ドラマ『義母と娘のブルース』あらすじ・キャスト・原作紹介!

この記事は4分で読めます

a4

こんにちはうさぎ♪です。

2018年7月から放送の夏ドラマ、少しずつ情報が出始めていますが、今回は現在では入手困難な「幻の4コマ漫画」と名高い『義母と娘のブルース』が原作のドラマのあらすじやキャストをまとめてみたいと思います。

 

4コマ漫画がドラマ化?とちょっと意外な感じですが、どんなお話なんでしょうか?

 

いよいよドラマが始まりました!1話からかなり「衝撃的な!」展開を見せているこのドラマですが、この先どうなるか楽しみです。

第1話の見どころは、やっぱり「腹芸」でしょうかね・・・。

『義母と娘のブルース』1話ネタバレあらすじ・視聴率!腹芸がすごい!

 

 

 


スポンサードリンク


 

 

 

ドラマ『義母と娘のブルース』あらすじは?

 

  ではさっそくあらすじを見てみましょう!    

綾瀬はるかさん演じるバリバリのキャリアウーマンの主人公が、娘を持つ男性からプロポーズをされ結婚し、母親になろうと畑違いの家事や育児に一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間の物語。 そこにあるのは、大事件でもハプニングでもなく、当たり前の喜びや、悲しみ、そして時にほっこりとする小さな奇跡である。 出典:http://www.tbs.co.jp/gibomusu_blues/

  妻に先立たれた父が、娘を不憫に思い再婚をするのですが、その娘と再婚相手の「義母」とのいろんなエピソードを集めた4コマ漫画が原作になっています。        
スポンサードリンク


         

原作の『義母と娘のブルース』はどんな漫画?

gibomusu1   『義母と娘のブルース』 著者:桜沢鈴 発行:ぶんか社        4コマ漫画なのに「泣ける」と話題になり、じわじわと人気を高めていったコミック。   電子書籍では入手可能なのですが、コミックそのものはちょっとプレミアがついています。 ただ、「どんなあらすじなのか」と書いてしまうと、結構大きな「ネタバレ」になってしまうので、もしネタバレでも良かったら、下のページにあらすじをのせてありますのでご覧ください! ドラマの公式サイトでは伏せられているので、気を付けないといけませんね。   大ネタバレ注意!ドラマ『義母と娘のブルース』原作のあらすじ! 【ネタバレ】義母と娘のブルースFINAL(2巻)あらすじ。ドラマ化はどこまで?          

ドラマ『義母と娘のブルース』キャスト・出演者は?

    まだすべての情報が出ていないので、現在わかる範囲で。    

岩木亜希子・・・綾瀬はるか

 

 

余命宣告された夫と結婚することになるキャリアウーマンの妻、岩木亜希子を演じるのは、綾瀬はるかさん。

 

アクションから映画から、いろんな役柄をこなす珍しいタイプの女優さんに進化してきた綾瀬さん。コメディの演技も素晴らしい綾瀬さんなので、このドラマではものすごく楽しみです。

だんだんと変化していく演技に注目ですね。

 

 

宮本良一・・・竹野内豊

takenouti

出典:研音

妻に先立たれ、自分も余命宣告されてしまい、娘の一人にさせるわけにはいかないと亜希子と再婚をする父、宮本良一役には、竹野内豊さん。

竹野内さんのコメディ演技もすごく好きなので楽しみです。

 

宮本みゆき・・・横溝菜帆

宮本良一の娘。

この物語、「娘を持つ男性からプロポーズをされ結婚し、母親になろうと畑違いの家事や育児に一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間の物語。」と紹介されているので、もしかしたら娘役は成長によって変わるかも知れません。

 

8歳から18歳ということでかなり変わるので、間違いなく違うキャストになるでしょうね。

と思っていたら、やはり「高校時代」の宮本みゆき役も発表されました。

 

宮本みゆき(高校時代)・・・上白石萌歌

kamisiraisimoka

出典:http://www.toho-ent.co.jp/actress/profile.php?id=7304

名前でピンとくる人もいると思いますが、アニメ映画『君の名は。』の宮水三葉の声を担当している上白石萌音さんの妹さんです。

萌歌さんも小学生の時から芸能界に入り、数々のドラマに出演されています。最近では、映画『ハルチカ』『羊と鋼の森』など。

このドラマをきっかけにさらに注目されそうな予感ですね。

上白石萌歌がかわいい!みゆき役の演技力は?『義母と娘のブルース』

 

麦田章・・・・佐藤健

mugita

出典:http://www.tbs.co.jp/gibomusu_blues/chart/

原作にも「麦田章」というキャラクターは存在するのですが、原作では「パン屋の店長」しかも娘のみゆきが大人になってから出会うキャラなので、ほとんど「名前と役割だけ」を使った、別キャラクターだと考えたほうがいいかも!

ドラマでは、「フーテンのダメ男」と説明されていますが、このドラマ、原作とは全く違うものに変わっていきそうですね。

 

と思ったら、ドラマが進んでいくうちに「パン屋さん」になっていくみたいです。原作とはやはりちょっとだけ違いますが、主人公との絡み方は似てくるかもしれませんね。

『義母と娘のブルース』ドラマと原作マンガを比較!全然違う?

 

 

宮本愛・・・奥山佳恵

okuyamakae

出典:http://www.tbs.co.jp/gibomusu_blues/chart/

宮本良一の元妻。つまりみゆきの母親。数年前に他界しているが、時々回想シーンなどに出演するのでしょうか。

宮本愛を演じるのは、奥山佳恵さん。

連続ドラマからはしばらく離れていましたが、この作品でまた注目されることになりそうです。

 

下山和子・・・麻生祐未

souyumi

出典:http://www.tbs.co.jp/gibomusu_blues/chart/

下山不動産の噂好きのおばちゃんで、地域のファミリーサポートにも参加。みゆきの面倒をよく見てくれる、いい意味でも悪い意味でも、おせっかいなおばちゃん。

原作ではただの「近所のおばさん」という位置づけでしたが、ドラマかされるにあたって格上げされたみたいです(笑)

 

そのほかのキャストを簡単に紹介すると。

 

友井智善・・・川村陽介

麦田章の友人。職業を転々としている麦田にあきれつつ心配しているいい友人。映像関係の会社でADをしているそうです。

 

西条乙女・・・橋本真実

みゆきの通う学童保育の職員。母親を亡くしたみゆきをいつも心配してくれる存在。

 

猪本寧々・・・真凛

良一の勤める会社の部下。既婚で、良一の相談にもよく乗っている。明るい性格の女性。

 

前原大輔・・・村本大輔 (ウーマンラッシュアワー)

亜希子の勤める会社の部下。エリートサラリーマンの風情だが、持ち前の粘着質な性格で、執拗に詰め寄ってくるらしい・・。村本さんにすごくハマっている役柄ですね♪

 

田口朝正・・・浅利陽介

亜希子の勤める会社の部下。亜希子を尊敬しているが、時々空回りするおっちょこちょいなタイプ。人一番おしゃれに気を使っているらしい。

 

笠原廣之進・・・浅野和之

良一の上司。

ライバル企業の光友金属(亜希子の勤める会社)を目の敵にしている。

 

などなど、原作では全く出てきていないようなキャラクターもいるので、かなり原作とは違ったテイストになりそうな予感ですね。

 

 

まとめ

matome

今回はドラマ『義母と娘のブルース』あらすじ・キャスト・原作を紹介してみました。

 

実際に読んでみましたが、かなり面白い作品ですし、キャストも魅力的な人ばかり!確実にヒットするドラマになると思われます。

連続ドラマも、いろいろと手を変え品を変え、いろんな作品を出してきますね。これからが楽しみです!


スポンサードリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. guddodokuta-
  2. kenbun3
  3. zero
  4. N912_yorisouyukatanodanjyo_TP_V
  5. PAK85_lalakakudaikyouOL20140321_TP_V
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。