闇金ウシジマくんシーズン3第9話(最終回)ネタバレ!神堂終わり!

この記事は6分で読めます


こんばんはうさぎ♪です。

ドラマもいよいよ最終話!そして映画『闇金ウシジマくんパート3』も公開されましたね♪

一足先に先行上映舞台挨拶に行ってきた感想、映画の感想をまとめました!面白かったですよ。

【ネタバレなし】映画ウシジマくんパート3の感想!演技が最高!

 

前回8話のネタバレはコチラ。

ドラマウシジマくん3第8話。神堂の通電洗脳と美奈の逆襲開始!

1話~最終話までのネタバレはコチラ!

『ウシジマくんシーズン3』1話から最終話。あらすじネタバレ感想

 
スポンサードリンク

 

ドラマ『闇金ウシジマくんシーズン3』最終話のネタバレ、あらすじ。

 

上原家の家長、重則が電気ショックを加えられているところで物語は始まります。

重則、親戚の物件を売ってまゆみの犯罪を表ざたにしないためのお金を作るように言われていますが、うまく言ってないみたい。

みゆきも、せっせとデリヘルでお金を稼ぐ毎日。今日もみゆきのことを気に入っているヤクザの柏木の相手をしています。

上原家、父親も完全に神堂のいいなりになり、歯向かう者は誰もいない状態です。

ウシジマくん、駄菓子屋で戌亥の情報提供を受けます。神堂と行動を共にしている勅使川原という占い師。なんと勅使川原の家族は、ドラム缶の中から見つかったらしい・・。

勅使川原、やっぱり神堂に洗脳され、家族を手にかけていたんですね。

 

上原家一同の集まるアパート。今日もみんなで仲良く電流地獄です。

カズヤはみゆきが風俗で働いていることに怒りみゆきを殴り、みゆきは、小さい頃から優等生で大事にされていたまゆみのことをののしり始めます。

まゆみはまゆみで、こんな事態になったのは父親の重則のせいだと言い、小さい頃に父親にイタズラをされたと嘘をつきます。

それを聞いた母親は父親に対して怒り、もう上原家の関係はメチャクチャです。

神堂、頃合いを見計らって間に入り、上原家のリーダーをカズヤに任せるという提案を。

カズヤ、みゆきに裏切られていたことから喜んで上原家のリーダーになることを受け入れました。

 

リーダーになったカズヤ、まずは情けない父親重則をターゲットに通電の拷問を開始・・。

しかし、やりすぎたせいで、重則の呼吸が止まってしまいます・・。

慌てる一同。

何とか蘇生を試みるも、全く効果がありません・・・。

とこんな大変な時に、来客が・・。みゆきの常連客である、ヤクザの柏木がやってきました。どうやらみゆき目当てにやってきたみたいです。

ここでみゆき、いろいろとやけくそになったのか、柏木をハンマーで殴りつけます、そして上原家の母親がナイフで柏木の喉をひと突き、あっさり殺してしまいました。

殺してしまったものは仕方がない、神堂、一同に死体を処分することを命じます。

と、ここでまた来客。

出ました、ウシジマくんです。

警察を呼ぶぞ!と脅す神堂をあっさりぶん殴り、部屋に入ります。

そして「おい上原まゆみ、借金の返済日だ・・」

こんな状況でも取立てにくるウシジマくん、さすが仕事の鬼ですね。

そして、ヤクザの柏木の死体を見つけます。

上原家の母親、まゆみが借金をしていたことに怒り、まゆみをハンマーで殴ろうとしますが、とっさにまゆみ、狙われていた頭ではなく、おなかを守りました。
ウシジマくん、そんなまゆみを守ります。

そして、次々に襲い掛かる上原家。神堂を守ろうとしています。

そして神堂、まゆみに、ウシジマをナイフで刺すように指示します。

「私にしたがえば間違いない!やれ!」

「おいまゆみ!お前俺が貸した金で子供おろさなかっただろ?お前自分の頭を守らないで、腹を守ってる。誰か守りたいなら強くなれ!意思のないやつは悪いやつに利用されるだけだ。自分を救えねえやつは他人のことなんて絶対に守れねえ。」

迷うまゆみ。

神堂は畳み掛けます。「自分の父親は簡単に見殺しにしただろ。お前はやっちゃいけないことばかりやってきた悪い人間だ!!」

まゆみは自尊心を失いかけます。

「人にやっちゃいけないことなんかねえよ!罪を背負卯覚悟があれば、それができねえやつらは虫けら同然だ。お前に言ってんだぞ神堂!!」
迷うまゆみに対してウシジマくん、一言

「お前は何がしてえんだ、上原まゆみ!」

「刺しません・・・嫌です!!」

逆上した神堂、部屋に入ってきた高田に襲い掛かりますが、あっさりやられます。

ウシジマたちは、神堂にみゆき、まゆみに貸した金を肩代わりさせます。

神堂が騙している女から金を巻き上げさせて、借金を回収しました。

そして、部屋に戻った神堂、警察に捕まりました。

ようやく、悪夢は終わりました。

 

生活保護を受けていた小瀬ちん。

おばあちゃん達にお金を返済し、パソコン教室もだんだん軌道にのって、もうすぐで自力で食えるくらいになりそうです。

ケースワーカーの人と手を取り合って喜んでいました。

 

家出少女美奈。

母親の借金を返済し、晴れて自由の身になった美奈。スーパーで真面目に働いています。

スーパーの裏にゴミだしに行くと、そこには廃棄の弁当を探しに来た母親、恵美子が。

美奈、廃棄の弁当に水をかけて処分します。それを見ていた母親は、何も言わずにその場を立ち去ります。

立ち去る母親の後ろから追いかける美奈。「温かいの食べて」

母恵美子、「美奈、また一緒に・・」

「それじゃ」

言い終わらないうちに、美奈はその場を立ち去りました。

その場に座り込む母恵美子だったのでした・・。

 

「神堂は同じ手口で余罪もありそうだから死刑だろうね。あと神堂に洗脳されて自分の家族を殺した勅使川原や、操られて手先になった松田明日香っていう女もね」

居酒屋でウシジマくんと戌亥が飲んでいます。

「上原家の連中も、まゆみ以外は複数の殺人にもろ関与してるから、無期懲役くらいは求刑されるだろうね。」

「まゆみは?」ウシジマくんが聞きます。

「まあ、6年から8年ってところじゃない?上手くいけば途中で、仮釈放って感じだね」

 

4年後

刑務所から出てくる上原まゆみ。

このドラマの一番最初にシーンですね。

外に出ると、ウシジマくんが待ってます。所内での軽作業で得たお金をよこせって言ってます(笑)さすが、仕事熱心です。

歩きながらまゆみ「うしじまさん、罪を背負えば、人にやっちゃいけないことなんてないって言いましたよね?」

「覚えてねえな」

「私はやっぱり、人にはやっちゃいけないことがあると思います。私は、自分の意思をはっきり伝えたかったんです。あの時、あなたに教わったことです。」

それを聞いて、ウシジマくん、その場を何も言わずに立ち去っていきました。

まゆみ、保育園の前を通りかかります。

外で元気に遊ぶ園児をながら、一人泣くまゆみ。

そんなまゆみにポケットティッシュを差し出して、ウシジマくんはまたどこかへと歩いていきました・・。

 

ドラマ『闇金ウシジマくんシーズン3』最終回の感想。

いやー、やっと神堂の悪夢が終わった・・・。

結局電流責めでお父さん死んでしまいましたが・・・。

けど、まゆみが子供を守ろうとする行動や、「誰かを守りたいなら、強くなれ!自分も守れないような奴は人を守ることなんてできない」というウシジマくんの言葉にグッと来てしまいました。

結局、まゆみの子供がどうなったかは明確に説明されてなかったけど、どうなったんでしょうか?原作ではどうだったっけ?

それにしても、役者全員下着姿で、みんな体当たりで演じていらっしゃいましたね。光宗さんも、予想以上に下着姿が多くて、ファンは嬉しいやら何やらで、複雑な気持ちだったのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク


ドラマ『闇金ウシジマくんシーズン3』の全部まとめての感想。

というわけで、ウシジマくんシーズン3は無事(?)終わりました。あ~終わった終わった・・・。

基本、原作を知っていたので、物語の流れは知っているものの、やっぱりエグい描写のところは見ていてしんどかった(笑)

特に、マンガでも嫌だったけど、美奈の母親恵美子が、最終的に借金の返済額が足りないということでホームレスに一人500円で奉仕する場面があったのですが、(8話ですね)、マンガでも嫌でしたが、ドラマで、しかも少しコミカルに描いてくれているとは言え、見ていていやな気分になりました。

あのシーン、マンガではウシジマくんたちが恵美子にやらせているのですが、ドラマ版だとウシジマくん、ちょっとマイルドに、かっこよく描かれていますね・・。

 

あと、電流を流すシーンは、毎回「うわあ・・・」と声が漏れてしまいました(笑)

この「通電」は、実際に北九州監禁殺人事件で実際に行われたもので、あんなふうに電流流されたら、そりゃ精神を病んでしまうわな・・・。

コチラ「北九州監禁殺人事件」について簡単にまとめてみた記事でございます。興味があればぜひ。

ドラマウシジマくんシーズン3洗脳くんの元ネタ、題材はこれ!

 

けれど、最終話でまゆみが、神堂にたいして「刺しません!」と自分を取り戻したところは感動的でした。やはり、戦う人間はかっこいい!!まゆみには、これからも強く生きて言って欲しいと説に願います・・。

 

それでも、このシーズン3のそれぞれのキャラクターは、散々ひどい目にあったけれども、最終的には自分を取り戻していくという『再生』が描かれていたので、見ていてすがすがしかったです。

 

家出少女の美奈は母親の呪縛から逃れることが出来た。憎むだけじゃなくて、温かいお弁当を差し出すところで、美奈は完全に母親から自立できていたんだと思います。母親もきっとそれを感じて、一緒に暮らせないことへの悲しさと、それでも、きちんと人生を歩み始めてくれている嬉しさと、半々な気持ち何じゃないかと、同じダメ親としてとても共感してしまいました(笑)まあ、恵美子ほどダメじゃないけどね・・・。

 

小瀬ちんは、根が真面目でおばあちゃん子だったおかげで、おばあちゃんにパソコンを教えるパソコン教室をきっかけに再生することが出来ましたね。おなじく生活保護を受けているめしあとトーキーと自分を比べて、「自分はこういうふうにはなりたくない!」と強く思った結果、生活保護から脱却することが出来そうです。

人間、ドラマがないと、自分を定義できない生き物なんでしょうね。ずっと一人だったら、やる気にならないよな・・・。

 

正直まゆみは再生できるんだろうか心配になってしまいますが、人に洗脳されていたとはいえ犯罪に手を染めてしまったら、簡単に許されるものではないという、ウシジマくんならではのドライな結末が、かえってすばらしいとおもいました。結局直接ではないにしろ、父親を見殺しにしてますからね・・。

 

ウシジマくんシリーズを見ていていつも思いますが、結局「自分は何がしたいんだ?」ということが凄く大事だと痛感させられますね。お金だとか、見栄だとか、そう言うものをこえて、「じゃあ結局何がしたいんだよ」と問いかけてくるウシジマくん。自分がしっかりとした意思を持たなければ、悪い奴に利用されるだけ。だから、自分の意志をもって、いやなことにはノーとはっきり言えるような人間になって行きたいなと、思いました。

 

実写版は、映画のパート3とファイナルで完結だとアナウンスされていますが、興行成績がよければそんなものわかりませんからね(笑)儲かるんならやる、それがウシジマイズムですからね(笑)

 

まとめ

ドラマ『闇金ウシジマくんシーズン3』1話から最終話まで書いてきましたが、読んでくださった皆さん、ありがとうございました。

これから映画『闇金ウシジマくんパート3』と『闇金ウシジマくんファイナル』が公開されますが、そちらもあわせてお楽しみいただけると幸いでございます。

 
スポンサードリンク


 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. arasitaitol
  2. a0001_016232
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。