと原作である「『ぼぎわんが、来る』(ぼぎわんがくる) 、澤村伊智による日本のホラー小説が元になっている作品。

ただ、原作はありますが、結構「改変」がされているみたいなので、純粋に映画を楽しみたい場合は、原作を読むのは映画の「後」にしたほうが良さそうです。

中島哲也監督「らしい」エンターテインメント作品になっているみたいなので、そのあたりは注意です。

あらすじを引用すると

田原秀樹は婚約者の加奈と結婚、やがて一人娘の知紗に恵まれます。

完璧な夫、イクメンを目指す秀樹は、自分のことを事細かにブログにアップしたりしていますが、実際には、妻であり母でもある加奈の思いとはどこかズレていて、やがて家庭は崩壊していきます。

それでも秀樹は、ある不安を抱えていて家族を守りたいという思いを持ち続けていました。

それは幼馴染だった少女から言われた“それ”という、恐ろしい存在が自分を連れ去り来るという話でした。

そして、やがて“それ”は秀樹も連れ去りにやってくると言うのでした。

少女の名前も覚えていない秀樹でしたが、“それ”の存在に夢でうなされるたりすることもありました。

そんなある日、家に帰ってきた秀樹は、荒れた部屋と、親から安産祈願や家内安全にと送られてきたお守りがすべて切り刻まれてるのを発見します。

怯える加奈と、泣き続ける知紗の姿を見て、いよいよ“それ”が襲い掛かってきたと感じた秀樹は、友人の民俗学者の津田に相談を持ち掛けます。

津田は心霊やオカルトを中心にライター業をしている野崎を経由して、霊能力のあるキャバ嬢の真琴を紹介されます。

出典:https://cinemarche.net/horror/kuru-movie/

ある夫婦に、「なにか」がやってきて、それから実を守るために、霊能力者に協力を求めるところから、物語は転がり始めます。

最終的にホラー作品というよりは、いろんな「かっこいい奴ら」が集まって、一つの「なにか」を退治するという、エンタメ作品に仕上がっているみたいですね。

ここで小松菜奈さんは「夫婦から霊退治をたのまれる霊能力者、キャバ嬢霊媒師、比嘉真琴という役柄で出演されています。

松たか子さん演じる「日本最強の霊媒師」比嘉琴子の妹でもあります。


スポンサードリンク


映画『来る』にて、小松菜奈の演技が絶賛されている!

この映画のなかで「キャバ嬢霊能力者」を演じている小松菜奈さんですが、演技や魅力などかなり「絶賛」されています。

「怖いのは、霊より人間だし、話は長いし、主人公誰なのか分からんくなってくるし、ストーリー酷いし。でも、岡田雄一のかっこよさと、小松菜奈の演技力は素晴らしかった。 」

「出色だったのは小松菜奈オレンジ髪の毛にタトゥーだらけの女性を演じて、見事な存在感」

「バケモノの子(アニメじゃない)を演じた小松菜奈」

「。中島哲也監督は小松菜奈の良さ引き出すのが最高に上手いけど今回は小松菜奈も女神やったけど何より松たか子が爆イケの神すぎた。 」

「ピンクに髪を染めた小松菜奈は良かったです。彼女は絶叫しても台詞が聞き取りやすいのが良い。」

「松さんの電話の吹き替え分けにゾッとするほど驚嘆したけど、ピンク髪の小松菜奈ちゃんの演技良かったなぁ」

「どこか優しさを感じさせるアウトロー役で新境地を開いた小松菜奈」

もともと小松菜奈さん自身を知っている人は多かったみたいですが、これほどまでに「影技がうまかった!」とは知らなかったという声が目立ちました。

ダークな役柄ですが、ときおり見せる優しい表情なども非常に印象部かかったみたいです。


スポンサードリンク


小松菜奈はもともと演技力が高かった!

今回の映画『来る』で演技を絶賛されている小松菜奈さんですが、今までも演技に関しては高い評価を得ていました。

簡単に小松菜奈さんのプロフィールを並べてみると・・・。

本名 小松 菜奈(こまつ なな)
生年月日 1996年2月16日(22歳)
出身地  山梨県
身長 168 cm
血液型 O型
職業 女優・ファッションモデル

2008年に『ニコ☆プチ』でデビュー。以降、モデルとして様々な雑誌で活躍。

2014年に公開された、中島哲也監督の映画『渇き。』のオーディションで中島監督に発掘され、主人公の娘、藤島加奈子役で本格的な演技に初挑戦し、女優デビューを果たす。『近キョリ恋愛』では枢木ゆに役で、『バクマン。』では亜豆美保役ヒロインを務めた。

出典:ウィキペディア

モデルさんとしてキャリアをスタートさせた小松菜奈さんですが、中島哲也監督の映画『渇き。』のオーディションで発掘され、そこから演技も含めて注目されるようになっていきます。

そもそも中島哲也監督の映画『渇き。』がきっかけで演技の世界に入っていた小松菜奈さんですが、その「小松菜奈」を見出した中島監督の映画だからそこ、ここまで魅力的に描かれたのかもしれませんね」

「小松菜奈は「乾き。」が一押しです。演技やばい!後は「バクマン」ただただ可愛い、天使!他にも全体的に好きな作品ばかりだなぁ」

「小松菜奈は「渇き。」の時とは比べ物にならないほどの複雑なタイプの演技を求められていて感慨深い。」

「女優は小松菜奈ですねー!泣き演技、せつない演技が好きです!独特な雰囲気もたまりませんね」

もともと「渇き。」の時点で演技はかなり高く評価されていた女優さんですが、今回のちょっと変わった役柄でさらに演技派女優としての幅が広がりそうですね。


スポンサードリンク


映画『来る』で絶賛の小松菜奈さん、今度出演の映画やドラマは?

さて、映画『来る』でも絶賛の小松菜奈さんですが、今後どのような映画やドラマに出演されるのでしょうか?出演情報をまとめてみました。

サムライマラソン(2019年2月22日公開予定) – 雪姫 役[40]
さよならくちびる(2019年初夏公開予定) – 主演・レオ 役[注 4][41]

最近は、テレビドラマよりも映画を中心に演技の仕事をしているみたいですが、来年も活躍が期待されそうですね。

特にサムライマラソンはキャストも豪華なので、再び注目されそうです。

まとめ

今回は映画『来る』にて、演技が絶賛されている小松菜奈さんにスポットを当ててみました。

もともとテレビでみて知ってはいましたし、モデルさんだということもCMなどを見て知っていましたが、ここまで演技を評価されていることは知りませんでした。

よく考えてみたら『ディストラクション・ベイビーズ』『沈黙 -サイレンス-』などのハードな映画にも出演されて、いい評価を得ていることを思い出しました。

今後も映画中心に活動を続けることになりそうな小松菜奈さんですが、これからの演技がますます楽しみになってきますね。

というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画『来る』CMが怖いと炎上?もはやハラスメントで放送中止になる?


スポンサードリンク