映画

ドラゴンボール超ブロリーはパラレルワールド?過去映画とどっちが正史?

うさぎ♪

こんにちはうさぎ♪です。

2018年12月14日劇場公開された映画『ドラゴンボール超ブロリー』

ドラゴンボール超のアニメ版の物語をベースに、作者である鳥山明先生が脚本をつとめた今回の映画ですが、

世界的にも人気のあるキャラクター『ブロリー』が登場します。

今作は、「ドラゴンボール映画史上最高傑作では?」という評価も多いのですが、

今回鳥山明さん自身が脚本を務めている映画の「世界観」に戸惑っている人が多数いました。

どうやら「パラレルワールド」ではないかと言われています。どういうことでしょうか?

ドラゴンボール超ブロリー評価感想!アクション絶賛もパラレルで不評?


スポンサードリンク

映画ドラゴンボール超ブロリーはパラレルワールド?

この映画、基本的には「過去最高!」「最高傑作!」とかなり評価が高いです。

ドラゴンボール映画のいいところが「ぎっしり」詰まっている、ファンにはたまらない作品に仕上がっているみたいです。

ただ、そんな「高い評価」の中にも、

ちょっとだけ納得していない人がいるみたいなので、取り上げてみます。

「オレも好きなキャラの一つのブロリーにフィーチャーしたのは良かったが、別のサイヤ人か敵キャラにした方が良かったのでは…と思ってしまった。面白かったが、パラレルワールドみたいになってしまった。まぁ最近の子ども向けに新たな物語があってもそれはそれで良いが」

「超はパラレルなのでZファンからすると皆記憶ないから見てて複雑…」

「やっぱりこれはパラレルワールドなのかな?個人的にはあの悲しそうな表情と狂気に満ちたフルパワーの昔のブロリーの方が好きかも…」

ブロリーというキャラクターは、そもそも過去のドラゴンボール作品に3作品も登場している人気キャラクターで、

そこでもブロリーというキャラの生い立ちやエピソードが多数描かれていました。

過去の劇場版から、「ブロリー」というキャラクターの思い入れが強かった人にしみてたら、

今回の「今までと設定の違ったブロリー」に違和感を感じたみたいでした。

さて、みなさんがおっしゃっているように、今回の映画の「ブロリー」はパラレルワールドなんでしょうか・・。

過去の劇場版が正しい「ブロリー」なのか、はたまたどっちもつながりのない、パラレルワールドなのか、今回の「ブロリー」が正しいドラゴンボールの歴史なのか、そのあたりはどうなっているんでしょうか?


スポンサードリンク


ドラゴンボール超ブロリー:過去作が「パラレルワールド」だった?

さて、今回の映画『ドラゴンボール超ブロリー』のパラレルワールド問題ですが、みなさんも結構いろいろとつぶやいている様子でした。

「ストーリー的にはパラレルワールドのキャラだったブロリーが正史入りして良かったねみたいな内容。」

「ドラゴンボール超でパラレル作品のブロリー 出すってことは今後人気の高いやつもデザインリニューアルして登場するんかな。クウラとか?」

「ドラゴンボール超 ブロリー。過去作を無かったことにしてるわけではなくて、今までの劇場版はパラレルワールドな世界観で繋がりも何もそんなに繋がって無いことに気づかない無知なやつのコメントがありすぎて残念で仕方がない。はやく気づけ!」

「過去のドラゴンボールの映画って基本的にパラレル設定なので、かつてのブロリーはパラレル。今回のブロリーは力の大会の後の地続きの話みたいなので正史に組み込まれたブロリーってことで「はじめまして」って感じなのかな。見にいこうかな。」

「まあドラゴンボールZの劇場版はパラレル設定だから、やっとブロリーが正式に登場って感じやね、嬉しみ。」

そもそも、ドラゴンボールの「劇場版」は最初から「パラレルワールド」という設定になっていたらしく、

今までの劇場版、ブロリーが登場したものも含めて、すべて「パラレルワールドで起きていること」と言うことらしいんです。

・ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦
・ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない
・ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ

この3作品に出演しているブロリーというキャラクタは、

ドラゴンボールの正しい歴史の中では「存在しないキャラクター」というわけだったんですね。

ちなみに今回の映画『ドラゴンボール超ブロリー』は、ドラゴンボール超のアニメ版の最新話の続きから物語が始まっているため、ドラゴンボール超と「地続きの」存在

つまり、今までさんざん悟空たちと戦ってきた「ブロリー」は、初めて正式にドラゴンボールの世界に「認知された」ということなんですね・・・。

ドラゴンボール超ブロリー予習復習は何を見れば?映画アニメ一覧

映画ドラゴンボール超ブロリーの時系列と過去作とのつながりや関係は?


スポンサードリンク


そもそもブロリー3部作は鳥山先生が書いてない!

これは公式サイトに掲載されている鳥山明先生のコメントですが、

みなさん、ブロリーって知っていますか?

昔のアニメ映画にだけ登場した、とんでもなく強いサイヤ人でデザインだけは僕が描いたらしいのですが、当時、アニメにはほとんどノータッチでしたので内容はすっかり忘れていました。

そのブロリーですが、いまだに日本だけでなく海外でも大人気だそうで、そんなことから「今度の映画はブロリーにしませんか?」と担当さんから提案されました。

当時の映画を観させてもらって、アレンジ次第では、かなりおもしろくなりそうだと感じ、さっそく『ドラゴンボール超』のシリーズに組み込んで話を作ってみました。

ブロリーファンをガッカリさせないように昔のイメージを意識しつつ、新しい一面も加えてリニューアルし、より魅力的なブロリーになったと思っています。
出典:http://www.dbmovie-20th.com/

今回の映画のオファーが来るまで、ブロリーの出ている映画を「見たこともなかった」のは驚きでしたが(笑)

デザインは鳥山明先生の物で間違いないのですが、そういった事情があって「パラレルワールド」だったんですね。

しかし、今回のここで正式に「メンバー」として迎えられたので、これからの活躍がすごく楽しみになってきますね。

ちなみに、ブロリーの過去作3作品と、「ドラゴンボール超」の映画2作品、「ドラゴンボール超」のアニメ作品の全話すべて、『U-NEXT』という動画配信サービスで見ることができます。

一か月無料トライアルをしているみたいなので、おすすめです。

 

まとめ

今回はドラゴンボール超ブロリーはパラレルワールドなのか、過去映画とどっちが正史なのかについてまとめてみました。

過去の劇場版に登場した「ブロリー」は、あくまでパラレルワールドだという結論に至りましたが、

そもそも「ブロリー」というキャラが人気で、今回の「劇場版」になったので、過去のファンとしてはちょっと複雑ではありますよね。

でも、新しく仕切り直しになったとはいえ、これから正式にドラゴンボールメンバーとして迎えられたブロリーなので、今後に期待ですね。

ちなみに、劇場版で出てきた「チライ」との関係も気になりますよね。可愛いと絶賛されていましたが、チライもこれから活躍しそうな雰囲気です。

ドラゴンボール超ブロリーのチライがかわいいと絶賛!声優は誰?

というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


スポンサードリンク