ドラマ『義母と娘のブルース』あらすじ・キャスト・原作紹介!

この記事は3分で読めます

a4

こんにちはうさぎ♪です。

2018年7月から放送の夏ドラマ、少しずつ情報が出始めていますが、今回は現在では入手困難な「幻の4コマ漫画」と名高い『義母と娘のブルース』が原作のドラマのあらすじやキャストをまとめてみたいと思います。

4コマ漫画がドラマ化?とちょっと意外な感じですが、どんなお話なんでしょうか?


スポンサードリンク


 

 

 

ドラマ『義母と娘のブルース』あらすじは?

 

ではさっそくあらすじを見てみましょう!

 

綾瀬はるかさん演じるバリバリのキャリアウーマンの主人公が、娘を持つ男性からプロポーズをされ結婚し、母親になろうと畑違いの家事や育児に一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間の物語。

そこにあるのは、大事件でもハプニングでもなく、当たり前の喜びや、悲しみ、そして時にほっこりとする小さな奇跡である。

出典:http://www.tbs.co.jp/gibomusu_blues/

 

妻に先立たれた父が、娘を不憫い思い再婚をするのですが、その娘と再婚相手の「義母」とのいろんなエピソードを集めた4コマ漫画が原作になっています。

実はこの4コマ漫画では、主人個である夫、娘の父親は、余命いくばくもない状態という設定です。自分の命がいつまで続くかわからないから、娘の後見人になってもらうべく「再婚」という選択をします。

ドラマのあらすじにはこの「父の余命」というところに触れられていないので、もしかしたらこの設定はなくなるのか、それとも最終回まで伏せられる可能性も・・・。

だとしたら「ネタバレ」になってしまうんですが、もともとそういう「父の死が前提」の4コマ漫画だったので、これは仕方ないですよね。


スポンサードリンク


 

 

 

原作の『義母と娘のブルース』はどんな漫画?

 

 

『義母と娘のブルース』

著者:桜沢鈴

発行:ぶんか社

 

2011年に出版された4コマ漫画コミック。 涙なしには見られない、義理の母娘の絆を描く、感動の泣き4コマ! 母が病死し、まだ立ち直れていない父娘。しかし、父にも病魔が襲いかかり余命幾ばくかに。父は、娘ひとりを残して逝くことはできないと新しい母を連れてくる。そんな事情を知らない娘は当然義母に反発し壮絶な義母VS娘のバトルが始まった! はたして、義母と娘は、父が亡くなるまでにわかり合うことができるのか? 笑いあり、涙あり、感動ありの4コマ巨編堂々登場! 出典:https://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/item/11895/

 

ドラマのあらすじを見てみましたが、原作の4コマ漫画のほうはどんな雰囲気なんでしょうか。

原作では、最初から「父の余命」ということを踏まえてお話が進んでいきます。

再婚相手の義母である岩木亜希子は、仕事一筋で生きてきた、ちょっと孤独なキャリアウーマン。お互いに「夫の余命」を承知で、割り切った、ちょっとドライな関係のまま生活していこうとするのですが、家族として紆余曲折しながら絆を深めあっていくうちにだんだんと関係性が変わっていく、そんなお話でした。

全体的に4コマ独特のオフビートなコメディなのですが、お話が確信に近づくにつれてだんだんとそれまでのくだらないやりとりの記憶が違う意味になっていくという、素敵なお話になっています。

読んでみましたが、くすっと笑える普通の4コマ漫画だと油断しながら読んでみると、最終的に面白いことになると思います。

 

 

ドラマ『義母と娘のブルース』キャスト・出演者は?

 

まだすべての情報が出ていないので、現在わかる範囲で。

 

 

岩木亜希子・・・綾瀬はるか

 

余命宣告された夫と結婚することになるキャリアウーマンの妻、岩木亜希子を演じるのは、綾瀬はるかさん。

 

アクションから映画から、いろんな役柄をこなす珍しいタイプの女優さんに進化してきた綾瀬さん。コメディの演技も素晴らしい綾瀬さんなので、このドラマではものすごく楽しみです。だんだんと変化していく演技に注目ですね。

 

 

宮本良一・・・竹野内豊

takenouti

出典:研音

妻に先立たれ、自分も余命宣告されてしまい、娘の一人にさせるわけにはいかないと亜希子と再婚をする父、宮本良一役には、竹野内豊さん。

竹野内さんのコメディ演技もすごく好きなので楽しみです。

 

宮本みゆき・・・不明

宮本良一の娘。

この物語、「娘を持つ男性からプロポーズをされ結婚し、母親になろうと畑違いの家事や育児に一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間の物語。」と紹介されているので、もしかしたら娘役は成長によって変わるかも知れません。

 

8歳から18歳ということでかなり変わるので、間違いなく違うキャストになるでしょうね。

 

他にも亜希子の会社の同僚、娘の同級生などの登場人物が出てくる予定です。情報が発表され次第更新したいと思います。

 

 

まとめ

matome

今回はドラマ『義母と娘のブルース』あらすじ・キャスト・原作を紹介してみました。

 

実際に読んでみましたが、かなり面白い作品ですし、キャストも魅力的な人ばかり!確実にヒットするドラマになると思われます。

連続ドラマも、いろいろと手を変え品を変え、いろんな作品を出してきますね。これからが楽しみです!


スポンサードリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. pp816IMGL1102_TP_V
  2. FB0I9A8416_TP_V
  3. SAYA0I9A8798_TP_V
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018春ドラマ視聴率ランキング!

ドラマ『アンナチュラル』のトリビア、豆知識をまとめました!

2018冬ドラマ差入れをまとめてみました♪